なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)

  • 216人登録
  • 4.18評価
    • (24)
    • (32)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 南直哉
  • 新潮社 (2011年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101304823

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 処生術。仏教のメインターゲットは人生が苦しい人。
    私が嫌いな『世界に一つだけの花』について、なぜなのか或る程度共感できることを書いてくれています。「石ころではダメ」「オンリーワンにせよナンバーワンにせよ、比べられることの中からしか出てこない」「実際に言ってくれる人がまわりにはいないから、歌手が代わりに言ってくれている」ほんと病んだ世界だと思う。

  • 「生きにくさ」を感じる人が多くなり、自殺も高止まりしているが、そもそも人が生きること自体、喜びよりは苦しみが多いものであり、これにどう対応していくか、ということこそ生きる術となることを説いている。

    自分が何かではなく、大切な人が誰なのか、を考え、肯定し肯定される関係を作ること、また、借り物の知識に頼るのではなく、生活スタイルこそが自分を作るものであるという意識のもと、自分を俯瞰できるよう心がけることなど心に残る内容でした。

    自分探しはやめて、他人のために何ができるかを考える、というところなど、内田樹さんと近い考え方のようにも思われました。

  • 禅で有名な曹洞宗のお坊さんによる生き方指南の本。ある方のレビューを読んで興味を持ったので読んでみました。

    無差別殺人や自分探し、いじめ、依存症といった社会病理について、著者ならではの筆致で語っておられます。きっと著者は僧侶という立場からさまざまな人々の悩みを受け止めてきたのでしょう。穏やかさの中にある厳しさみたいなものを感じ取れます。

    いちおうお坊さんの本ではあるのですが、そんなに宗教っぽい感じはありません。妙に達観しているわけでもなく、ただ一人の人として深く洞察する中で浮かび上がってきたことを述べられているように思われます。

    著者は宗教を「生きるテクニック」として活用すべきだと言います。確かに著者を含め、超越的な審級を持っている人は強いです。その強さがおかしな方向にはたらいてしまう場合もあることは否定できないにしても、宗教から学ぶべきことは無数にあるとわたしは信じています。

    (20160228)

  • 綺麗事を並べられるよりも、明快な答えなど存在しないなどとぶった切られるかのような言い方のほうが腑に落ちた。
    この世の中は夢や幻想を抱けたまま生きることはできない、無条件に正しいことなど存在しない。
    人はみな自分の本当の問題は、意識・無意識に関わらず隠したがる。
    人に相談できないという事は、その困難な問題を「人に言う自分」が許せないということではないか。
    自殺をする人はとても孤独です。誰にもわかってもらえないのです。

  • 曹洞宗の僧侶の本

    五木寛之的な生まれたく生まれたわけじゃない、親子ほどこじれやすいものはないといったような話です。

    自己責任で済むような問題は些事でしかない

    自分に価値があるなどおもわないほうがいい

    あきらめることは明らかに見えること

    など無常観と仏教がまじりあった1冊です。

  • 4.5。考えざるをえないことを腰を据えて考える。

  • この本を読んで生きることに対して少し前向きに考えられるようになった。

  • 生きること苦しさを感じることに引け目を感じなくていいと言ってもらてたかんじ。生まれてしまったという事実と愛された感覚を持てていない現実。変えられないそれらはそれとして、じゃあどうやって生きながらえる?

  • なんか凄く同じこと考えてる。好きな言葉まで一緒だったとはこの本で知った。

  • 厳しく、誠実な人。

全25件中 1 - 10件を表示

南直哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)の作品紹介

人として存在するかぎり、苦しみはけっしてなくなることはない。ならば、この生きがたい人生をいかに生きるか、それが人間のテーマではないだろうか。宗教はなんらかの真理を体得するものでなく、少しでも上手に生き抜くための「テクニック」。自らの生きがたさから仏門に入った禅僧が提案する、究極の処生術とは。困難なときこそ、具体的な思考で乗り切るための"私流"仏教のススメ。

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)はこんな本です

なぜこんなに生きにくいのか (新潮文庫)の単行本

ツイートする