すべては今日から (新潮文庫)

  • 114人登録
  • 3.93評価
    • (8)
    • (11)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 児玉清
  • 新潮社 (2015年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101306520

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

すべては今日から (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 非常に秀れた本の読み手であった児玉清さんの書評とエッセイを収録した遺稿集。

    1冊の本との出会いが児玉さんを俳優の世界に誘ったというエピソードや洋書に耽る理由が頗る面白い。また、この本の中で紹介される海外ミステリーや冒険小説も共感を覚えるものも多く、読んでみたいものばかりだった。書評やエッセイから児玉さんが如何に本を愛していたのかが窺える。

    児玉さんが亡くなられて、四年が過ぎるが、今もって、これだけ本の世界を語れる俳優は他には見当たらない。児玉さんには、もっと、もっと本の世界について語って欲しかった…

  • 故児玉清氏のエッセイ、書評集。

    恥ずかしながら児玉氏が大の読書家で多くの書評をしていることを知ったのは比較的最近のことだ。
    ある小説の解説が、何と的確かつ力強いことに感動し、解説者の名前を見ると「児玉 清(俳優)」とあった。なるほど「アタックチャンス」の児玉氏だけに力強さが有るのだと妙に納得し、何冊か児玉氏の解説読みたさに書籍を選んだ。
    ところがしばらくして児玉氏の訃報を聞き、青天の霹靂、読書の大先輩を失ったとショックを覚えた。

    海外ミステリーの紹介では、ところどころの「~だぜ。」とスギちゃんばりの決め台詞。ドラマ「HIRO」や「鹿男あおによし」での初老でありながらつぶらで悪戯心を隠し持つ少年のような瞳は、ミステリーへの好奇心からあふれ出たものだったのだろうと納得。

    ああ、もっと長生きをして多くの本を紹介していただきたかった。と悔やみつつご冥福を祈るばかりだ。

  • 児玉さん久しぶり~と声をかけながら手に取った。

     児玉さんが読んできた中でインパクトのあった本について、一冊一冊章に分かれて書いてある。
     読書記録でもつけていたのだろうか?と思ったが、私も読書を振り返るときその一冊を挙げることができた。ちょっとうれしかった。

  • 児玉さんが、とても情熱的で驚いた
    とにかく本が好き
    好きな本を見つけたときの喜び
    好きな作家や本について語るときのはしゃぐ感じ
    恋愛ものもたくさん読んでおられたこと
    驚きだらけだった
    また、児玉さんが感じていた日本に対する疑問や不満について、
    私が日本を出た理由がまさに同じものだった
    いっきに親近感がわいた

  • 児玉清の遺稿集。最後の文藝春秋掲載物は老人の繰り言で残念。前半の書評集は、ごびが「だぜ」になるなど、児玉清でなければ許されないギリギリのところまで行ってしまってるものの、良い。

  • ミステリー好きな私としては、児玉さんの紹介されている文章自体にドキドキし、今すぐ本屋さんに駆け込みたい衝動が何度襲ってきたことか!
    これからも上質でおしゃれな、紳士淑女なミステリーをたくさん読みたい。

    「日本、そして日本人へ」は、年寄りの愚痴とはおっしゃっているが、すべてが共感できる事柄ばかり。
    私の考え方が古いのか、ヨーロッパ的なのかはわからないけれど、日本は確かに幼いと思う。

  • もっともっと本を読もう。そう思いました。

  • クイズ番組の司会者は、狂おしいほどのミステリー好きだった。ヤラレタぜ!

  • 恥ずかしながら児玉清さんというとアタック25の司会の人という認識くらいしか持っていなかった。
    俳優というのはもちろん知っていたが特に演技に惚れたと思ったこともなかった。
    なので読書家だということも知らなかった。
    本書を読んで児玉さんの本好きは本物だったんだなあと感心するばかりだ。
    海外物が特にお好きなようで翻訳本が出るまで待てず原書を読むまでになったとか。
    個人的に海外物はミステリーくらいしか読んだことが無いのでそれらの批評はあまり興味は持てなかったけど、児玉さんが本好きになる過程と、影響を受けたが早行動に移すバイタリティに感心しきりだった。
    4章の「日本、そして日本人へ」は現代の日本を憂えた児玉さんの遺言のようなもので日本人として生きるってどういうことだろうと考えさせられる。
    児玉さんのお勧め本の何冊かを早速買って読んでみようと思う。
    とりあえずもうツヴァイクのチェスの話は購入済み(笑)
    読むのが楽しみである。

  • 児玉氏2冊目を読みます!

  • 前半の書評に関するエッセイは一読の価値あり。本に対する氏の並々ならぬ関心、知識の広さには驚かされる。一方で、お気に入りの本を滅茶面白本と表現するお茶目さや、その面白本を読むときの内心について書いているところなど、本好きなら共感せずにはいられない部分も含めて、氏の新たな一面を知ることができるかもしれない。
    一方で、最終章の文章たちはいわゆるお年寄りのお説教くさいテイストになっていて僕には全く面白くなかった。付け加えて言うならば、解説がひどい。

  • もっともっと、児玉さんに読書指南をしていただきたい!
    そう思わせる一冊

  • 2015.3.7pm10:43 読了。ブックマートで購入。ふと目に付いた。エッセイ集。外国文学を中心に、自身が読んだ本で面白かったものを紹介している。外国文学ミステリが大半を占める。少数ではあるが日本語の本も紹介している。読んだことのない本ばかりだった。穏やかそうな外見とは裏腹に、舌鋒鋭く論を展開する場面も多い。著者に対するイメージはがらりと変わった。
    洋書に対する思いに共感した。翻訳が出るのを待っているのは確かにじれったい!語学力さえあれば、是非まねしたい。

  • 文庫化されたのを機会に再読。
    巻末の佐伯康英氏の解説に納得。ジェフリー・ディーヴァーの作風の変化とヘニング・マンケルへの共感。
    ディック・フランシス亡き後の「新・競馬シリーズ」を児玉氏は読まれたのだろうか?

  • なんとまあよく読まれていることか.海外小説の面白さを書き下す行には,確かに嗚呼読みたい,と思わせる重力がある.一方で,後半のエッセィはどちらかというと自己満足的な筆致で,文章を書くと言うことに対する得手不得手というものが確かに存在することを確認できる.

  • 読書家なのは存じておりましたが、レベルの違いを痛感させられました。原書って…。

    最後の章「日本、そして日本人へ」は、日々感じていることもあり共感しました。

全18件中 1 - 18件を表示

すべては今日から (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すべては今日から (新潮文庫)の作品紹介

日本でもっとも本を愛した俳優・児玉清。講談本で〈物語〉の面白さに目覚めた少年時代、洋書で読み耽る海外ミステリーへの愛、母の急死から始まった俳優への道、新幹線での運命の出逢い、そして結婚……。「今勝て、痛みはあとだ!!」の精神でタフに歩み続けた波瀾万丈の77年間が、紳士的かつ情熱的に語られる――。ライフワークとなった書評とエッセイを一挙に収録した、珠玉の遺稿集。

すべては今日から (新潮文庫)はこんな本です

すべては今日から (新潮文庫)の単行本

ツイートする