道頓堀川 (新潮文庫)

  • 657人登録
  • 3.64評価
    • (51)
    • (84)
    • (146)
    • (4)
    • (0)
  • 53レビュー
著者 : 宮本輝
  • 新潮社 (1994年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101307107

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

道頓堀川 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 決して恵まれた環境でないながらも、自分の腕や感覚を信じて生きなければならない。そんな人々で溢れている話。
    貧困だからといって終始悩みに埋め尽くされているような悲しい話というわけでもなく、かといって力強く前進していく、という話でもない。ビリヤードの腕だったりコーヒーの腕だったりファンの多いゲイボーイやストリッパーだったりなにかひとつ特技はあるけれど、それでも何かに依らずに生きていけない。それを自堕落的な生活様態を送る者を出さずに表現しているところは見物。

  • キーワードは「貧しさ」でしょうか。
    本書の舞台は大阪道頓堀川。鈍く光る川面で生活する登場人物は、その誰しもが何かしらの「貧しさ」を抱えています。もちろん「貧しさ」とは、金銭的なそれに限りません。離散する宿命を抱えた武内は金銭的には余裕があるのに、とても貧しくみえる人物ではないでしょうか。そんな「貧しさ」を抱えた道頓堀川の住人のなかで、ヌードダンサーのさとみが邦彦の前で一心不乱に踊る姿がやけに印象に残っています。「私なんか、毎日、頭が変になってるわ」というさとみの言葉。この「貧しさ」が小説内に留まるものではなく、普遍的なものとして、いたく心に染み入ります。
    ところで、まったく悲哀に満ちた作品なのかというと、決してそうではなく、「貧しさ」を抱えたなかでも必死に生きていく、そんな住人の姿に活力をもらうのです。
    宮本輝の描く普遍性と前向きな姿勢に心打たれた作品でした。

  • 2016.2
    ブックオフ渋谷

  • やっぱり、昔のいい本は、いい。こういう大阪ミナミの話好き。

  • なかなか、昭和の雰囲気がでてました。

  • 宮本輝はある一時期の大阪の空気を感じられるなあ。

  • なんとのう、切ないのう(涙)

    人生や。

  • 玉突きがやりたくなる。そんな作品。

  • ある男からみた戦後の歓楽街に”寄せ集まった”男と女と仲間と親子の話。特に、男のうちにあるぼんやりとした弱さは個人的にこの一文にすべて、凝縮されているように思う。


    ”相手の心の開け具合を計算して、きっちり開いた分だけしか応じ返していかない哀しい人間の習性を、彼等はとりわけ狡猾に身につけていたが、反面そうした弱さを歓楽街に生きる本物の女たちよりも、一段上手に隠し通す手練に長じていることも武内はよく知っていた。”

  • これは「親子の物語」なのかなぁ。
    道頓堀川にかかるいろいろな橋と、橋から見下ろす川に映し出されるミナミのネオンの模様。それに投影される人間模様。心の機敏が見事だし、せつないねん(笑)。大阪弁を聴きたくて、ぐいぐい読み進めました。

  • 忘れられない一冊。

    ノルウェイの森に似た感情が湧く。
    男の子が主人公の話が個人的に好きなのかも。

  • 人間の生きる上での芯みたいなのを宮本輝の作品を読んでいるとしばしば感じる。
    この作品も同様だ。
    これといった新鮮な設定でもないし、話の展開もそんな奇をてらったものではない。だけど生きていくうえで大切な、力強いものが文章から伝わってくる。作者が真摯な気持ちで、物語に、登場人物にむきあっているんだなぁと思った。不思議な気持ちでどんどん読み進めてします。

  • 皆、心に何か影を持ちながら、その影が時々顔を出しながら
    暮らしている姿が何か切ない。

  • 川三部作の中では一番軽かったかな。まだ救いがある。

  • ひとりぼっちの大学生が、多くの人と関わりそして別れを経験すると同時にマスターにもまた息子を通して人生ドラマがある。人物設定や人間関係がまた先生らしさがでて和みます。ラストも良い。

  • 他の河2作より泥臭くない。

  • なぜ、いまごろ 宮本輝をよむのか 
    いまの私の 感性に 一番あっているようだ。
    どろどろとした 人間の感情の絡み付き合いが
    とても、いいのだ。

    政夫が 父親 武内鉄男 と 玉突きで 決闘する。
    政夫は 夫を捨てた 鈴子 と一緒についていった息子。
    鈴子は どうしようもない 占い師についていったのだ。
    そのために 鉄男は なぜか許せないところがある。

    戻って来た鈴子は ギヤマンのみどりの色に じっと見入った。
    占い師が書く 海は いつもみどりだった。

    鈴子が戻って来た時に 鉄男は鈴子を蹴った。
    そのことで、鈴子は腎臓をいためたと思い込む。
    鉄男は 息子の政夫が 玉突きで 生きようとすることに
    理解を示せない ところもあるが、認めたい気持ちもある。
    複雑な 父親の思い。
    玉突きは あくまでも ばくちだと思っている鉄男。
    息子の政夫は スポーツだと思っている。
    世代の認識の違いで解決するのか。

    邦彦は 母子家庭で 学費をかせぐために
    武内鉄男の 喫茶店で バイトをする。
    そこで,いろいろな人に であう。
    就職活動するが 母子家庭ということで、うまく行かない。
    鉄男は 邦彦には 喫茶店で 働いてもらいたいと考えている。

    ユキのもつ たくましさ。
    焼き肉屋で 自分の城を まもりはじめる。

    オカマ、出前ストリッパー、老人の愛人。
    道頓堀でうごめく 人々に 出会い
    自分が どう生きるのかを なやむ 青年。
    大阪の混沌とした 雰囲気が こつ然とする。

    宮本輝の物語は 河が 一つのテーマとなるが、
    占い師が 重要な 役割を果たす。
    一家離散 という 占いが当たり、久しぶりにであう占い師が
    次の占いをするが それを信じようとする。

  • 昭和の香りです。

  • 宮本輝、川三部作の最後の作品。「泥の河」「蛍川」に続いて、主人公の邦彦はどこへ向かうのか。そう感じさせるラストだった。

  • 主人公の大学生が友達の名前だったから手にとった一冊。
    喫茶店のマスター、客のホステス、父親の愛人などなど、色々な人間関係が絶妙に描かれている。
    大阪の繁華街で人生ぐちゃぐちゃになりながらも、他人と絡みながらしぶとく、たまに輝きながら生きていく様子に魅力を感じた。
    いつか小説のように幸橋からネオンを呑み込む道頓堀を見てみたい。

  • 『川・三部作』を読み終えました。

    自分は誰に一番感情移入しただろう。誰の目線でストーリーを追ったのだろう。読み終えて直ぐはそんなことを考えました。

    喫茶店のマスター、マスターの息子、マスターの店で働く大学生。彼らを中心に、彼らに関わる人達、夜の道頓堀で生きる人達の人間模様に吸い込まれました。短編連作のよう。

    主人公を繋いでいたビリヤード。ビリヤードは打ち手が突いて初めて球が動きだし、球は他の球に当たってそれぞれの道を行く。白玉以外は自分で行く道を決められないだろうし、白玉もまた当たり所が悪ければ、思っていた道から外れてしまう。狭い台の中で玉同士がぶつかり、ポケットに落ちるように道頓堀から去っていく者もいる。

    道頓堀の世界と、ビリヤードの比喩が素晴らしいです。


    ただし、少し話しが長く、登場人物が多かったようにも思えました。『蛍川・泥の河』の後だけに余計そう感じたのかもしれません。

  • 泥臭く、暑苦しいほどの人間模様を描いた話。
    この登場人物たちは道頓堀川のイメージそのものだと思う。
    エネルギッシュで、雑多で、人間くさく、どこか悲しくて、暗く淀んでいる。
    しかし、その奥には強い生命力もかいま見える。

    物語の主人公は天涯孤独の青年、邦彦。
    彼は道頓堀添いの「リバー」という喫茶店で住み込みで働きながら大学に通っている。
    そして、その「リバー」のマスターは邦彦の友人の父親でもある。
    この物語は邦彦の現在とマスターの過去、その二つの物語が入れ替わり立ち替わりしながら進行する。
    そしてラストにスッと入っていく。

    卒業後の進路に悩む青年。
    過去に妻に家出され、その時の心の傷から息子を素直に愛せない男。
    未来へ向かう者と過去を引きずる者。
    最後にその二つが交差する。

    道頓堀という川の上を一日にどれだけの人が行き交うのか。
    その数えきれない人の出会いと別れ。
    その不思議さと悲しさを感じる話だった。

  • 前にも書いたような気もするけれど、宮本輝を読むときは、そのストーリー展開も面白いのだけれど、登場人物が思うことや決断すること、そして行動することをきっかけに自分だったらどうするだろうと考え、さらに生きるって何だろう、豊かな(経済的にという意味ではない)人生って何だろうと考えるられるのが好きだ。電車に揺られながら読んでいると、気づく文章から目を離して物思いにふける自分がいる。そして、またストーリーに戻ってしばらく読んで、そしてまた物思いに。だから時間がかかる。でもそれだから味わえる。自分事にして読める小説って、あるようであまりない気がする。うーむ、また読みたくなってきたぞ、宮本輝。ちょっとヘビロテしようかな。(
    ところで、道頓堀川の感想ゼロだけど、まっいっか)

全53件中 1 - 25件を表示

道頓堀川 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

道頓堀川 (新潮文庫)に関連するまとめ

道頓堀川 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

道頓堀川 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

道頓堀川 (新潮文庫)のAudible版

道頓堀川 (新潮文庫)の単行本

道頓堀川 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする