冒険の国 (新潮文庫)

  • 503人登録
  • 2.81評価
    • (4)
    • (26)
    • (156)
    • (55)
    • (13)
  • 84レビュー
著者 : 桐野夏生
  • 新潮社 (2005年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101306322

冒険の国 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公永井美浜の中学時代付き合っていた男友達が自殺した。

    美浜は既に(確認したわけではないが)30台で独身、建築会社勤務。

    その事務所に自殺した友人の兄がやって来て、否応なく過去を思い出す。

    著者後書きにあるが、本著は「すばる文学賞」に応募し最終候補作になったものの、選考結果は受賞作なしだった物を改稿出版した物だそうだ。

    著者からしてミステリーだろうと思って読み進めたが、だからなんなんだよという尻切れとんぼ感が残った。

  • これって本当に桐野夏生の本?って感じに淡々と話が進んでいった。
    盛り上がって早く続きを読みたい!という衝動もなかったし、涙がこぼれることもなかった。

    TDLができたすぐ後の時代の浦安のマンションに住んでいる父母姉妹。父は元漁師だったが今は失業中で母親が魚市場で働いている。姉は市役所勤務、妹は建設会社の出張所で働いている。
    マンションの上に住んでいる宇野さんがバタバタとうるさくしてごめんなさいや、職場の事務所の大家さんの吉田さんが具合が悪くなって、隣の職場の村田さんと一緒にお世話をしたり…。
    その大家さんの土地が欲しくて、恵一さんが吉田さん宅へ来た。彼は美浜と付き合っていた英二の兄だった。
    英二は美浜と喧嘩したすぐ後、自殺した。
    この自殺の原因はいまだ不明なのだが、離れて暮らしていた美浜が知らなかっただけで、いろいろとうわさが立っていたのだった。

    結局自殺の原因や、姉の付き合っている人などの回答は得られなかった。本当に淡々とした物語だった。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    永井姉妹と森口兄弟は、姉と兄、妹と弟が同級生同士で、常に互いの消息を意識していた。特に、弟の英二と妹の美浜は、強い絆で結ばれていた。が、ある日、一人が永遠に欠けた。英二が自殺したのだ。井濱は、欠落感を抱えたまま育った街に帰ってくる。街はディズニーランドが建設され、急速に発展していた。そこで、美浜は兄の恵一に再会する。バブル前夜の痛々しい青春を描く文庫オリジナル。(裏表紙より)

  • 2017.2.16-17
    英二を自殺で失った美浜の欠落感は、戻った実家の家族や英二の兄との再開でも満たされないばかりか答えも出ず・・・

  • 過去の恋愛に縛られて、忘れられない美浜。

    街は変わっても、かわれない美浜。対照的な印象だった。

    読みやすく一気に読了しました。

  • 桐野夏生の昔の作品らしく、本になっていなかったものらしいです。読み終わるまでそうと知らず、地味な作品だなあと思ってしまっていました。そうかあ最初はこんな感じだったんかあ。

  • 美浜にディズニーランドができる直前の話。主人公の女性はこのあとどんな人生を歩んだんだろう。

  • 高度成長期のあらゆるものが変化をしている時代に生きるある家族の物語。幼なじみの死から周りの人々との関係が崩れた中、自分の気持ちの整理がつかぬまま世間は大きな変化をし続けているギャップが作品の肝であり良さであるだろう。

  • 姉妹仲が悪いとか吉田さんの行く末とか妙に現実的で自分に降り掛かってきそうな予感がして身につまされる(¯―¯٥)
    妹は損な立場だわ。。。

  • 2015.5/16〜17。処女作というのは知らなかった。時はバブル期前夜。時代の空気はわからないのに、著者の言葉にハッとさせられることがいくつもある。取り残されるとはなんだろう。

  • 主人公の美浜。この美浜は、英二の自殺と絶ちきれない自分に腹がたちながらも、変われないで苦しんでる。でも、もがくことより、人のせいにして今の状況に甘んじているのではと思うけれど、きっとどうしてよいのかわからないといったジレンマに打ち勝てない、何となくわかりました。

全84件中 1 - 10件を表示

桐野夏生の作品

冒険の国 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

冒険の国 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

冒険の国 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冒険の国 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冒険の国 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする