平松洋子の台所 (新潮文庫)

  • 295人登録
  • 3.76評価
    • (19)
    • (29)
    • (34)
    • (1)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 平松洋子
  • 新潮社 (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101316529

平松洋子の台所 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 豊かな暮らしってこうゆう事をいうんだろうなぁ。

    鍋、器、スプーン、箸置きにいたるまで
    一つの道具で一つの章ができるほど
    思い入れが詰まった品々に囲まれる生活。
    長年使っている物でさえ、飽きもせず愛情をもち続けている。

    そんな道具たちはみな機能的であり潔く美しい。
    そしてなによりおいしそうな予感をたっぷり漂わせているのだ。
    道具のエピソードなのになぜこんなに脳内がヨダレまみれになってしまうのか。。。

    家事や仕事もこだわりの道具たちが
    幸せでとっておきの時間にしてしまう。

    そこにあるのが当たり前になっても
    いつまでも幸せな気分になれる道具を見つけてみたいと思った。

  • 経験と想像と五感とをフル稼働して、これぞと思うものを選び取る。好きなものを集めるというより、好きなものを身の回りに位置づけていく感じが読んでいて心地よいです。

  • 表紙は平松洋子さんが25年以上使い続けているブリキの米びつだそうです。米びつの底が見えればじんわりわびしい。開けるたび「知足」(足るを知る)の言葉を思い出すとか。平松さんの台所には、海外で購入されたおしゃれな道具も沢山ありますが、平松さんのポリシーとかちょっとした工夫が面白く楽しいと感じました。湯を沸かす道具は盛岡の鉄瓶だけで、電子レンジはもちろんヤカンも魔法瓶もないと。また、わけぎ、香菜、にんんくの茎などを花瓶に生けたり、投げ輪よろしく巻き貝をゴム輪かけに利用したり~~~(^-^)

  • この本も結構前からチョビチョビ読んでいた本
    やっと読み終わりました
    夕飯後のマッタリとした時間に読むのに最適な本で
    そのまま寝ちゃうこともしばしば(笑)
    なので、読了までに時間がかかってしまいました・・・

    平松さんのエッセイはどのエピソードも素敵で
    敢えて付箋を付けながら読むことをしないのです
    何回読んでもハッとさせらるしね
    料理家でもある平松さんのエッセイは
    真似してみたくなる器の使い方や暮らしのこと
    もちろん登場する料理の数々・・・
    でも、やっぱり真似するのは難しくて(笑)

    自分の日常を、生活を愛おしむ感覚が
    文章全体から伝わってきて憧れます・・・
    私ももっと丁寧な生活をしようって思うのよね(笑)

    きっと、これからもマッタリした時に読んでしまう1冊です!

  • 平松さんのエッセイ。
    欲しいと思ったらいてもたってもいられないところとか平松さんらしいなぁって思えて、ちょっと可笑しい。
    ご自身の身の回りに置くものに本当にこだわりを持っていらっしゃる。
    それが物に対しての愛着にもなるから、素晴らしいなぁって思ったり、正直家族だったら大変なのかなぁって思ったり…慣れるまで…ね。

    やはり、今回も暮らしのヒントがたくさん散りばめられている。
    ケーキの下にレモングラスの葉っぱを敷く。なんてお洒落で涼やかなんでしょう。
    是非とも試してみなきゃ。

  • 平松洋子の本は数冊目だが今までのと格段に違って面白かった。

    「買い物のオニ」は物欲を前面に、どれだけそのモノがほしかったかを強烈に書かれていて、こちらにも伝わって買いたくなるくらい。読み出しで見事に掴まれる。

    それだけの勢いはあまり続かないが、それでも味わいのある文章が続いていく。「あさってのキムチ」の章はご当地や生活に根ざした道具の良さを中心に、「麻の人生修行」は本来の目的ではないけどうまいように道具を使う様、「ひとりぼっちになりたいときは」では個人的な思い出やひとりの時間(他の文章では家族や友人がからむことが多い)の視座なので閉じこもったようなこもった感があり。

    写真が1編につき1つしかなくてもそれが十分魅力で、文章もそそられる。なかなか巧い本。

  • 平松洋子さんの本もだいぶたくさん読んだなあ。この安定した充足感が魅力。そして韓国を愛してくれていることも。

  • 趣味が良い。いろいろ参考にしたい本。

  • 料理がしたくなる本。きちんと暮らしたくなる本。

    米びつを持つことは暮らしに錨をおろすこと、お菜がなくても梅干の入った壺があれば心強い、片口の頼もしさ。
    派手な、突飛なアイテムは出てこない分、地に足のついた確かな暮らしが垣間見える。

    醤油も作らない自分たちの暮らしの、いかに軽く薄っぺらいものか、と嘆く件があり、自分の暮らしの厚みのなさを思い知った。

    確かな、頼もしい暮らしがしたい。この台所がある限り大丈夫、と思えるような暮らしがしたい。

    まずは米びつと盛りつけ箸が欲しい。

  • 文庫でも読みましたが、写真とかモノクロだし、数も減らされているので、断然単行本で読みたい本。

全30件中 1 - 10件を表示

平松洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

平松洋子の台所 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

平松洋子の台所 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

平松洋子の台所 (新潮文庫)の単行本

ツイートする