関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)

  • 52人登録
  • 3.96評価
    • (8)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 安部龍太郎
  • 新潮社 (1999年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (449ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101305158

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平成25年5月20日読了。

  • 下巻に入ると物語が面白くなり、★5。田辺城に籠城する細川幽斎の企み、連判状の驚くべき内容、石田三成の必死な淀殿への工作、多門の活躍が描かれる。関ヶ原の戦いにからむ時代小説だが、スパイ小説としても面白い。石田三成のために工作する西洞院時慶の無能な悪党ぶりが愉快。夢丸、春光、麝香などの脇役のキャラも立っている。古今伝授からこれだけの物語を生み出す筆者の想像力はすごい。

  • 面白かったです。
    連判状って実際にあったのでしょうかね~。
    その観点からと古今伝授を絡ませた感じが良かったです。
    最後は少し駆け足に感じましたが。

  • すごく…幽斎無双です…
    歴史小説では珍しい武闘派な石田治部と大谷刑部のやり取りが良かった。

  • 全国に波及した関ヶ原の戦いの中で数万を数える西軍釘付けにし善戦した城がいくつかありますが、その中のひとつで他の戦とやや毛色を異にする田辺城の戦いを題材に、それが実は幽斎の策謀で…という話。石堂多門というかつて織田に滅ぼされた一族の生き残りを主人公に置き、古今伝授を巡り、朝廷をも巻き込んでの話はとても地方戦のひとつで片付けるには片付かないほど壮大なものです。「風の如く水の如く」同様、加賀への使い、ガラシャたちの死、古今伝授、土壇場の大どんでん返しなどなど山場が数多く用意されていて上下巻ですが、一気に読みきれるのではないかと思います。私的一番の見所はやはり上巻の千丸のくだり。もうただただ切ないんですが、これがなければ話が成り立たんくらい大きな存在なのですよ。
    この話でもやはり石田さんは被害者だと思います。ただし、かなりカッコ良い感じというか弁護もされてる感があるのですが、関ヶ原を題材としてしまうとやはりこうなりますよね。なんか企む幽斎さんは勿論、漢らしい石田さんを見たい方にもオススメ。

  • ついに兵は動き始めた。石田三成方の軍勢に居城・田辺城を囲まれた細川幽斎は、籠城に耐えつつ朝廷からの使者を待つ。その秘策は「古今伝授」を楯に取り、朝廷から和議の勅命を印き出すこと…。さらに幽斎にはもう一つの切り札「連判状」があった。そこに名を連ねる大名とは、いったい誰なのか。果して幽斎の「天下三分の計」は可能なのか?前人未到の「関ケ原」を駈ける意欲作。

    2009.7.17読了

  • 丹後の古狐幽斎vs佐和山の狐三成。登場人物がみな魅力的。善悪・敵味方の片面だけではない、各々の事情を絡めた展開に最後までグッと引込まれました。更にさりげない終わり方が全ては過ぎ行く、という感じで涙でした。面白かった!

  • 隆氏の影武者徳川家康に匹敵する、戦国末期から江戸初期の時代を取り扱った傑作。

全8件中 1 - 8件を表示

安部龍太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする