すばらしき愚民社会 (新潮文庫)

  • 142人登録
  • 3.27評価
    • (7)
    • (16)
    • (43)
    • (4)
    • (3)
  • 26レビュー
著者 : 小谷野敦
  • 新潮社 (2007年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101306711

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • どの方々に愚民という称号を冠しますか、
    選考する際は何を参照にしましょうぞ?私

  • この人とネット右翼などに親和的な評論家とのギリギリの一線、紙一重の差がある。
    それは例えば「禁煙ファシズム」論であるし、またイラク人質事件についてのコメントの中で辛うじて挿入されるバッシング批判の一文である。本当に辛うじて、ギリギリ、ではあるが、嫌いになれない所以である。

  • 名前負けしている感は否めないけど、
    レビューで酷評されているほど悪くはない本。

    愚民社会批判というより、著者が気に食わない
    知識人を、片っ端からぶった斬ってるだけという…

    日本のフェミニズムに常々疑問を持ってた身としては
    なるほどーと思うところもいくつかありました。

    ただ、最後の禁煙運動に反対するロジックがどう考えても馬鹿なのと
    どんだけ頭良いかわかりませんが文章が根本的に読みづらすぎです。

    引用ばっかなので、引用元の知識人の
    著作及び主義主張について予備知識がなければ
    カスリもせずに投げ出してしまうでしょう…。

    あ、でもゴー宣読者なら面白いと思います。
    なので☆3つ。

  • 本書は大衆に媚びる軟弱な知識人を愚民と呼び欺瞞を叩く時事評論である。私には難しい部分もありそこは読み飛ばすとして第五章「説得力のある説明」を疑えと第九章アカデミズムとジャーナリズムは特に面白いです。(前章は納得し後章は共感しました)本書は、多くの人にとにかく読んで欲しい本です。

  • 途中で止めたら負けのような気がして一応最後まで読んではみたが、一言で言うと、太古の昔から連綿と続く「今の若者はダメになった、昔の俺はもっとすごかった!」という、オッサンのベタな愚痴を本にしたものである。
    今の若者は勉強しない、フェミニズムは悪であると断罪しながら、その根底には「女や若者」から立派な人生の先達としてちやほやされたいというスケベ心が見え隠れしているところが何とも痛々しくて、何だろうな、大人ってもっとかっこいい存在だと思っていたのにな、と一応まだ若者世代に入るはずの人間の一人として何だか残念でならない。
    東大生が大学の図書館にハリー・ポッターをリクエストした、だから今の大学生は堕落した愚民であると小谷野は語る。
    だがリクエストされる本の中の一冊がハリー・ポッターだったからといって、それが何だというのだろうか。
    同じ税金を使うなら専攻の人間しか読まず、すぐに内容が古くなって廃棄しなければならなくなる専門書より沢山の人に長く読まれる本をリクエストした方が公益に利するという考えもあるのではないだろうか。
    昔は大衆小説であった司馬遼太郎は今ではインテリの親父しか読まない純文学という扱いになっている、だから文学というものの質が下がった、だから今の若者は愚民であると主張されたとて、元々大衆小説とは時代が下ると純文学化するものではないのだろうか。
    「源氏物語」だって「神曲」だって「こころ」だって発行された当時は大衆小説だったのが時が過ぎていくうちに気がついたら名作古典だの純文学だののカテゴリに入ってしまったわけで、そこを無視して文学の質が下がったと焦るのは早計のように思える。

    何というか、これを読んでイヤァスッキリ! 小谷野さんはいいこと言ってるな! と思う人だけが読めば良い本である。
    独断と偏見と、それでもなお自分を善人に見せたいスケベ心に満ちた本ではあるが、威勢がいいのは確かなので、そういう芸だと思って読めばそれなりに面白いかもしれない。
    私の失策は真面目な社会批判を期待して読んだことであり、それについては私に100%の非があるのに違いない。

  • 『グーグル革命の衝撃』の巻末出版社広告にて

  • まったくもって小谷野氏の主張は同感する。
    図書館に「ハリーポッター」をリクエストする東大生は笑う。
    東大生の親は少なからず富裕層であるのにもかかわらずだ。
    確かに我々は田嶋陽子の学術的な成果を知らないし、彼女の専門が何かも知らない。
    孤立を恐れず、孤独を楽しむ
    そんな姿が垣間見れる。

  • 禁煙ファシズムの項をみつけ古本屋で買うも、その論自体はあまりすぐれたものとは言えなかった。

    つまるところ禁煙ファシズムの肝は「受動喫煙」「間接喫煙」の害毒に関することであり、禁煙ファシズムを断罪するなら、そこをつくしか術はないはずである。

    しかし小谷野は、ここではその害毒について掘り下げることを避け、「酒はいいのか」「クルマはいいのか」などと問題をすり替えていってしまう。あげくには、そんなに平坦に生きていてもつまらないでしょ、人間は危険やトラブルがないと退屈してしまう生き物だから、という微妙な人間本質論で終えている。このオチは以前読んだ『退屈論』から導かれたものだが、本書の文脈のなかではどうもクリティカルな言葉には聞こえない。

    これでは小谷野らしくない。大衆や軟弱知識人にたいし、明確な根拠をもって批判するスタイルに、ぼくは好感をもっているのだけれど、これではただの愚痴や野次だ。「受動喫煙」「間接喫煙」がいかに肺がん発生へ影響を及ぼすのか。これに関するデータは、禁煙肯定論・否定論双方においておそらく、実証的になることが不可能なだけに、いくらでもあるはずである。これらの文献を列挙して、えっちらおっちら「これは信憑性がある」「これは疑わしい」と話を進めていくのが、小谷野のスタイルではなかったか。

    この本は時事評論集という性格だから、論を深める気がそもそもなかっただけかもしれないが、あれだけ「禁煙ファシズム反対!」と掲げながらこの語り口では、いただけない。喫煙者として、共感しているだけに。実際、この章だけ浮いていたように感じれられた。

     *

    ところで、第六章「他人を嘲笑したがる者たち」には、小谷野の善人的な立ち振る舞いが現れていて興味深い。言っていることはべつに大したことではなく、ようは「正論」がさも存在しないかのように振舞う、シニシズムへの嫌悪の表明である。ニューアカ以来の学者や、「2ちゃんねらー」的大衆が安易に走る相対主義への批判、と言い換えても大差はない。このとき小谷野は「笑われることを恐れるな」と、とても倫理的な言葉を、読者に向かって、吐いている。もともと倫理的な学者であることは理解っていたが、読者に対して「アドヴァイス」するような言葉で書く印象はなかった。これには面食らった。

    「シニシストたちは、「笑われる」ことを恐れ、「負け」ないよう予防線を張り、己れの「世間知」を誇ろうとする」(134頁)

    ぼくはシニシストやスノッブがだいっきらいである。小谷野は立派だナァと、思わずにはいられなかった。

  • 論証・論理的に様々な社会批評をしているように見えながら、最後は自分の浅薄な「実感」を押し付ける感じで、なんだか典型的な「負け組男の愚痴」、を聞かされているなあ、という気がする。小谷野は東大で教えてるし、本も何冊も出しているんだから、もう負け組とはいえない。小谷野が、女性差別社会であり、喫煙者が多い社会(それはほぼ10年前だけれど)のうちから、この論理を言っていたなら、説得力もあるけれど、ここのところの傾向にあわてて反論しているんだとすれば、それだけですごく底が割れている。まあ、おもちゃを取り上げられた子供が泣いているみたいで、苦笑するところが多く面白かったけれどね。

  • あちこちケンカ売ってますよ、この人。だいじょぶかなぁ〜・・・。

  • (2008/4/18読了)この人の言う「バカ」とか「愚民」ってのは、高校中退のヤンキーとかじゃなくって、大学に行っておきながら教養の無い者、である。文系のくせに古典をロクに読んでない私なんかは、まさに「バカ」である。てなことで歴史くらいはおさらいしようと思っている今日この頃。

  • 性格の悪さが滲み出た文章。でも、そんな文章がなぜか病み付きになる。

  • 7月10日購入。7月25日読了。
    小谷野氏の著作を読むのは「馬鹿のための読書術」に続いてこれで二回目だが、相変わらず粘着質な毒舌である。まあ近影のイメージのせいでもあるが。そして、著書のいう大衆はどうやら知識人階級のことらしい。知識人の腑抜けっぷりを批判した書物は結構ある。僕はこの本に本当の意味での大衆批判を求めていたので、そこは少し、残念である。また著書は文学研究者であるので、そのテーマも狭い。前著とかぶるところも結構ある。禁煙ファシズムの様々な推測は面白かったが、著者が嫌う「書物の濫造」状態に自身も陥ってやしないかと疑問を呈したくなった。あれだけ中で宮台、宮崎批判を行っていながら、本文の主内容の背景に彼らの考え方がベースになっているのもなんともいえない。

  • ネット掲示板の無責任を追及せよ!
    ニート論格差社会論は欺瞞だらけ!

    過激な大衆論…新潮文庫?と思わず確かめた!?

  • ホント読む人を選ぶね。バカな学生をホントに嫌っているからね、この人は。おまけに成蹊大学出身者が総理になるなんてこの国は終わってる的な発言まで。いやー、東大出身者は他大学に厳しいですね。3流以下の私大は職業訓練校にしろとか結構まっとうな事を言ってはいるんだけど、やや感情論的なキライがある。行先さえ選ばなきゃ誰でも大学に入れる時代なんだからそんな事は分かってるんですがね。1冊の本としての出来で言うと面白いんだけど、内容がアッチコッチに飛んでて、歴史問題、文壇批評、フェミニズム論争、禁煙ファシズム、文化史、政治etc...という結局何が言いたいのか明確でないのだけど。最終的には学者連中を愚民だと罵る方向に行く訳だが、著者自身が売られた喧嘩を買って論駁するのが好きな単なる論争好きであるという様にしか見えない所が痛々しいというか何と言うか。勿論、それは居酒屋のオッサン達の下らない言い合いなんてレベルではないのですけども。読んで損するかと言えばそんな事もない1冊。

  • タイトルとイラストに惹かれ購入。

    かなりおもしろかった!!ここまで歯に衣着せぬ物言いで正鵠を射た意見を述べた人がいままでにいただろうか?著者の意見・表現はかなり辛辣ではあるが痛快。それはやはり、厳然たる根拠があり、かなり広く深い知識に裏打ちされた意見だからだろう。

    軽く読めるのに深い。世間がタブーとしてきたことに鋭く切り込んでいる。こんな本がわずかワンコイン(500円)買えるのだからすごいもんです。

    また、私が敬愛してやまない宮崎哲哉さんをまともに(ヒステリックで的外れな批判は数多くありますが)批判した本である点も私にとっては瞠目ものです。(ただ、この著者の意見に対する宮崎さんの反論が聞けないのが残念っヽ(´〜`;))

    この本読んで改めてソクラテスのいう『無知の知』の大切さを痛感しましたね。知らないのに分かったふりをしてしかつめらしい話をし、したり顔の人達(こういった人がなぜか“知識人”と呼ばれる人達に多くいたりする)の発言が『正論』とされていること、また、その説を(自己が無知ゆえに)盲信してしまっていること。これらが『愚民社会』の一因となっているんですね。・・・私自身も耳が痛いです(笑)

    ではなぜ評価が★4つなのか?それは最終章の『禁煙ファシズム』が原因です。確かにこの章で言われていることは正しいのかもしれない。けれども、なんだか牽強付会の説のような気がして・・・。ちょっと感情論に走りすぎて冷静さを欠いているような気がします。もちろん主張したいことは理解できるし共感もできるんですが・・・。せっかくそれまでは冷静で論理的な文章で展開されていたのに、最後の最後で感情的な文章になってしまっており非常に残念。画竜点睛を欠いている感が否めない。

    その点以外はほぼ満点(*´▽`*)とっても興味深く、無意識に点頭しながら読んでしまいました。

  • 小谷野敦のことを「批判ばかりして何も生み出していない」という人もいるかもしれませんが、それが批判・評論するのがこういう人の役割ですし、この人の批判・評論は切れ味鋭い批判・評論なので好きです。
    アカデミズムとジャーナリズムの章はおもしろかったです。
    あと、タイトルからしてわかると思いますが、小谷野敦は日本が衆愚政治におちいるまたはすでに陥っていることを危惧しています。

  • 現代のさまざまなバカについての洞察と挑戦。

  • 書いてあることは至極全うなのだが、内容が少し難しい。専門の部分が違うと言うこともあるかもしれないが、知らない固有名詞が多い。あと、タイトルからも分かるとおり歌劇だ。

  • 書いてあることが理解できませんでした。
    私、三流大学以下(キーワード)とひと括りにされるような人間ですので、この手の本は読んでも面白くないなと痛感。

    この人が書いた八犬伝の本は面白かったんだけどな。

全26件中 1 - 25件を表示

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)の単行本

ツイートする