かけがえのないもの (新潮文庫)

  • 284人登録
  • 3.49評価
    • (9)
    • (28)
    • (38)
    • (6)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 養老孟司
  • 新潮社 (2008年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101308357

かけがえのないもの (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『バカの壁』がベストセラーになる前の著者の、講演の話をまとめたもの。
    かけがえのないものは、自然の一部としての人間ということを、自然と人工、心と身体と対比しながら、述べている。
    あとがきで面白いことを書いている。日本女性の寿命を延ばしたのは、後藤新平である、と。
    彼がまず東京から水道の塩素消毒を始め、それ以降、女性の寿命は延びっぱなしだとか。

  • 「手入れ」の思想。これが、案外深い。

  •  養老孟司先生の人生に対する考察。かけがえのないとは、「それが一つしかないということ」である。その点で、かけがえのない人生とは、予測できないまずやってみようとすることの連続である。まず、やってみよう。手帳に書いた予定は未来ではなく、数ヶ月前から行動を拘束することから、現在である。ミハエルエンデのモモのように意識化して未来を食い潰してはいけない。
     最も力をこめて書いたところは、「人は死んだらモノになる」という所かと思います。解剖をやっていることから、死んだ人と関わることが多いからか、モノだと思うような風潮や、記述に対して疑問を呈するような書き振りになっている。
    鎌倉の御成小に通った頃の、自然について書いた文章がある。自分が育った頃とはまた違う、都市化する前のすがた。人工的につくった「まち」は、かけがえのないものではない。子供は自然。大人は社会や都市という人工物。早く大人になることを否定している。世の中に合わせなくていい。オウムや創価学会を都市化した仏教とすることで、禅寺のもつ山、自然との共存との違いをコントラストで表現するところも面白い。
    自然と人工、心と身体、都市と田舎、コントラストで物事をみる思考は、養老先生の特徴であり、自分でいろいろ考えろやということのんだろう。

  • 「かけがえのないもの」とはつまり自然なのでした。
    養老先生のお話はどの本を読んでも同じことが書かれているのですが、そのブレのなさがいいといつも思います。
    ただこの本の構成は、ちょっと取り留めなく文章が並んでいる感じを与えます。編集の仕方の問題かな。せっかくのいいお話がもったいない印象を持ちました。

  • 「手入れの思想」「未来を食う現在」「ゴキブリは自然の象徴」あたりの話は流石です。

  • 「意識の外にあるものを認めない=都市化=バカの壁」と考えていいのかな。「壁(=意識)の外の世界を経験してみなさいよ」ってことだろうか。

  • 養老氏の講演会には行ったことがあるのだが、その時おっしゃっていたことと同じことが書いてあった。ずっと変わらず、同じスタンスで自分の考えを貫いていらっしゃるのだ。

    著者は、「現代人は人間が作ったもの以外をすべて排除しようとしている」と説く。自然のものが自分の生活に入り込んでくることに耐えられない。だから、常に時間に追われているし、(人間が作っただけの)会社を首になることを恐れる。ゴキブリを変なほど嫌うし、目的がないと動けない。それが著者の言葉で言うと、人間が作り上げたものをとことん信用して、自然は信用していないということになる。

    面白かったのは、私自身が、時にその人間が意識して作り上げたものに驚くほど感動してしまうことだった。空や星を見たり、雄大な自然にふれて感動することはもちろんある。その感動体験は人生に必須だろう。しかし、同時に、ここにあるものすべて人が作り上げたのだ、という事実に私は感動してしまうことがある。机も椅子も、ベッドも服も、道路も車も、絵画も建築も。ありとあらゆるこの世の法律や規則も。せかせか動いてシステムを作り上げ、どうやったら楽になるかと考えイノベーションを起こし、便利になり怠惰になった自分を作り上げた先祖を畏れもするし、敬いもするのだ。その感覚は著者にはないものであろうし、養老氏に言わせて見れば、私こそ「都市化」してしまった最たる人間ということになってしまうのだろう。

    そして、そういう皮肉が私は好きなのです。

    (20130714)

  • 講演などの寄せ集めだからか、全くまとまりがない本だと思う。一言でいえば手抜きです。
    どの主張も中途半端で意図がつかめないし、「だから何?」と言いたくなる部分が多い。話の前提や結論が無視されて進んでいく。無駄に話が重複してキレがない。著者の思想を細切れに刻んで、無味乾燥に並べ直したような印象を受けました。
    そもそも主張のまとめられない本に価値があるのか疑問です。

  • また、偏屈物のオヤジの書き物に魅了されてしまった。脳化=都市化などのキーワード、本当によく考えさせられる。うーん、養老爺さんの術中にはまってるな

全28件中 1 - 10件を表示

養老孟司の作品

かけがえのないもの (新潮文庫)はこんな本です

かけがえのないもの (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かけがえのないもの (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かけがえのないもの (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

かけがえのないもの (新潮文庫)の作品紹介

かけがえのないもの、それは人の手のはいっていないもの、すなわち自然、子ども、からだ…。予測のつかないそれらとの付合い方を、日本人は知っていたはずだ。結果を予測し、何事にも評価を追い求める生き方はつまらない。何が起きるか分からないからこそ、人生は面白い。自分で考え、まずやってみよう。養老先生が一番言いたかったことをまとめた、養老流人生論のエッセンス。

ツイートする