カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」〈上〉 (新潮文庫)

  • 148人登録
  • 3.79評価
    • (14)
    • (18)
    • (22)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 佐野眞一
  • 新潮社 (2001年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101316314

カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • いやー読み応えあります。
    まんま昭和経済史。
    太平洋戦争でフィリピン戦線を体験→戦後動乱、もののない時代(闇市)→58年大阪千林にダイエー1号店→高度成長(価格破壊。いいものをもっと安くでメーカーと対立)→83年連続3年赤字をV革作戦で盛り返す→V革成功とともにV革戦死を社外へ追い出し、息子の潤を専務に迎え入れる→85年プラザ合意→バブル(過剰投資とM&A)→バブル崩壊(赤字が膨らみ株価が下がる)→資産を次々と売却→2001年中内引退→2005年死去

    昭和の時代を一気に駆け抜け、絶頂と凋落を体感した稀有な人生だ。絶頂期にはカリスマと呼ばれ、金と権力をほしいままにしたが、引き際の悪さと、一度手にしたものは手放さない往生際の悪さで評判を落とし、寂しい晩年を過ごしたようだ。

     生前、あれほど忌み嫌ったライバル、イトーヨーカ堂に差をつけられてしまったのを、どのような思いで受け止めていたのでしょう。本の年表は2001年で終わっていますが、2005年にはイオングループに吸収され、来たる2018年にはダイエーという屋号は完全に廃止される予定になっている。
     私の息子はまだダイエーの存在を知っているけれど(平成6年生まれ)、その息子はもはや「ダイエーってなんの会社だったの?」っていう時代がくるんでしょうね。神戸出身の私としては少し寂しいです。

  • 中内功とダイエーの誕生から興隆そして衰亡までを丹念に描きながら、戦後日本における消費文化と流通業に切り込んでいる。
    上下巻なのでボリュームはあるが、著者の筆力があるので退屈せずに読める。

  • 戦後日本の流通業発展の歴史において外すことのできないカリスマ経営者中内功氏の人生に迫るノンフィクション。実の弟たちとも全面対決してしまう、主人公の恐ろしさに引き込まれてしまう一冊でした。カリスマ性がある人とはある物事に対し狂気的な執着心がある人だと思いました。

  • 中内さんの評価は、低すぎる。

  • スーパー「ダイエー」の創業者・中内功の生涯を描き、戦後史の中で彼の果たした役割を検証するノンフィクション作品です。

    上巻では、目立たない少年時代から説き起こし、フィリピン戦線でアメリカの圧倒的な物量に直面した戦時中を経て、戦後神戸の町でヤミ市を舞台に活動を始め、さらに大阪の千林商店街で「主婦の店・ダイエー薬局」を起こすまでの軌跡を追います。

    中内功という人物の矛盾に満ちた生涯そのものも非常におもしろいのですが、彼の人生と戦後日本の歩みの中に置くという著者の企図もたいへん興味深く感じました。

  • (あらすじ)
    小さな薬屋の息子として生を享けた中内功。戦時中はフィリピン戦線を彷徨い、終戦後はヤミ市を舞台に人生の再スタートを切る。やがて「主婦の店ダイエー」を開業。キャッシュレジスターの導入や、独自の流通網を築き上げることで、思い切った値下げ作戦を展開する――。戦後日本経済の発展とともに成り上がり、そして破滅していった男の全てを書き記した超重厚ノンフィクション。

    (感想)
    平成13年の本なので、すでに12年前時点での話ではあるが、勉強になる。
    Wikipedia でその後の動きもフォローしながら読んだ。
    自分が下関市民なので、丸和がダイエーの創業時の戦略に大きな影響を与えていたというのは非常に興味深かった。

  • 中内氏の闘争心を培うに至った経緯を知ることができた。

  • 野中郁次郎『経営は哲学なり』では、流通革命を展開したダイエーを解説!

  • 著者の綿密な取材には頭が下がります

  • 2002年9月2日
    “良い本です。情報が詰まっている​データベース”

  • スーパーや分譲マンションを見てると、拡大路線を突き進んでは、潰れてしまうというケースが多い気がする。「スーと出て、パーと消える。」と言われたスーパー業界で、ダイエーだけは違うと思われただろうに同じ轍を踏む。なぜそうなったのかを解く書。10.10.13

  • 逆説的には、結局まともな神経で、まじめにやっていたのでは資本主義世界では勝利しないということだろう。欲望を現実化するのが資本主義の本質で、すべてがそのことによって決まっている。アダム・スミスの言う神の見えざる手は、実は「欲望」のことであったのだ。
    以上、本に書いてあったことではなく、僕の感想。

  • 壮絶。
    戦中のフィリピンを生き残り、戦場で芽生えた死生観がすべてを欲する中内氏を作り上げたのだという。
    冷戦のころのアメリカにあってソ連にないものは、スーパーマーケットだという。大量生産・大量消費でエネルギーを爆発させていったアメリカに比べ、計画で小さくまとめようとして失敗したソ連という感じだろうか。
    高度経済成長と共に成りあがっていった中内氏の野性味あふれる生臭さ、そのことの弊害、どちらにせよ流通の世界にその名を轟かせ滅びて行った男の一生は面白い
    個人的には、スーパーの篭が最初は針金で、重ねるのには苦労するし、かさばったのを取りだすためにバイトまで雇っていたというのに驚いた。今では当たり前のように使っているものでも、思考錯誤があることに関心をもった。

  • この著者は中内功氏に対して批判的です。
    刊行が古いだけあって進出間もないフランスのスーパー、カルフールを絶賛しています。
    ※後に日本撤退。うまくいきませんでした。ダイエーの方が正しかった。
    批判的で、厭な書き方をしていますが、むしろこういう書き方の方が中内功氏の悲しみが深く理解できます。
    戦後の日本の流通を改革し、流通王とまで言われ、確実に経済史に名を残すであろう男が退任の際に、「これまでで楽しいと思ったことなんて何もなかった」と言ってしまうほどの深い孤独と悲しみ。
    これを読んで中内氏を支持する気持ちが生まれました。

  • パワフルな中内さん。それをあくまで冷徹にレポートしている作者。清濁併せ飲むってこういうことなのかも。興味深いです。

  • まずはいつもの事ながら、佐野先生の怒涛の取材力に敬服。
    そして、中内功の破天荒な人生に感服。

  • 中内氏にすごくよく迫っています。なぜダイエーが頂点を極め、そして転げ落ちていったかがよくわかります。家電と牛肉の話がおもしろかった。

全20件中 1 - 20件を表示

カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カリスマ―中内功とダイエーの「戦後」〈上〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする