サクリファイス (新潮文庫)

  • 4649人登録
  • 4.27評価
    • (986)
    • (963)
    • (296)
    • (36)
    • (2)
  • 814レビュー
著者 : 近藤史恵
  • 新潮社 (2010年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101312613

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

サクリファイス (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • フォローさせていただいている方のレビューを読んで手に取った一冊。

    中学校から10年ちょっと、いろんな国にPenpalがいた。
    なかでも一番仲が良かった同い年のフランス人の女の子がツール・ド・フランスが大好きで、そこからわたしも興味を持ったのが自転車ロードレースとの出会い。
    とはいえ、日本ではなかなか自転車ロードレースを見る機会はなく、ツール・ド・フランスでさえハイライトを放送してくれるかどうかの時代。
    わたしの知識は彼女の手紙に書かれているハイテンションな観戦の感想と選手の情報だけ。
    当時は個人競技だと思っていたくらいだ(汗)

    今はとりあえず、団体競技でありチームのエースを勝たせるために他の選手がカベや駒になる、ということは知っている。
    でも、どうしても「アシスト」システムについては、納得できないというか、いつまでたっても釈然としなかった。
    頭ではわかっていてもいざ勝負の場になったら、体が勝ちにいこうと動くものなんじゃないの?
    勝負の世界の人がそんなにものわかりよくなれるものなの?と。
    この作品を読んで、そのあたりが少しは納得できた気がする。

    主人公・白石はオリンピックを狙えるほどの陸上選手でありながら自分が勝つことに重さを感じ、エースを勝たせるためのアシストというシステムのある自転車競技に興味を持ち、転身。
    力があるのにアシストに廻る白石に、普段もどかしさを感じている同期で次期エース候補の伊庭。
    エース体質の伊庭が、白石のために「自由な気分になれるんだろ。試してみる」とアシスト役をする場面など、スポーツもののさわやかさがあり好印象。
    が、ミステリ部分は当然さわやかというわけにはいかず、後半の悲劇を起こす。

    作中、自分の身を投げ出すうさぎのお話が出てくるけれど、わたしはこのお話があまり好きではない。
    うさぎの行為は尊いのかもしれないけれど、悲しすぎるので。
    だからうさぎにも「彼」にも他の選択をしてほしかったと思う。

    終わり近くのベテランアシスト赤城が語るエース石尾に対する思いや、石尾のレースに対する姿勢。
    石尾の、周りによく眼を配り、よく考え、他者の夢まで含む重い勝利を背負い立つ強さに泣けた。

    「一人で走っているんじゃない。非情にアシストを使い捨て、彼らの思いや勝利への夢を喰らいながら、俺たちは走っているんだ。」

    そう言ったエース石尾の、
    見えないアシストと、――究極のサクリファイス。

  • 単行本を図書館で借りて(シリーズ全巻)読み、中古本を購入してゆっくりと再読。ミステリーが苦手なのとロードレースのルールも、弱ペダだ齧ったたけで読んだので、二度目の今回はミステリーの方に重点をおいて読んでみました。(一度目はストーリーやルールだけで精一杯で読了した)


    今日やっと石尾さんのとった行動の意味を理解できた。チカに落ちた雷が私にも落ちた。(一度読んで理解できずに、すんません…と近藤さんに謝る)本当にミステリー苦手なんです。。。


    二重三重…無限に重なったサクリファイス(犠牲)の意味を知った。全巻タイトルがすごいなぁ…。内容もすごいんだけど…、鳥肌がぞぞぞぞ…と立った。改めて感動しました。エデンも買ってゆっくり読みたい♪

    香乃は傷をなめ合うような形の結婚でしあわせになれるんだろうか…。

  •  近藤史恵さんは自転車ロードレースを素材としたサクリファイス、サヴァイブ、エデン、キアズマの4部を書かれています。自転車乗りとして以前から気になっていたのですが、これまでなかなか読む機会がありませんでした。サクリファイス(犠牲)、標題から意味するものは何か。主人公のアシストとしての人生か、はたまた……。最後の結末はロードレースをめぐるミステリー。

     自分は一人気ままに長距離を走るツーリングが趣味でしたが、ここ数年郊外をかっこよく走るローディー達の姿を見るとことが多くなりました。自転車に家財道具を積んで北海道を走り回る、なんてスタイルははやらないのかもしれませんね。

     ロードレースの駆け引きは大変面白く、交代でトップを引いていく姿は初めて見ると、くるくると入れ替わり何あれ?なんで別チームのメンバー同士が協調するの?とか疑問は多数です。

     ゴール前のスプリントの勢い、自転車が大きくふれながら、でもぶつからず(時に肩で押しのけていますが)、なだれ込んでくるシーンは圧巻。コース脇で見ていても、通過する自転車はチェーンラインの音と、一瞬の風を残して通り過ぎていきます。

     随所に自転車の楽しさが溢れています。クロモリフレームの美しさ、なんて書かれた日には、うんうんと頷いて、自分の古いクロモリツーリング車を磨きたくなります。

     でも坂道を前にアウター/トップに入れて踏み込むなんてできません。年寄のツーリングは、坂を見たら、素直にインナー/ローで負荷を軽くしてカメのように登っていきます(smile)。ロードバイクが楽しくなる一冊でした。

  • 近藤史恵さんの本は4冊目です。
    これまで読んだ「タルト・タタンの夢」「ヴァン・ショーをあなたに」「ふたつ目の月」で近藤史恵さんのファンになりました。
    が・・・
    「サクリファイス」はロードレースがテーマだと知り、尻込みしていました。
    全く知らない世界。
    そして全く興味のない世界。
    好きな作家さんの本だとしてもその世界に入り込めるだろうか・・・
    それでも手を出さずにはいられない何かを感じつつ読み始めたら・・・
    どっぷりはまっていました(笑)
    もうすこしで「食わず嫌い」ならぬ「読まず嫌い」に陥る所でした。
    摩訶不思議なルールとナイト精神が混在するロードレースの世界。
    そこにあるミステリー。
    面白かった!
    とくに後半はぐんぐんスピードを上げてひきつけられていきました。
    続編の「エデン」もぜひ読んでみたいと思っています。

  • 数年前から自転車に興味がある。自転車といっても、自転車ロードレースだ。その自転車ロードレースの話とあって、読みたいと思っていたこの本にようやく手をつけることができた。
    大雑把に言えば、プロのチームがレースに挑む話。淡々とレースシーンが続くが決して緩くなく、臨場感がありレースを体感しているような興奮に包まれる。またそれだけではなく、この話の魅力は人間関係だろう。この話の中で、真のロードレーサーに出会えた気がして感動した。
    やはり、自転車を少しかじっていた方が用語や状況がよく分かり、すっと自分の中に入ってくる気がする。少なくとも私はすぐに理解できた。これから知識なしで読む方には、先に少し自転車について調べてからの方がより楽しめるよとお薦めしたい。

  • なかなか面白かった。実は青春スポーツ小説かと思って読み始めたのですが、後半からミステリー色を帯び始め、あれ、これはミステリーだったのかと・・・。(笑)
    自転車ロードレースの世界など知るよしもありませんでしたが、この小説を通して、こんな面白そうな世界もあったのかと知りました。ただのスプリントでないところがまたいいですね。
    自分みたいな素人に対して、そうした空気を実によく伝えていると思われ、その躍動感と疾走感がとても爽快でした。その短い文章のフレーズで駆け抜けていった感じがします。
    ミステリー的な所もこれはこれでいいのですが、むしろこのままロードレースの人間模様一本でいっても良かったような気もします。ミステリー調となったことで(?)、あの最後はあり得んだろうとか(純粋ミステリーの最後ならまあいいかなと)、香乃の存在が魔性的にもかかわらず少し弱いとか(笑)、またあの爽やかな疾走感も後半別な空気となってしまって、自分としては少し残念だったような気がします。レースがネタにもかかわらず最後のアレが無いのも残念な気がしました。
    まあ、ですが気晴らしに読むにはサイコーな娯楽小説だと思います。本題は3重くらいの意味が込められていますかね?

  • 面白かった。さくさく読みました。
    サイクルロードレースが、団体競技だったとは…(@_@)
    エースとアシスト。アシストの『犠牲』の上に成り立つエースの成績。目からうろこでした。

    大好きなサッカーに当てはめても、エースストライカーよりアシストする選手が好きな私は、主人公の誓くんが好きです。そして香乃は本当に男を見る目がないし、デリカシーに欠けると思うなぁ(`ε´)

  • 何ともすごい作品。
    初めの1ページがそんなシーンに繋がってたなんて。
    ストーリーセラーで読んだ作品が好きで、手にとった本書。
    石尾のイメージが崩れて行くようだったけど、最終的にはとんでもないやつだった。
    葬式でも泣けなかった彼が、決め手となったステージを聞き、走馬灯のような記憶が流れるところではシンクロしまくりだった。
    一転二転三転、現実は複雑に入り組んでて新たな情報でそれまでの真実はひっくり返る。
    誰かの希望は誰かに託されて続く。
    エデンも楽しみ。

  • 面白かったです。一気読みでした。

    昔ツール・ド・フランスを見てた時期があったので(ミゲル・インドゥラインの頃です。山岳王キアプッチがお気に入りでした。ドーピングにより7度の優勝が取り消しになったランス・アームストロングの頃は見ていませんでした。)、特に前半はかなり引き込まれました。

    だいたいのルールは分かっていたのですが、この本を読んで新たに知ったことも多く、久しぶりにツール・ド・フランスを見てみたくなりました。

    恋人のトラウマのせいか優勝よりアシストの方に喜びを感じる主人公の設定が面白かったです。結末は悲しすぎました。

  • 太陽と風とスピードとスリルに夢中になった。

    5年ぶりくらいに再読。
    初読のイメージがあいまいだった。しかし私の記憶の中でどこかひっかかるので、久しぶりに手に取った。
    あの頃、いかに適当に読んでいたことか。

    ページをめくると風を感じる。私のようにロードレースの世界に無知なものが、その世界の楽しさや興奮を知ることができる。自転車競技のルールはもちろんのこと、レースの駆け引き、ヨーロッパ発祥のスポーツゆえの精神まで理解できる。そして、魅力的な登場人物たち。スリリングな物語。どんでん返しの結末。

    一流のミステリかつ青春小説です。
    苦い味わいだけれど、心の中には、峠を超える風が吹き渡る。

  • サイクルロードレースは全く知らない世界で読むのを躊躇していたが読み終わるまで一気読み。
    知らない世界の話なのに難しいと思うことなくすんなりとのめりこめました。

  • 流れるように読んだけれど、ぜひもう一回じっくり読みたい。

    あとがきにも他の人のレビューを見ても同じことが書いてあるけれど、自転車競技に関して全くの無知でも臨場感を目一杯感じることができる。

    自転車競技のみならず、人はいかなる時でも何かに支えられて立っていて本当に自分ひとりの力で立っている人はいないに等しいと思う。
    その何かが誰かの犠牲であるという可能性も十分にあって、じゃあそんな時、支えてもらっている人間はどうすればいいのか。。。
    とてもじゃないけど、そんなすぐには石尾さんのような人間にはなれないと思いながらも憧れずにはいられなかった。

  • 期待の陸上選手から日本のプロのロードレースチームに転向した白石誓は、先頭を走るよりチームでアシスト役にまわり、“エース”を勝たせることへ喜びを感じていた。自転車ロードレース『サクリファイス』シリーズ第1作。

    テレビで時折放映されているツール・ド・フランスは食い入るように見てしまう性分でしたが、ルールはよく分かっていませんでした。本作を読み進めていく中で、自転車ロードレースという競技の概要を知れること。そしてストーリーとしても重厚で、登場人物の心理描写が精緻に描かれ、心に残る作品のひとつとなりました。
    選手個人としての能力や方向性、チームとの連携、ライバルとの駆け引き…長時間長距離にわたるレースの中、緩急をつけてレースの波を引き寄せるように、ストーリー自体も「静」と「動」が入り乱れ緊張感のある展開が続きます。
    サスペンスとして手に取るとやや拍子抜けするかもしれません。しかし、ラストにかけてある真実が明らかになると、やり切れない気持ちと「サクリファイス」というタイトルの意味がずっしりと肩にのしかかります。

    ~memo~
    サクリファイス…生け贄、犠牲

  • 陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに
    所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。
    物語も気持ち良い疾走感があって、一気読み。勝負・駆け引きと、サスペンス。面白かったです(^▽^)

  • 正直言って自転車は苦手だ。運転するのも狭い道を走ったりスピードを出すのは怖いし、歩いていて自転車に出くわすとうまく避けられない。(何度かぶつかったことがあって怖いからだと思う)

    そんな自転車音痴な私だが、この本を読んで俄然ロードレースを観戦してみたくなった。

    少し青臭い感じのする文章が主人公に合っていた。
    ミステリ部分ももちろん面白かったけど、何よりレースに興味がわいて興奮した。変わったスポーツだ。

    解説も面白くて、びっくりした。

    この本はブクログで知ったので、ブクログに感謝です。

  • 先に外伝を読み、その二人に大層惹かれて読んだので、色んな意味で衝撃を受けました…。うぅぅ…。
    でも、やっぱり面白かった!個人的には、ミステリ要素は無くても良かったんじゃないかと思うけど、それにより、ロードレースの奥深さや真のアシストが感じられたことも確か。ただ、スッキリ爽やかに読みたかったー!とも思ってしまうんだー。
    モヤモヤ感をまた味わったら嫌だなぁ…ミステリだしやっぱり死人出るの…?とおびえながらも、続編をすぐ読みたくなってしまっている。

  • 『サクリファイス』なんと正しい題名なのだろうか。
    自転車のロードレースには学生の頃に夜中にTVで「ツール・ド・フランス』を見て以来、少しだけ興味があった、少しだけ。その後、『サマー/タイム/トラベラー』に登場したり『Over Drive』をアニメで観たり『セカンドウィンド』を読んだりして要所要所でこの競技に出会ってきた。縁があるんだろうか。
    そして、そうやって出会ってきた自転車競技が青春モノとして描かれていた為にこの作品にも同じようなものを求めていたが綺麗に裏切られた。勿論、青春小説の括りに入れて充分よい作品なのだが、やはり優れたミステリィとして評価するのがよいのではないか。ミステリィ小説には「どんでん返し」とか「二転三転」とかが存在するが、まさにその通りである。興奮した。
    そして偽善であろうとなかろうと「犠牲」の意味を強く考えさせられる作品であった。

  • 過酷な競技に挑む男たちがいる。
    自転車ロードレース。日本では知名度が低いマイナー競技。
    元陸上選手で18歳でレーサーに転向した白石誓ことチカはチーム・オッジに所属する新人選手。
    白石は自分の役割はアシストにこそあると自負している。
    同期で天才肌のスプリンター・伊庭、チームを牽引するベテランエース・石尾。
    それら実力ある選手を補佐し上位に食い込ませるアシストが白石の仕事。

    噛ませ犬。
    捨て駒。
    踏み台。

    が、白石は卑下しない。
    一定の実力をもちながら自分の本質はエースを助けチームを支えるアシストにこそあると割り切り、誇りを持つ。
    これは自転車に命を賭けた男たちの物語である。
    仲間の為に身を捧げ尽くす行為を外側から偽善と嘲るのは簡単だが、選手はそれを承知の上で悲壮な覚悟を決め、葛藤や苦悩を克服し、夢を託したエースを最前線に送り出す。
    エースは無名の犠牲の上に成る勝利を義務として課され、ある者はチームに貢献し献身する行為に喜びを見い出す。
    それらの対比が鮮やかに浮き彫りにする持てるものと持たざるものの優劣。
    個人の勝利と引き換えてまでも尽くす価値と意義を信じればこそ白石は走り続ける。
    そして悲劇がおこる。

    風が頬打つ疾走感あふれるリアルなレース描写、抜きつ抜かれつの競り合いは静かに熱く、チカとシンクロし手に汗握ってしまうこと請け合い。
    スポーツ小説としても充実の読み応えでしたが、終盤に仕掛けられたどんでん返しの連続も憎い。 
    巧みなミスリードによって「彼はこういう人はなんだ」とすりこまれた先入観があざやかにひっくり返され、思いもよらぬ真相が浮かび上がってくる瞬間は感動もの。
    天才と凡人、主役と脇役、勝者と敗者。
    そんな短絡な二極論では語りきれない世界がある。
    己が信じたもののため身を賭して走り続けるストイックかつ情熱的な姿は孤高が人の形をとったようで、終盤明らかになる「彼」の究極の決断には衝撃を受けた。
     
    サクリファイス [sacrifice]
    犠牲。供犠(くぎ)。
     
    勝負の神は残酷で代償なくしての勝利などありえない。
    才能あるものは世に出る義務がある。
    望まれて世に出たものはサクリファイスの遺志を継ぐ使命を帯びる。
     
    最後近くの数ページ、逝ってしまった人間が背負ったものの重みと託したものの尊さに胸が熱くなった。 

  • 自転車のこと全然知らなかったので、面白かった!この人の作品もっと読んでみようと思う。

  •  ロードレースというと一般には馴染みの薄い競技だが、読むうえで支障がないよう、作中でさりげなく解説してくれている。題名にもあるよう、このスポーツは「サクリファイス(犠牲)」の上で成り立っている。エースのために自ら犠牲になる、それがアシスト。こんな役割を命じられれば不満で腐りそうなのだが、意に介するどころか喜んで役割を全うする主人公。爽やかな笑顔が目に浮かぶようで、自分にはまぶしすぎる。
     作品自体は短い。駆け抜けるように読み終わってしまったが、こんな世界で勝負している人たちがいるということを知られて良かった。

  • 簡単なあらすじ

    1.ロードレースチームの若手が
    2.だんだん頭角を現してきたら
    3.周りからリーダーに潰れるから気をつけろと言われた
    4.若手はそうは思えなかったが
    5.大変なことになった

    4と5は本筋だから言えないのです。

    さて、ロードレースはよく知りませんでしたが、個人競技かと思いきや、チームで一丸となり、エース1人を勝たせるために他の皆でサポートするらしいです。完全に個人競技だと思っていたので勉強になりました。
    新旧世代交代と個人の意地、葛藤とあきらめ、色々な要素が含まれたとても良い本でした。
    他の誰かをサポートするよろこび、自分が主役になれなくてもその為のジャンプ台として仕事を全う出来た満足感。自分では主役に慣れない悔しさ、妬み。感情は一方向ではないですね。日によっても朝晩でも違いますしね。

    そんな中で大事件が勃発しますが、最後の方だけミステリーっぽくなります。ミステリー要素入れなくても充分面白かったと思います。

  • 前々から気になっていたもののロードレースの世界を全く知らないので敬遠していたが、「弱虫ペダル」の影響でようやく手に取った。もっと早く読んでおけば良かった!スポーツの世界とミステリがこんなにも上手く融合するなんて。サクリファイス=犠牲の意味が明らかになった時、心が震えた。

  • スポーツものはそのスポーツを知らないとなかなか手が出しにくいと思い敬遠していました。まったく知らないロードレースの世界だったけど、楽しめました。最近自転車(ロードレース用)に乗っている人をよく見る、自分の知っている人でも乗り始めた人がいたり、ちょっとしたブームなのかもしれません。過酷なレース、駆け引き、アシストという自分を犠牲にしてエースを勝たせる存在等、知らないことばかりでしたが、読みやすく素直にこの世界に入っていけました。主人公の恋愛話は余計な気もしますが、最後に石尾のした行動が最高のアシストだったのかもしれません。

  • サムライの覚悟をみた。

  • 記録は個人だが出場は団体というサイクルロードレースを舞台に、青春と恋愛とサスペンスを盛り込みながらもごちゃ混ぜ感がないのは、余計なものをすっきりとそぎ落とした文体とスピーディな展開のおかげかな。ロードレースを知らなくても読めば理解できる親切さも嬉しい。そしてまた最初から読み返したくもなる。

全814件中 1 - 25件を表示

サクリファイス (新潮文庫)に関連する談話室の質問

サクリファイス (新潮文庫)に関連するまとめ

サクリファイス (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サクリファイス (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サクリファイス (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

サクリファイス (新潮文庫)の作品紹介

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと-。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。かつての恋人との再会、胸に刻印された死。青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた!大藪春彦賞受賞作。

サクリファイス (新潮文庫)のKindle版

サクリファイス (新潮文庫)の単行本

ツイートする