天国で君に逢えたら (新潮文庫)

  • 353人登録
  • 3.23評価
    • (17)
    • (27)
    • (87)
    • (16)
    • (5)
  • 57レビュー
著者 : 飯島夏樹
  • 新潮社 (2006年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101303710

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏川 草介
東野 圭吾
村上 春樹
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

天国で君に逢えたら (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 飯島さんの書いたフィクションの話。

    気持ちを軽くするために心残りを院内で解消するために奔走する話

  • ---
    ガン患者の心の叫びを代筆する“手紙屋”を病院内に開業した精神科医・純一。彼の元には嘘つきな陸サーファー、放蕩を尽くした眼科医、失職しそうな元ヤンキー板前など、ひと癖もふた癖もある面々が依頼に訪れる。そんなある日、家族のもとで最期を迎えようとハワイに還った患者の妻から手紙が届いた……。末期ガンに襲われた世界的ウィンドサーファーが綴る、奇跡のような愛の物語。

  • 93
    病院で始めた手紙屋
    そこには人生の終わりに誰かに何かを伝えたい人たちが思いを伝える大切なもの

  • 配置場所:広呉文庫本
    資料ID:93076441
    請求記号:080||I

  • 感動の完全ノンフィクションだと思っていたから、ちょっと期待が大きすぎたのかな。

  • ・手紙につづられた言葉に著者の魂を感じた
    ・がん患者の心情の吐露、手紙のシーンはどれも思わず目にこみ上げるものがあった

  • ―――ガン患者の心の叫びを代筆する“手紙屋”を病院内に開業した精神科医・純一。
    彼の元には嘘つきな陸サーファー、放蕩を尽くした眼科医、失職しそうな元ヤンキー板前など、ひと癖もふた癖もある面々が依頼に訪れる。
    そんなある日、家族のもとで最期を迎えようとハワイに帰った患者の妻から手紙が届いた…。


    まとちゃんからの借りもん

    死と向き合わざるを得ない人に、接することの難しさ
    本当にやりたいことを見つけたときの命の煌めき

    文章の拙さは目につくけど
    本物の言葉が胸を打つ小説

  • 有名な本なので、説明はいらないでしょう。
    ただ、やはりデビュー作ということで、ぎこちなさも
    ありますよね。
    後半から勢いが出てきて楽しめると思います。

  • 癌センターで働く精神科医の純一が、「手紙屋」という新しい試みをする。

    「手紙屋」は源三じいさんが考えたもの。

    病院内にヨットを設置をし、そのヨットで手紙屋の仕事は行われる。

    ヨット設置、手紙屋開業・・・源三じいさんの行動力は半端ない。

    無理に押し進めるようなワンマンでもなく、純一の上司や周りの職員への気遣いだったり、純一以外のスタッフの人事だったり・・・かっこよすぎる。とにかく器のでかい男、源三じいさん。

    私も、源三じいさんみたいな上司の元で働きたい・・・。

    いえ、それはさておき。作者の飯島夏樹さんも末期ガンだったようです。亡くなる前に(亡くなってからも)感動をくれました。

    私も幸せを見つけながら、周りの人に少しでもhappyをプレゼントしながら生きていきたいものです。

    原作はマンガだった本なのでしょうか。映画化もされたようですが、私は何も知らず古本屋さんで購入(笑)掘り出し物でした。

  • 映画化された1冊。実話だと思っていたけどフィクションだった。

  • ガンに直面してからこそ初めて知り得る、「優しさ」と「心の温かさ」。

    「生と死」という重いテーマを主題にしてるのにもかかわらず、語り口調も軽くて柔らかくて、サラっと読めます。

    ストーリーが著者の実体験が元になっているためか、小説としては、ちょっとモノ足りない気もしますが。

  • がん患者の想いを、誰かに宛てた手紙として代筆する精神科医、純一。
    純一のもとに、がんセンターのいろいろな患者さんが訪れます。
    内面を吐露していくそんな患者さんたちや、純一自身のお話。


    人生のエピローグを垣間見ている人やその周りの人たちの、
    愛や赦しやほかの気持ちを読むのですが、
    その気持ちが、すごく大きくて寛大(?)だな
    自分も、いつもそういう心持ちでいられたら、
    なんて思います。

    と、重くなりがちな内容ではありますが、
    笑っちゃうようなところもあったりして、
    読みやすくって面白い。


    この本のあとがきは、筆者の妻のひろこさんがかかれているのですが、
    そのあとがきもまたよいです★

    それから、
    同名の映画は、飯島夏樹さんの記録的内容ですが、
    この本は、新しい(?)「小説」になってます。

    でも、映画とかぶる箇所もいくつかあります。
    たとえば、ある患者さんが、最期を家族のいるハワイで迎えようとし、そしてそこで、ガン末期にもかかわらず、海に出るシーンとか。
    家族に何か残そうと考える部分とか。
    そういう点でも、映画を気に入った人は楽しめそうだなっと思いますー。

  • 一気に読み終えてしまいました。
    人間の死というものを考えてしまいました。

  • 国立がんセンターで患者の気持ち代筆をする仕事の純一、検査入院したシュージは妻リサに手紙を書く…
    こんな仕事があってもいいかなーと思いました。

  • オアフ島、ハワイなどを舞台とした作品です。

  • @yonda4
    映画化にもなった本書は末期ガンになった著者の想いが詰まっている。

    主人公はガン患者の大切な人へ手紙を代筆する手紙屋「Heaven」を営む。
    日頃は伝えられなかったことを手紙に託す。

    著者がガンと対峙して生まれた感情が第四章のリサからの手紙に記されている。

    それは人生に大切なことなんだと思う。

  • これはマンガを読んで、原作が読みたくなったので買いました。
    マンガは作者が主人公の話でしたが。
    手紙で思いを伝える手助けで、入院患者と関わるという話が、とても暖かなものでした。
    いろんな人がいることを実感しました。

  • 映画と連動し、凄くリアルに頭の中に描くことができ印象に残っています。
    感動したとか簡単な言葉じゃ表してはいけないと思う。

  • 最後は涙が止まりませんでした。

    夏樹さんのエッセイかと思っていたら、物語でした。

    「人は愛された記憶で生きていける」という言葉が印象的です。

  • 二宮和也くん、井上真央ちゃんが出るドラマだから読んでみようかなという単純な気持ちで読んだ作品。


    でも、読み始めると温かい作品で夢中になって読めました。


    ガン治療と闘ってきた人とは思えない温かみがある作品で飯島さんの心の温かさに触れられた作品だなと思います。

  • 映画を見てから読んだ本。ウィンドサーファーの飯島夏樹さんのノンフィクションの話。途中家族がバラバラになってしまうけど、家族の絆が深まって、最後は心の温まる本だった。こんな家族をいつかもつことができたらいいなと思った。

  • 死という重いテーマのわりには、なんだか少し優しい気持ちになれました。でもとても感動しました。そして爽やかでした。読んでよかったと思える作品でした。

  • 感動しました!
    ドラマをみて、読み始めたのですが、手紙の大切さを改めて感じました。

  • いい話だけどね。
    少し強引にいい話にされた感もありました。

  • 期待して読んだがまぁ普通だった。

全57件中 1 - 25件を表示

天国で君に逢えたら (新潮文庫)に関連するまとめ

天国で君に逢えたら (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天国で君に逢えたら (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天国で君に逢えたら (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天国で君に逢えたら (新潮文庫)の作品紹介

ガン患者の心の叫びを代筆する"手紙屋"を病院内に開業した精神科医・純一。彼の元には嘘つきな陸サーファー、放蕩を尽くした眼科医、失職しそうな元ヤンキー板前など、ひと癖もふた癖もある面々が依頼に訪れる。そんなある日、家族のもとで最期を迎えようとハワイに帰った患者の妻から手紙が届いた…。末期ガンに襲われた世界的ウィンドサーファーが綴る、奇跡のような愛の物語。

天国で君に逢えたら (新潮文庫)のKindle版

天国で君に逢えたら (新潮文庫)の単行本

ツイートする