欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)

  • 368人登録
  • 2.99評価
    • (13)
    • (21)
    • (66)
    • (28)
    • (10)
  • 55レビュー
著者 : 小手鞠るい
  • 新潮社 (2007年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101309712

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み始めて、しまった…と思った。ヒリヒリするような恋愛の追体験をしているような。けれど、やめられない。他人から見ると、どうしてそんな関係を続けるの? と言われるような恋愛も、そのさなかにいるときは、きっとこんな気持ちなんだろうなぁと、生き生きと伝わってくるような筆致。
    激しく、強く、痛みさえ感じたあとの最終章で訪れる回想のとき。穏やかで、でもまだ痛みがあって。

    「すべてを手に入れてもなお不幸な人間がいるように、すべてを失ってもなお、幸福でいられる人間もいるのだ」「愛を知るためには、愛さなくてはならないのだ」

    この境地に至るまでの主人公の想いに、最後は静かにうなずかされてしまった気がする。
    嵐のあとのような読後感は、悪くない。

  • 文字が迫ってくる。次々と畳み掛けるような言葉はパッと映像が浮かぶようだった。

  • 初めて愛した”男らしい人”と
    今愛している”優しい人”との恋愛を淡々と赤裸々に、
    恥ずかしげもなく絞りだして遺した
    かもめという一人の女性の恋愛小説。

    ”男らしい人”を一途に愛して、待って、
    仕事すらもしないでただ傍にいてほしいと無謀に願うかもめ。
    その何年もあとで、
    ”優しい人”に希望を見出して、絶望を感じて、
    一週間の中で生死を繰り返していくかもめ。
    情念がすべての恋愛です。
    かもめが最後の選ぶ道と
    その道の入り口で感じるものとは?

    激しい。
    虚しい。
    その二言に尽きます。
    そしてちょっと腹が立ちました。
    それぐらい作者の小手毬さんが
    「プライドのない全裸の女性」を見事に描きすぎです。
    あたし好みのストーリーではありませんでしたが
    恋愛エキスを凝縮した物語に浸りたいなら是非どうぞ。

  • 愛するひとに対する、主人公の愚かともいえる一途な姿勢に、終始ヒリヒリとしながらも、「恋愛には、こういった抜き差しならない思いがセットである」ことを感じずにいられない。

    残念ながら私にはラストに光を見いだせなかったので、評価は星ひとつ。

    もしも年若い私が読んでいたなら、読後感は全く異なるものになっていたと思う。

  • 1ページ1ページ
    1行1行
    ひとことひとこと
    全部にえぐられた

    わたしを見た思いだ

    ただやみくもに目を背けて
    忘れようとしていた思いが
    蘇って辛い
    だけど、答えも見た気がする

    かもめのように
    不完全な死体にはなりたくない
    また誰かを愛したい

  • 他者と幸せな関係を結べない深い孤独を抱える人の恋愛の話。世界の端っこでポツンと一人取り残されつつ、自分の記憶と共に生きることで自らを救済し得た主人公だった。

  • ほしいのは、あなただけ。
    そのひとと一緒にいたいがために、そのひとの仕事まで憎む、狂気じみたそのおもい。

    共感することはできないかな。
    それでも一気に読めました。

  • う~ん、主人公になんだかイライラした。

  • 【本の内容】
    支配欲をむき出しに、ときに力で組み伏せる「男らしい人」と、家庭を持ちながらもひたむきに愛してくれる「優しい人」。

    ふたつの恋を思い返すときだけ、わたしはつかの間生者になれた。

    激しくのめり込み、やがて溺れる恋の欲望を、駆け抜ける文体で描き出し、圧倒的共感を得た注目の恋愛小説。

    自由よりも、後悔よりも、欲しいのは…。

    全選考委員が絶賛した、島清恋愛文学賞受賞作。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    『欲しいのは、あなただけ』はストレートに心の痛覚を責めてくる恋愛小説だ。

    市橋さんも「死のにおいを嗅ぎながら読んだ」という。

    サディスティックな「男らしい人」と妻子がありながら包みこむように尽くそうとする「優しい人」。

    二人の男性への恋慕に溺れ、どちらも破局した女性はこう独白する。

    「心逝くまで好きな人を思い、その思いを今も生きる。地の果てで、独りぼっちの不完全な死体として」

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 暗いタイプの恋愛小説。本人が幸せだったと思えるならそれでいいとは思うが。私には到底のめり込みたくない要素の恋愛で共感できなかった。ずっと一緒にいたいというが、もし実現したとしても長続きせんよ、何か壁があるから甘美になってるのでは?と思った。

全55件中 1 - 10件を表示

小手鞠るいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)の単行本

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする