ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫)

  • 808人登録
  • 3.59評価
    • (75)
    • (90)
    • (187)
    • (16)
    • (2)
  • 78レビュー
著者 : 宮本輝
  • 新潮社 (1988年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101307046

ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キャラ設定があるのに 人間さががっつり
    コロコロ意見変えたり 根本は変わらなかったり
    ふくざつに増えていく登場人物

  • ドナウの旅は長かった・・・。
    ストーリーが途中冗長になって、読み続けるのが苦しくなるところもあったが、東ヨーロッパを横断する大河ドナウが終わるところには何があるのか・・・それが気になって根気強くページをめくった。
    最後の最後で衝撃的な結末となったが、それ以降の登場人物たちがしっかりと自分の人生を歩んで行くさまが想像できるようだ。
    途中の町や村の描写は、単に紀行文としても楽しめる。
    2017/01

  • 前から気になっていたこの本をついに読み終わりました。
    冷戦終結前の時代に、ドナウの源流から終わりまでの長大な旅。現代とは比べものにならないくらい大変な旅だと思います。
    物語の最初のうちは、これはマサコの物語なのかなと思ったけれど、意外とすぐにシギィとの再会と婚約があり、そして長瀬目線の語りが入ってきたときにこの長大なお話が本当に始まったように思いました。
    それぞれの国の様子、そこで出会う人々、それぞれが魅力をもっていて、そして4人の旅に大きな影響を与えます。
    ドナウ好き、そして、宮本さんファンの自分としては本当に読み終わるのが惜しい物語でした。
    またいつか再読したい一冊です。

  • 本当に長い旅でした。ドナウの暗い雰囲気が終盤には流れて、ストーリーとマッチして、登場人物と融合したような終わり方でした。

  • 先生よりの紹介。
    結末がちょっとズルい。

  • この本を知ったのは、ごく最近で、ある雑誌で紹介されていたから。旅好きな私は題名に惹かれて読むことを決めた。もちろん、宮本輝さんの作品もはじめて。
    情景や心理描写が細やかすぎて、主に通勤時間に読書するため、疲れている日には読み進める気になれず、読むのにひと月もかかった、なかなかヘビーな作品。
    それでも、旅の中で出会う魅力的な人々とのやりとり、そして何よりも旅の最後に待ち受けるもの、そして主人公達の決断が気になり最後まで読み切った。
    そして読み終わった今、納得いかないような、清々しいような相反する気持ちを抱えている。
    この作品は、女性のリアルな狡い感情や思いを綴っているのに、最後は死というあまりにも綺麗すぎる、あっさりした終わり方をする。そのことに非常に違和感を覚えつつ、なんとなく人間のドロドロとした一生の中にも、尊いもの、美しいものがあることを示唆しているのかなと色々と考えてしまう。
    終わり方はともかく、主人公達が出会う人々が言う台詞には名言が多々あり、そして国と国の関係、共産主義、様々なことを学んだ気がした。世界の歴史について、もっと勉強しないといけないなと刺激を受けた。
    更にこれまでの旅の記憶がよみがえり、また旅に出たいと強く思った。
    ドナウ河を見に行きたい!

  • 再生の物語。「悪いことが起こって当たり前。いいことがあったら不思議だと思って、大喜びするのだ」時代や風土や民族が違っても人間はみんな同じ。願わくは幸せになりたいという点において。見栄や自尊心にだまされずに、他人を愛する。長い長い旅の先に何が待ってるのか知りたくて夢中で読んだ。

  • ドナウの如く、読み応えのある小説でした。異国でも、とりわけ共産圏を主な舞台としているため下巻はその社会性に圧倒されながらのめり込むように読んでしまいました。

  • ドラマ観てから読んだので、ひたすら佐久間良子の呪縛から抜けられず。しかも高校生ぐらいだったから、正直良くわからなかった。面白かったのは覚えてるけど。要再読。

  • ドナウ河に沿って長い旅をしている過程で、様々な人と出会い経験を積むことによって成長し、変化していく様子が自然で引き込まれた。
    登場人物たちも個性溢れているし、ヨーロッパの情景が思い浮かぶような文章に浸れました。
    この作品や『深夜特急』のような作品を読むと、自分も長い旅をしたくなってくる。
    とても無理だけど……。
    この作品の頃と、現在では東欧の政治情勢も代わり、ブタペストなんて今では人気の観光地になっているけど、現在に置き換えると少し味気なくなりそう。
    当時の共産圏だからこその味わいもあると思う。

全78件中 1 - 10件を表示

宮本輝の作品

ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫)の単行本

ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする