バビロンに行きて歌え (新潮文庫)

  • 238人登録
  • 3.57評価
    • (25)
    • (27)
    • (67)
    • (4)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 池澤夏樹
  • 新潮社 (1993年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101318110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

バビロンに行きて歌え (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • アラブのある国の<組織>に属する若者<ターリク>は、組織の命令を実行した後、国外に追われます。

    船で着いた先はトーキョー。
    言葉もわからず、パスポートもなく、金も乏しく、追われ続ける、不安に充ちた暮らしが始まります。

    老獣医、OL、ロックバンドの男たち、蝶の孵化を仕事にする女・・・・・。
    ターリクは訳ありと少々怪しまれながらも、その聡明で素直な人柄からを受け入れられても、ひと所にとどまることができません。

    ターリクが出逢う人たちも、何かを失い、諦め、出直そうとあがき、どこかに傷をもって暮らす人々です。
    未来を描ききれていない人々でもあります。

    それでも、もっているのは、故郷の記憶と歌声くらい、というターリクに比べれば、ずいぶん多くのものを持っています。
    未来をどころか明日をも描けないターリクに、ほのかな希望の光をみるのは皮肉なものです。

    皮肉じゃなくて、作者からの叱咤激励かな?

  • 高1の時、読書課題で読んだ一冊。なんか色が目に浮かぶっていうのかな。雰囲気が好きだった。

  • ずいぶん前に読んだな。
    おもしろかった。
    内容,ストーリーもだが,章ごとに語り手が替わり,主人公を追いかけて関係者に聞き込みをしている探偵になったような気分。
    俯瞰しているような,それでいて中に入り込んでいるような不思議な感覚になる。

  •  こう来たか。
     その展開は予測できないけど幸せなものであった。

  • アラブの兵士が東京に来てロックシンガーになる、というびっくりなストーリーだけど、都会の力にはそういうのもあるのかもなあ、とすんなり落ちて、なかなか楽しめた。出てくる人物造形も面白く。歌詞が出てくると少々興ざめしたり、雰囲気の古さをところどころ感じるけど、実際かなり前の本なので致し方なしかと。

  • アラブの一人の若きテロリストが東京で大人になっていく。

    シュールな話です。

    都会の持つ異常性と暖かさみたいな物がにじみ出ていて、不思議な気分になります。

  • 東京という街に紛れ込んだ、異邦人。
    遠い中東の若き革命軍の兵士。
    そんな物語。
    昨今の若者の心の在り方にタブる気がするわ。
    なんだか、加藤ミリヤの様な一冊だった。

  • 学生時代に読んだが、再読。都市社会学のゼミのレポートでこの小説を題材に、都市論を書いたことが。ディアスポラの存在をロックを媒介として描く。

  • 東京という街。

    無関心な人々が集まる街。何かを求めて人々が集まる街

    そこに突然迷い込んだ不法侵入者。

    異物だからこそ、人々は心を開いていく。
    人と関わることを避ける人々は、なぜか異物を受け入れていく。
    そこには、無関心な日常から逃れたいという希求があるのかもしれない。

    戦争というどん底を味わっているからこそ、感じることのできる世界はある。
    でも、それは幸せとはいえない多くの犠牲で成り立つ世界。
    そこから外れた世界にいる人々は、そういう世界のことをみつめ続けなければいけない。
    戦争という世界があるということを常に意識しなければいけない。

  • 池澤夏樹さんの選んだ世界文学全集を読んでいるのに、池澤夏樹さんの小説は読んだことがなかったから読んでみようと言う試み。ちょっと後ろめたかったから。
    古本屋で見つけたやつを購入。

    中東のある国から、事情があって日本に密入国することになったアラブ人ターリクの話。本国で何かまずいことをしでかしたらしく、しばらくは帰国できない状態。数ヶ月日本に滞在し、ほとぼりが冷めてから帰国する計画だが、その間にさまざまな日本人と関わることになって…みたいな話。

    いろんな人の視点から話が語られるのは面白かった。
    けど、全体としてはあまり好みに合わなかった。フーコがターリクのバンドについての意見を述べたり、陽介が島でこのバンドの音楽を聴いてのめり込んでいくところらへんからは急速に流し読み始めちゃった。後半もしっかり読んだら面白かったのかも。

    個人選集の解説は「なるほどなあ」と思いながら読めたんだけど、小説はまた話が違うみたいだ。他の小説はどうなんだろうとも思うけど、たぶん買わないと思う。

  • 読み始めはサスペンスかと思っていたけど
    それが東京で変化する1人のアラブ人のサクセスストーリーに。
    物足りなさもあるけれどそういう境遇じゃないと成り立たない話。

    歌うのはぼくじゃない。(中略)ぼくは声を貸しているだけ。それでも、伝えられないこと、言えないこと、たくさんある。

  • 最初の緊張感はすごい。

  • 難しかった!
    のですけど、おもしろかった。
    とりあえずターリクの才能に嫉妬だな←

  • 面白くて小説に引き込まれた。

  • 走り出しは楽しく読みはじめたものの、後半のバンドマンたちにぜんぜんリアリティが感じられなかった。音楽界ってそんなもの?

  • 久々に文字が自分の中に染み渡ってきた作品でした。
    人は誰しも少なからずバビロンの囚われ人なのかもしれないです。だれしも孤独でそれが強いのか弱いのかは別として日々漂う異邦人なのでしょう。
    そんな事を読みながら個人的に考えました。

  • 2007.05.22
    だいすき…

  • ずるずると物語に引き込まれました。展開の心地よさと適切な描写。出だしからは思いもしない方向に進んでいって、どうなるんだろうと思っているうちに、あんなことに。読み終わったときに、すっきり。是非。

  • 高校一年生の夏に出された課題図書。初めて面白い課題図書に出合った!と思いました。内容忘れちゃったからまた読もうと思うけど、いかんせん読みつかれる本な気がしてしてません。当時行き付けのパスタ屋さんにターリクそっくりな人(ターリクの顔なんて知るはずないけど)がいてきゃっきゃ言ってたのが懐かしいな(笑)

  • 自分の意思ではなく東京に来てしまったとある国の兵士。1話目になぜか引き込まれ、電車を降り損ねそうになりました。(2006.8.29-31)

  • バイオレンスやエロスを扱えば文学と思っている昨今の作品と一線を画する作品。心が癒される。

  •  文章を自分で書く人には勉強になる本だと思います。小説としてもおもしろいんですが、それとは別に文章というか文体というかそういうのがおもしろい。その章が読者に与える印象というのが、文によってどれだけ影響を受けるか、をよく分からせてくれる本。

  • <購入>2004年10月頃 <感想>飛行機を使えば、数時間で外国へいける。体を遠くへ運ぶことは簡単にできるけれど、心は体に追いついてこない。観光旅行に行くときは、地に足が付いていないようなフワフワした感じがする。見るもの聞くものすべて日本と比べてしまう。そんなことしても意味がないのに。

全23件中 1 - 23件を表示

バビロンに行きて歌え (新潮文庫)に関連する談話室の質問

バビロンに行きて歌え (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バビロンに行きて歌え (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バビロンに行きて歌え (新潮文庫)のKindle版

バビロンに行きて歌え (新潮文庫)の単行本

ツイートする