ナガオカケンメイの考え (新潮文庫)

  • 468人登録
  • 3.83評価
    • (33)
    • (46)
    • (35)
    • (8)
    • (1)
  • 56レビュー
  • 新潮社 (2010年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101306216

ナガオカケンメイの考え (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • D&DEPARTMENTのナガオカケンメイさん。
    この本を読んでの彼に対する印象は、結構キビシイ。でも、それは人を見下す意地悪な厳しさではなく、彼なりの超しっかりした軸を持った上でのぶれない正論だ。自分が求めるものを妥協せずに一緒に探求していく仲間が必要で、そこに甘えは必要ない。自分に厳しくない人は、いらない。そこまで常に厳しく在るというのは、きっと孤独と背中合わせだろう。でもそのスタンスでやってきたからこそ今のD&DEPARTMENTがあるのだと思うと、感慨深い。

    最近、社交場に参加する度にみんなが名刺を交換していて、羨ましくなって自分も作ろうかと考えていた。でも、大した肩書きもない私は、そんな形式上のものはいらないのかもしれないと思った。自分が会った人に、自分で会話して、自分のことばで印象に残るように働きかける。それで十分なのかもしれない。

    ——————————
    名刺をもらって1週間後にそれを見て、顔が思い浮かばなかったらゴミ箱に捨てる。
    印象に残っておらず、会話の断片も思い出せなくては、なんの意味もないただの紙切れにすぎない。「出会う」からには「印象に残りたい」と願いたい。
    ——————————
    ナガオカケンメイは案の定生意気であった。しかしそれは、才能のある人にありがちな、我が道を行くという態度とはすこし違う。物事をよりよい方向に変えて行こうとする向上心のようなものを価値の基準として携えていて、それを持たない人に対しては興味を示さないか、時に傍若無人な振る舞いに出る。昨日よりも今日、今日より明日は少し前に進んでいたい、そういう気持ちはポジティブなものでも、それが表面に出過ぎると必ず周囲との相田に微妙な軋轢が生じてくる。そういう軋轢に満ちた空気の層をたずさえて、どこか居心地が悪そうに社内を動き回っていたように記憶している。(解説:原研哉)

  • たまたま、美術に関わる小さな会社の筆記試験を受けて、
    たまたま、働くということについて考えていたときに、
    たまたま、雨宿りで寄った三省堂で、
    たまたま、小説じゃない癖に平積みされていたこの本に会えた。

    最近わたしは、本を読むとき、何かが心に留まったらそのページの端を折るようにしていて、この本はページを繰る度に折っていた。

    誰からどうやって語られても情報は同じかもしれないけど、
    今のわたしが、この本に会えた意義は大きい。

    だんだん分かってきたことは、単行本を出した会社があって、で、わたしが買うのは文庫本だということ。そういうこと。

  • 結果よりも過程が大切、ということが自分的に良い気づきでした。

  • 会社に勤める上での意識について自分の考えと通じる事が多くて大変納得のいく内容だった。
    デザインする、という事についてよほど泥臭く心情が吐露されていて、なんだか著者を身近に感じるような、本当に日記帳を覗き見ているような良い文章だった。

  • 2017年1月3日、読了。

  • 本当にいいものを作りたいと思っている職人なんだなって思った。

    (以下抜粋)
    ○頼まれないとデザインをしない。
     そんなデザイナーはいりませんよね。(P.12)
    ○人って、人から何も頼まれていないのにものを創作しだした時、
     初めてクリエイターになるんだって、そう思います。(P.13)
    ○その憧れって、ほとんどがミーハーなものだったりします。
     でも、それでもいい。わかっていればね。(P.13)
    ○余談ですが、どんな田舎に行っても「POLA」の看板はあります。
     農作業でホコリまみれになったおばさんも、
     「きれいでありたい」という欲求は、どんな田舎に行ってもあるのです。(P.338)

  • ・自分のペースで仕事をしたい人は、自分で会社を興した方がいい。
     会社には会社のペースがあるのだ。

    ・だれでものんびり働きたい。
     ゆっくり働いた分は、その分残業でもしたらいいか という考え =ダラダラ は、人に影響する。
     全体的にダルい空気は会社に蔓延し、充満する。
     それは外部にも伝わり、だるい会社が出来上がる。

     ピリピリとしかる人がいるからこそ、職場の雰囲気は保たれている。

    ・会社という組織では、自分が会社や上司にどう思われているか「使える・使えない」と思われているか、思わせているかによって頼まれる仕事の質が異なる。
     会社と自分を合わせていくことにより、貢献・活躍が生まれ、会社も自身も伸びていく。
     つまらないのは、「もともとこうだったから」なんていっちゃう人。
     こういう質の人だと認識されると、その後に任される仕事にダイレクトにつながっていく。
     自分が出世しないのは、こういう判断をされたことの結果。

    ・自分が描いているゴールに向かって常にビジョンを一緒にする人数とは、きっと車に乗れる数の5名かもしれない。
     いつなんどきでも悩みを連絡しあい、深夜にファミレスに呼び出せる人数。
     
     このレベルに達するためには、創設者の口から耳にタコが出来るくらいしつこつ、また、日常的にある高さのレベルの話をされ続けた経験が必要かも。
     ひとつひとつ会社から求められる意義・期待に、一生懸命答え続けることで、一緒に戦う5人が選ばれていく。

    ・賢い商人は競争相手を作る。
     そして競うけれど勝負にはこだわらない。

    ・仕事を「任せた」とは、基本的にゴールにたどり着くための方法論を任されている。
     本来は上司がやる仕事だけれど、やってみてほしい。ということ。
     上司は試しているし、チャンスを与えている。自分の方法論ではなく、どういう風に進めるのかと。
     自分が全権限があるから結果報告をすればいい ではなく、経過報告をしながら、やり方自体もしっかりと報告することは大事。

    ・会社の理想は、それぞれのメンバーがプロとして在籍し、一緒の船に乗っているイメージ。
     ワンピ―スみたいなもの。
     もたれあい、なぐさめあいは、仲間ではない。

    ・会社で出世し、面白い仕事をするコツは、創設者の目的にいかに近づき、自分の才能とどうマッチさせるか。
     経営者に隣接した視点で、自分の力・才能を明確に提示して、意見を述べ、行動し、目的を達成するビジョンを共有意識で加わるメンバーでいること。
     そうすることが5人にも選ばれるし、ビジネスマンとして良い結果を与えられる。

  • 業界に入りながら、
    業界団体には入らずに
    外からの視点を忘れない

    大事だなー

    2017/8/14
    再読。仕事をするってなんだろな。
    愚痴を言わない人間になりたい。

  • 普通のサラリーマンが読んでもためになる本。
    会社の方針、ペースにあわせて仕事をする。20代は勉強、30代は経験、それを経て40代で瞬時な判断ができるようになる。目指せプロサラリーマン。

  • 良い本と出会えて嬉しい。読んでいると所々で叱ってもらっている錯覚に陥っている。 何かを作ることが好きなひとが読めば必ず響くのではないかな。

全56件中 1 - 10件を表示

ナガオカ・ケンメイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
村上 春樹
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ナガオカケンメイの考え (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ナガオカケンメイの考え (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナガオカケンメイの考え (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ナガオカケンメイの考え (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする