河童が覗いたニッポン (新潮文庫)

  • 344人登録
  • 3.58評価
    • (23)
    • (23)
    • (67)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 妹尾河童
  • 新潮社 (1984年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101311029

河童が覗いたニッポン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「河童が覗いた」シリ−ズ第2作。今回は最初から出版を意図された凝った作り。前作の倍以上字が小さくまた細かくなり、恐ろしく読むのに時間がかかります(泣)。内容は京都の地下鉄工事、北海道の集治監、入墨と刺青など、河童さん独自の観察眼(「見慣れているから見落としたもの」、「近付けないから見ることができなかったもの」)が際立っています。

    ルーペを覗きながら描いたという見開きの皇居全図は、圧倒的かつ変態的にすごいです。

  • 河童さんのことが大好きになったので、読んでみた。ここでも少年おじさんの河童さんは、皇居や刑務所など普通のひとが覗けないようなところも好奇心全開で不審者扱いされながらもスケッチ。刺青のところも面白かった。昔は罪人は、額に入れ墨を彫られていて、一回目だと「一」二回目だと「大」の右の払いがないやつ。三回目だと「犬」と彫られてしまうと書かれていて、間抜けすぎて笑った。

  • (かな子さん)

  • なかなか覗けないような場所を、河童さんが丁寧な説明と、緻密なスケッチ入りでレポートしてくれている。
    今でこそ、裁判傍聴なんかは一種のブームみたいに素人が出入りしてレポートやらイラストエッセイやら描いているが、この当時(昭和50年代)はそういう雰囲気ではなかったと思う。
    つくづく先駆的な方だし、仕事も丁寧で細かい。
    「刺青と彫物」が特に興味深かった。

  • 【日本縦断参考本】

  • 相変わらず細かいスケッチが素晴らしい!
    じっと見ていると目が疲れますが…
    特におもしろかったのは「集治監」「皇居」
    「他の人と興味を持つところが違う」ということで皇居警備の人に何度も捕まる河童さんが面白かったw
    しかも上から見たいからとヘリまで飛ばすとは!
    好奇心の固まりが服着て歩いているという言葉は、この人の為の言葉
    インドに比べて河童さん個人の思想記述が多め

    2012/10/05-06

  • インド編、ヨーロッパ編と読んだから日本編もトライ。
    かなり思想的な記述が多くて、ちょっとどうかな…という感じでした。
    30年以上前のものなので、今の基準でどうこう言うつもりはないけどね。
    当時、その時代の空気を感じながら読めれば良かったんだけど…。

  • 河童さんの作品はほぼ全部読んだ。
    この俯瞰図が好き。

    日本の知らないところがたくさん書いてあって面白かった。

  • 入墨と彫り物、刑務所の話題に関して、特に興味深かった。

  • 妹尾河童の、丁寧な手書きの文庫。
    緻密で、興味深いものばかり。

全17件中 1 - 10件を表示

妹尾河童の作品

河童が覗いたニッポン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

河童が覗いたニッポン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする