河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)

  • 924人登録
  • 3.80評価
    • (109)
    • (98)
    • (154)
    • (11)
    • (2)
  • 84レビュー
著者 : 妹尾河童
  • 新潮社 (1983年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101311012

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20150430読了
    蔵書。泊まったホテルの部屋の間取り図を記録したものをまとめた本。もともとは個人の記録として書き溜め、帰国後強く勧められて出版に至ったらしく、あとがきでたいそう恥ずかしがっておられた。●こういうスタイルの旅行記はなかなかないから貴重。職業柄とはいえ、よく描けるなー。●行ったことのある町では、知ってるホテルがないかついつい探してしまう。ドイツが分断されている時代の話なので、ホテル事情も今よりだいぶ古いのだろう。●アムステルダムのトラムに郵便ポストが付いていた・・・?●ピェンロー(白菜鍋)が気になっている。「河童のスケッチブック」で紹介されて広まったという料理。

  • ヨーロッパの旅行記はユーロ統一前の方が各地の特色も出ていて楽しい気がする。

    ホテルの紹介がメインで、もっと他にもいろいろ書いてほしかったような・・・
    でも他のいろいろってなんだろ。

  • 河童さんがヨーロッパで見たものがイラストと自筆で描かれていて絵本のように楽しめる本。<br><br>それにしてもその観察眼のキメ細かさとそこからの分析の奥深さは ご本人はさりげなく書いているけど深い余韻があったりする。各国の鉄道員の制服比較なんかは半ばオタクの領域ながらも なるほどー、と楽しい。

  • 少年おじさん河童さんの覗いたシリーズの一番初め。インドなどよりは絵も字も大雑把な感じ。それでも充分面白いけど。 ホテルのビデで果物を冷やす河童さん、最高です。

  • 新書文庫

  • すべて手書きです。すごい。
    ところで かっぱ と よーろっぱ でダジャレなのかな?

  • とにかく絵も文章も、細くて脱帽。通貨がユーロ前の話で、そこがまた各国の多様感を出していて面白い。今では特に都市部ではどこの国も一様になっているんだろうが、根底を流れる習慣や性質みたいなものはこの本で紹介されている感じなんだろうなと思うと、これから行く国の予習になりそうだと思う。

  • 〈メモ〉河童が覗いたシリーズ1作目ということで、始めから出版向けに書かれた他作よりも '河童さん自身' を覗いている感じ。河童さんの本当のスケッチブックは、こんな感じなんだろうな (他作より絵や字が粗い)。
    全編に渡ってほとんどがホテルの間取りなので少し飽きるが、車掌さんとのやりとりや窓の大きさの違いからの考察等、河童さん独特の洞察力が光っていて面白い。

  • インドに比べると、熱量が低い。

  • 「河童が覗いた」シリーズ第1作。
    ずーっと本棚にあるので、もう何年前に買ったのかさえ思い出せない。
    絵の上手さは言わずもがなですが、その緻密さと言ったら…。


    “1年間をかけてヨーロッパ22ヵ国を、主目的の演劇関係は勿論、街角、ホテルの部屋、国際列車の車掌氏、家々の窓に至るまでを描きまくった、覗きの河童の原点。旺盛な好奇心と優しい眼で描いた「手描き」ヨーロッパ。再刊。”
    -あらすじより。


    俯瞰で描かれた各国のホテルの間取図は秀逸。見てるだけで、ヨーロッパを旅してる気分に。

    電車での長旅とかに持って行きたい一冊です。

全84件中 1 - 10件を表示

妹尾河童の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
レイチェル カー...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)はこんな本です

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)の単行本

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)の-

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)の文庫

ツイートする