形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)

  • 40人登録
  • 3.60評価
    • (5)
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 西村賢太
  • 新潮社 (2015年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101312873

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  9冊目。文庫化しているものに関して粗方読んできたが、それを踏まえた上で、丸くなった印象を受けた。20年以上没交渉になっていた母から手紙が届く『感傷凌轢』のセンチメンタルはまさにそれで、あぁ、こういうのも書くんだなぁという感じ。さすがに実母にまで悪態尽くしにしてしまっては読み心地が悪過ぎてしまうからだろうか、あるいは著者が持つ子心か。

     ただ、作風に慣れたためか、最初に同著者の小説を読んだ時の衝撃はなくなった。6篇のうち3篇は芥川賞受賞後の貫多を描いた作品であり、従前の爆発的な憤怒や雁字搦めにねじ曲がった感情はややトーンダウンしているように思える。

     より破壊的、というか破戒的な小説が読みたいと望んでしまうのは、贅沢な悩みだろうか?

  • まあ、いつもの内容だけれども。
    「黙れ、経血!」

    形影相弔
    青痣
    膣の復讐
    感傷凌轢
    跼蹐の門
    歪んだ忌日
    ポストモダンの時空に舞う貫多 富岡幸一郎

  • 文庫になってるのは大体全部読んだけど、飽きてきたなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

西村賢太の作品

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)の作品紹介

僅かに虚名が上がり、アブク銭は得たものの内実が伴わぬ北町貫多は虚無の中にいた。折から、藤澤淸造の自筆原稿が古書の大市で出品された。百四十一枚の入札額を思案するうち、ある実感が天啓の如く湧き起こる(「形影相弔」)。二十数年振りに届いた母親からの手紙に、貫多の想念は激しく乱されるが……(「感傷凌轢」)。孤独な魂の咆哮を映し出す私小説の傑作六編。『歪んだ忌日』改題。

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)はこんな本です

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする