魂萌え!〔下〕 (新潮文庫)

  • 760人登録
  • 3.42評価
    • (41)
    • (82)
    • (180)
    • (21)
    • (3)
  • 102レビュー
著者 : 桐野夏生
  • 新潮社 (2006年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101306346

魂萌え!〔下〕 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なるほど。これは桐野氏流のコメディなんだな。

    上巻では真剣に敏子サイドに立って子供たちや亡き夫、夫の愛人、一夜を共にした塚本など周囲の身勝手な人間たちにプンスカしていたけど、後半は完全にコメディ。嫌われ松子の一生のようです。

    桐野作品には珍しく読後スカッとする。

  • 夫がなくなったことで、色々な世界が見えてきた敏子。
    それは、今までの自分が見ようとしなかった世界だった。
    そして、自分も変わっていく。
    今までの自分に別れを告げ、逞しく生きていこうとする敏子の姿はきっと他人事ではないのだと思う。

    2017.9.21

  • 主婦であるだけでは知り合えなかった人達や 子供達との関係、高校生からの友人や町でたまたま隣り合って知り合った人との関係…。

    何を大事にして生きていくか、独りになって考えてしまうのだろう 身につまされる

  • 2016.11.27再読。
    確かに敏子、強くなった!
    愛人の家にたった1人で乗り込んだり。私だったら出来るだろうか。子供に相談しちゃうかも……。

    でも敏子は恵まれてると思う。
    いろいろあるとしても長い付き合いの友達はいるし、蕎麦の会で男友達も出来たし。
    うらやましくもあるなあ、こんな老後。
    私もこう言っちゃなんだけど、早く一人になりたい、と思っているので当面切羽詰まったお金の心配をしなくて済む敏子のような老後はいいな、と思っちゃう。

  • 下巻に入ってもあいかわらずの疾走感があって楽しく読めました。ただ、夫の愛人の伊藤昭子との修羅場と、ラストの「蕎麦食べ歩きの会」での一斉告白だけは、ちょっともたついている印象を受けてしまいましたが。

    客観的に見れば、著者らしいドロドロした人間関係が描かれているのですが、新聞連載小説ということもあってか、それを吹き飛ばしてしまうくらいの、前へ前へとつんのめってストーリーが進んでいく感じが、何とも言えず心地よい作品でした。

  • 上巻より少しだけ良かった。上巻があまりにも暗くて重かったので、終わり方に多少の希望があって良かった。(特に暗い小説が嫌いと言うわけではないのだが)

    人はだれでも自分が無知で不幸な時は、それ以上のものを人に与えられないし、何事も卑屈に見える。それが上巻の主人公で、下巻からは少しずつその卑屈な精神と生き方を挽回していく。

    上下巻、全体で良くなかったところは、人物同士の会話と、主人公の思考だけで物語が進行し、全く深みがないところ。主人公の感情の袋小路度が高く、行ったり来たりを永遠にループするところ(むしろそれだけの小説)。そして、人は誰しも悲しみや苦しみ悩みを持って生きるが、他人と自分のどちらがより不幸か、比較ばかりしているところ。

  • 歳とってもいつまでもドキドキするんだなぁ

  • 彼女の作品にしては物足りなさを感じる

  • 誰かと共に生きるということは、自分の自由を一番に考えられないこと。夫という存在がいなくなり、自由を手に入れることになる。
    それまで無知で慎ましやかに暮らして来れたのに、60近くになって突然訪れる変化。そして知らなかった事実。
    私だったらその後どうやって生きるのだろうか。これまでの人生を無駄にして生きてきたのかもしれない、という後悔とも後ろめたさとも言えない思いを抱えて。
    歳を重ねる毎にその重みは増してゆくだろうが、20代の自分にも重ねて考えられることがあると感じた。

  • 上巻で夫を亡くし、それまで知らなかったことを知り、経験したことのないことを経験し、59歳新たな人生にむかって踏み出していく敏子さん。上巻ではテンポ良く展開していたけど、下巻になると少しトーンダウン?ただ、会話のひとつひとつが生々しいというか、リアリティがあって、そこが面白い要素ではある。古くからの友人の栄子や、夫のそば仲間塚本との関係、ふろ婆さんの件で巻き込まれる様子などにはやはりイライラさせられる部分があるけれど、どこか「負けるな、がんばれ~」と思わせられてしまう。ラストは、もう少しハチャメチャになるか、ハッピーエンドか、どっちかはっきりしていたほうが印象に残ってよかったな。。

全102件中 1 - 10件を表示

桐野夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

魂萌え!〔下〕 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魂萌え!〔下〕 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魂萌え!〔下〕 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする