春のオルガン (新潮文庫)

  • 972人登録
  • 3.37評価
    • (41)
    • (118)
    • (242)
    • (23)
    • (8)
  • 150レビュー
著者 : 湯本香樹実
  • 新潮社 (2008年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101315133

春のオルガン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あの春、おばさんと、テツと、猫たちと、私。それだけが、世界のすべてだった。

    春というと楽しいだけでなく、新しい環境での生活が始まり心が不安定になる時期でもある。誰だって悶々として怪物が夢に出てくるかもしれない。
    そんな時怪物に飲み込まれないように誰かがそばにいてくれるといいな。トモミにとってのおばさんやテツや猫たちやおじいちゃん、そして私にとっての母のような誰かが。人生どうしようもない事もたくさんあるけど勇気をもって乗り越えていこうと思えた作品。

  • 思春期。子どもから大人に変わる途中の不安定な感じがよく出ている。

    喧嘩ばかりしている両親、ガラクタ修理にとりつかれている祖父、隣家の不愉快なじいさん。隣家のじいさんに嫌がらせするため、トモミと弟のテツは猫の死骸を探し回るうち、野良猫たちの溜まり場でエサやりをしているおばさんに出会う。

    お話がこんがらがると言うか、あれ?これは夢?現実?と境目がよく分からなくなる感じが独特。
    浅野いにおさんの「おやすみプンプン」を読んだ感覚と似ているなぁ。梨木香歩さんの「エンジェルエンジェル」も連想した。

    「死」とか「正しさ」について子ども目線から描いた作品。トモミの祖父の話がズシンときた。

  • 「夏の庭」や「ポプラの秋」が良かったので読んでみました。
    ...が、自分が未熟なせいか、よくわからなかった。何でだろ。
    いろんな要素があり過ぎた?
    とても感想を述べにくいです。

  • 小学校を卒業したばかりの私。ご近所のトラブルから始まって、捨て猫とその世話をするおばさんに出逢う。すれ違っていた家族や宙ぶらりんな自分に思い悩む少女とその弟を切ないほどにリアルに描く。
    あらすじがうまく説明できません…(;´∀`)夏の庭、ポプラの秋に続いて読みました。子供の心情のリアルな描写、魅力的なおばあさん(本作ではおばさん)、死を通してのメッセージは通じるものがあると思います。後半は何度か涙しながら読みました。

  • 大人でもない、子どもでもない、そういった女の子のもやもや感がうまく描かれていると思います。
    もやもやしたことの答えが見つかるわけではなく、もやもやしたことをひとつひとつ自分なりに噛み砕いていく、
    そんな過程を見せてくれます。しんどいことでもあるのですが、心がすっきりとしていく面もあります。

    10代前半の子にとっては、うけとりかたが人によって結構かわる作品かも。
    いま、もやもやしているであろう隊長に一読をすすめたいですね。

    2014.05.31

  • 小学校を卒業した春休み、私は弟のテツと川原に放置されたバスで眠った──。大人たちのトラブル、自分もまた子供から大人に変わってゆくことへの戸惑いの中で、トモミは少しずつまだ見ぬ世界に足を踏み出してゆく。ガラクタ、野良猫たち、雷の音……ばらばらだったすべてが、いつかひとつでも欠けてはならないものになっていた。少女の揺れ動く季節を瑞々しく描いた珠玉の物語。

  • 「夏の庭」がとてもよかったので他の作品も手を出してみた。中学生へ進学する前の春休み。野良猫を通して知り合ったおばさんや、おじいちゃんの過去、家にいないお父さん、私より大事にされる弟…短い休み期間に成長していく主人公の心の声が瑞々しく響く。

  • 再読。
    解説を読むと、いつも思う。


    作者は本当にこんなに小難しいことを考えて書いたんだろうか。


    きっと何かしら説明を後付けでも付けられる文章を書く作家がいいと言われるんだろうけど、受け手には様々な思いが残る。


    トモミの葛藤が苦しかった。

    抗っても抗ってもどうしようもない現実。


    家族の不協和音。
    おばあちゃんの死。

    弟ばかりが愛されてるという不安。


    いろんなものが交錯して、出してしまいたくなって、抗って初めて周りが変わっていく。



    ラストがタイトルらしくて暖かかった。

  • これはすごい。
    思春期の子どものこころの描写が素晴らしいと思いました。
    「どうしようもないかもしれないことのために戦うのが、勇気」というくだりが印象的でした。
    この本は、折に触れて、読み返していこうと思います。

  • 湯本さんの描く世界は圧倒的に現実に近い。<BR>
    じわじわと締め付けられるような感覚がページをめくる度に強くなっていく。取り立てて大きな事件が起きるわけでもなく、淡々と過ぎていく日常の中で主人公と弟、そして周りの人々が生きていく。それなのに、小学生から中学生へと移り変わる主人公の気持ちが一歩一歩大きくなっていく。<BR>
    何も知らないでよかった歳から、嫌でも知らなければいけなくなっていく歳になる。自分の中で整理し切れなかった思いに悩まされ、迷わされ、どうしていいかわからなくなる。弟はこうも自由に真っ直ぐ進んでいるというのに、なぜ自分は迷走しなければならないのか。先に生まれて、弟よりも先に世界を知らなければいけない、そんな長女や長男の皆さんなら非常に共感できると思う。そこで凄いのは、湯本さんは決してぬるい結末を作らないということだ。主人公があるべきところへ行き着く、それをきっちり、過不足なく描いている。私はそういうところが好きだ。

全150件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

春のオルガン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春のオルガン (新潮文庫)の単行本

ツイートする