信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)

  • 277人登録
  • 3.56評価
    • (29)
    • (39)
    • (67)
    • (9)
    • (3)
  • 55レビュー
著者 : 宇月原晴明
  • 新潮社 (2002年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101309316

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歴史を土台にした幻想小説といった感じ。
    信長とローマ皇帝ヘリオガバルスの以外な繋がり。
    アンドロギュヌス、異端の王ヘリオガバルス、バール信仰、キリスト教により葬られた古代オリエントの神々、蝿の王バール・ゼブブ・・・。数多くの事柄が信長とヘリオガバルスを結びつける。
    そしてそれをナチ台頭期のベルリンでアルトーに語り始める謎の美青年。
    無理矢理とも言える展開と突飛な発想だが、ただの歴史小説ではない信長作品として楽しめた。
    先にアントナン・アルトーの「ヘリオガバルス または戴冠せるアナキスト」を読んでおくといいかもしれない。

  • こういうの、好きな人は好きなんだろうなあ。私には好きとか嫌いとかいうより何だかよく分からん・・・って感じだったけど。それでも読むのを止めようとは思わなかったから、そういうのはさすが大賞受賞作ってことなんだろうなあ。

  • アンドロギュヌス、異端の太陽王ヘリオガバルス、バール神殿、グノーシス、キリスト教の蔓延により葬り去られた古代オリエントの神々バフィメット、バール・ゼブブ(蝿の王)・・・ 書名が「信長」でなければ、澁澤龍彦の書かと思われる数々のガジェットに彩られた戦国絵巻。千三百年の時を越えて交わる異端の肖像。伝奇・反史は正史があってこそ怪しく輝くもの。司馬遼太郎の「国盗り物語」等、歴史小説を先に読むことを勧める。ヘリオガバルスは澁澤龍彦「異端の肖像」に詳しい。著者には豊臣秀吉をテーマにした「聚楽―太閤の錬金術」あり。

  • 信長受け好きにはたまらないです。両性具有で神々しく美しい信長。歴史書というよりオカルトファンタジー。光秀と秀吉が心底信長を愛している描写が堪りません。特にこの秀吉の信長への心酔猛愛ぶりは可愛すぎます。

  • 戦国関連の本の中でもかなり異端な本。いや、寧ろこの本の右に出る本あるのか?と
    思いました。読み終わった後はもう呆然とするしかなく…。
    この本では二つの物語が平行して書かれていて、片方は信長の話、
    もう片方(ある意味こっちがメイン)は二人の人物が互いに信長とアンドロギュヌスに
    ついて語り合っているという…良い表現方法が見つからないのですが、
    正直「読めば分かるよ」と一言ですませたいです。いや寧ろすまさせて下さい。
    戦国時代に起こった信長の話を、現代の二人の人物が解説しているといっても
    良いかもしれません。最後には予測もしていなかった終わりを迎えるのですが…。

    ともかく、私としては大変面白かったです。
    「上手く説明できないけど、面白かったから読むといいよ」といった感じです。
    …あれ?これレビュー?…今回はこれで良しとさせて頂きます。

  • 1930年、ベルリン滞在中のアントナン・アルトーの前に現れた日本人青年は、ローマ皇帝ヘリオガバルスと信長の意外なつながりを彼に説いた。ふたりはともに暗黒の太陽神の申し子である。そして口伝によれば、信長は両性具有であった、と…。ナチ台頭期のベルリンと戦国時代の日本を舞台に、伝承に語られた信長の謎が次々と解き明かされて行く。第11回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

    2009.7.23読了

  • 2008/08/27読了
    これはよいトンデモ本

  • 設定は非常に面白いんだけど、何せ難しい。舞台はナチス政権が成立する前のドイツと織田信長の時代を交互に移り変わる。詩人アントナン・アルトーが少年ローマ皇帝ヘリオガバルスと織田信長の共通性・両性具有にまつわる謎を解明していく展開。そしてそれが、二十世紀のヨーロッパにかかわってくる。んー、難しい。

    2008.8.15読了

  • 日本史×世界史。
    どっちか言うと世界史の人の方が楽しめるかもしれませんよ。
    一見荒唐無稽なのに、ユーラシア大陸の西端から東端までの文化圏やら歴史やら神話やらを総動員して信長の行動を裏付けているので、「そーかー、そりゃ腑に落ちる」なんて納得してしまうのです。
    設楽原合戦をメギドの丘とは言いえて妙。コルドバ陣形が眼前に広がる武田軍の絶望が目に浮かぶようです。信長様こわい。

  • ノブナガはフタナリだった!!
    おもくそSFだけど現実と美味く辻褄あわせてておもしろい。
    ただ神話とか全然くわしくないからワカメな部分も多く、充分には楽しめなかったのが残念。
    これストーリー的にも現代受けしそうだし漫画化したらヒットするかも。

全55件中 1 - 10件を表示

宇月原晴明の作品

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)に関連する談話室の質問

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)に関連するまとめ

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス (新潮文庫)の単行本

ツイートする