五千回の生死 (新潮文庫)

  • 793人登録
  • 3.58評価
    • (60)
    • (83)
    • (170)
    • (11)
    • (2)
  • 81レビュー
著者 : 宮本輝
  • 新潮社 (1990年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101307084

五千回の生死 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 島田「優しくなったらいいんだよ。優しく、優しく、人間がみんな、やさしーくなったら、それでいいんだ。そうなったら、世の中の難しい問題なんて、みんな解決するぜ」
    私「どうやって、人間全部が優しくなるんだ」
    島田「そんなことは不可能だ。お前、いまそう思っているだろう」
    私「思ってるよ。当たり前だろう」
    島田「ところが俺は、不可能じゃないと考えている。それ以外に解決の道はないんだ。こんなこと組合の連中に言ってみろ。俺は吊しあげられるぜ。反動分子、日和見主義者、戦いの苦しさから逃げようとする臆病者。組合だけじゃないよ。世間もそうだ。鼻で笑って、あいつは馬鹿だって言われるさ。ガキみたいなこと言うな。だけど、これが、誰に何と馬鹿よばわりされようと、曲げられねェ俺の考え方なんだ」
    そういえば、同期入社の連中の中で、この島田が一番優しそうな顔をしていたっけ。私は世界中の人間がみんな優しくなっている光景を想像した。私は島田に右手を差しだし、
    「俺は、お前を好きだったんだ」「そうだよ。みんな優しくなりゃいいんだ。簡単だ。お前の考え方は正しい。俺だけは支持するぜ」「お前が、いま、世界中の人間がみんな優しくなった場面を空想して、この島田の野郎の考え方は正しいと、心から思ってくれたってことが、判った」

  • たまらんものがある

  • 2017 9/28

  • 生と死を書いた短編集。

  • トマトの話

  • スガシカオさんが薦めていたので読んでみた。いつもの習慣で寝る前に読み始めたら、冒頭の「トマトの話」にすっかりやられた。はっきり言えば、最初からオチは見えていた。なのに打ち抜かれてしまった。おかげで午前3時まで眠れなくなってしまい、いま寝不足です。

  • 昔の大阪はほんとにここまで濃かったの?じっくり味わえる作品がいくつも。

  • 一発目のトマトの話でもうやられる

  • 暗喩,隠喩がよくわからず。

  • じっくりどの作品も味わえる。1日1品読んでじわじわ楽しんだ。それで正解だった。『トマトの話』『五千回の生死』詩の題名みたい。もちろん内容も納得の作品。

全81件中 1 - 10件を表示

宮本輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

五千回の生死 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

五千回の生死 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

五千回の生死 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

五千回の生死 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

五千回の生死 (新潮文庫)の単行本

五千回の生死 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする