少年H〈上巻〉 (新潮文庫)

  • 394人登録
  • 3.57評価
    • (29)
    • (48)
    • (81)
    • (5)
    • (3)
  • 40レビュー
著者 : 妹尾河童
  • 新潮社 (2000年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (479ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101311067

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・・・とおもった。

  • 2016/04/24BookOff購入
    2016/05/15

  • 74
    戦争前後の神戸の街と人の暮らしを子供の目線で記述していく。
    戦争に入るに従い、生活は縛られ、特にキリスト教を信仰し、外国人との取引も多かったHの家には幾多の困難が待ち受けるも、逞しく生きる人たちがそこにいる。

  • テレビで映画が放送されてたので見た。水谷豊が出てるやつね。
    今感想書いてる時ににあえて商品に新潮文庫版を選んだのはこの表紙のイメージがめちゃくちゃ強かったから。少年Hというと俺の中ではこの表紙のイメージ。
    感想は映画版なのでカテゴリは映画。

    言わずと知れた作品で、妹尾肇少年とその家族を中心とした視点で戦時中を生きるお話。
    神戸を舞台に洋服店を営む妹尾家はクリスチャンで、外国人との交流もあるおかげで国際感覚がある。映画を見る限り水谷豊演じるお父さんは当時の戦争に対して非常にまともなことを言っていて、日本が劣勢になるであろうことや新聞が本当のことを言っていないであろうこと、自分たちが生き抜くためには宗教に関わらず町の人に協力しなきゃいけないことなんかを的確に理解している。
    だからそこそこ上手く立ちまわれて、家族も辛かっただろうが不幸はあまり描かれていない。だいたいトラブル起こすのは妹尾少年の余計な一言である…と。

    文庫本を読んだのは確か小学校の最後あたりか中学入りたての頃だったと思うんだけど、赤盤の兄ちゃんやおとこ姉ちゃんなんかの話はツライものがあるものの、家族は皆無事でいれたことで特に悲しい物語の印象はなかったかな。
    読みやすいし時間があれば一読するもよし、映画をみるもよしだと思った。

  • 子供の目から見た戦争。
    理不尽な事だらけです。
    純粋で正直だからこそ見える矛盾が心を打ちます。
    楽天的な子供の目線で書かれていて読みやすいけれども内容的には重い小説です。

  • 昭和戦前から戦後のH少年の体験記ってかんじでしょうか。
    いろいろと批判があるようですが、フィクション(小説)と考えるならばとてもおもしろい作品だと思いました。
    小説の中のHは生き生きして昭和という時代の少年像を映し出しているようで私は好きでした。
    (上・下読破)

  • いつもは素晴らし絵のついた旅行記で見せてくれるかっぱさん。
    話題になっていたのは知っていたけれど、なんとなく敬遠していたけど、借りてみたら、やっぱり造り物より実際に体験した方の戦争のお話しはすごいと思った。
    辛かっただろうに、どこか胃がいたくなるような書き方はせず、読みやすい。
    私たちみたいに、戦争を体験していない世代は、是非読むべき一冊だと思う。

    妹尾さんは、幕の内かなんかで、その自由奔放ぶりにショックをうけたんだけど、その臨機応変ぶりの基本を見た気がした。

    神戸在住の方は読んで、真に迫るものがあると思う。

    確かに、彼の母親にはイライラする時がある。
    私も結構きれいごとを言いがちなので、気をつけなければならないと思った。
    父親は賢いヒトである。
    それに当時の大人の戦争中は正直に言えなかったけどという本音や、戦争中と後の態度がころっと変わるヒトの存在など、リアル感がすごいと思った。

    上巻での父親の生田川埋立の自然に対する人間の暴挙に対してのコメントのシーンは、わたしには印象的。
    下巻では、母親にいら立つ少年Hにわかめのようにしなやかに生きろとアドバイスをする友達も、今の戦争を体験していない同世代ができるアドバイスではないと思った。

    また、戦後に看板屋で文字の修行をしたというのが興味深かった。
    それに、オペラの舞台芸術家のデビューのきっかけとなる藤原さんのアリアとであったのも戦争中であったとか。
    神戸出身者とかっぱさんファンで他の本も読んでいる人には、楽しめる伏線が効いている。
    元から、かっぱさんの文字は読みやすいと思っていたので、スティーブ
    ジョブスの講演の「点が線になる」、おそらく無駄な体験は何もないの一例であると思った。
    私も、辛い時でも頑張りたいと思った。

  • Hは昭和5年生まれ、まさに戦争中に子供時代を過ごした。戦争中の日本の庶民の暮らし方がよく分かる・・・

  • 映画化されるということで買ってみた。けっして悪くはないが、良くも悪くも小学生の作文レベル。そういう設定と言ってしまえばそのとおりなのだが、小説としての深みはない。戦争のことを斜に構えてみている少年Hには違和感。戦争が終わった今だからこそ、そんなセリフがはけるのだ!本当に当時そんなことを考えていたのか!、と突っ込みたくなった。それでも小学生だからこその戦争の受け止め方があって、それはそれで新鮮に思えた。下巻は買わなくてもいいかな。

  • 2013/09/11
    from K.F.

全40件中 1 - 10件を表示

妹尾河童の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)のKindle版

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)の新書

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)の新書

ツイートする