双頭の船 (新潮文庫)

  • 59人登録
  • 3.74評価
    • (2)
    • (12)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 池澤夏樹
  • 新潮社 (2015年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101318226

双頭の船 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016年6月の統一模試で四谷大塚から推奨された本(算数)

  • 優しいくて強い想像力だなあ。

  • 池澤夏樹らしい本。
    語り口が相変わらずお上手だとおもう。

  • 不思議な船。増殖する?拡大する?観音様の手のひらのように感じる。生きていく様を見ていてくれる。そう思うだけで安心して生きて行ける気がする。

  • 被災した海の街に留まるフェリー。様々な思いや使命を留まる持つ人々が乗り込み生活をしていく。現実と空想の間で交錯する営みは生きることと死ぬことについて考えさせられる。3.11以降の希望の物語。

全7件中 1 - 7件を表示

池澤夏樹の作品

双頭の船 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

双頭の船 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

双頭の船 (新潮文庫)の作品紹介

巨大な波が押し流した町、空が落ちて壊れた土地――災厄に見舞われた沿岸へ、舳先と艫が同じ形をした小さなフェリーは、中古自転車と希望を載せて進む。失恋したての青年、熊を連れた男、200人のボランティアと小動物たち。そして被災地では、心身を傷めた人々を数限りなく受け入れながら。東日本大震災の現実をつぶさに見つめた著者の、被災地再生への祈りに満ちた魅惑の物語。

双頭の船 (新潮文庫)はこんな本です

双頭の船 (新潮文庫)の単行本

双頭の船 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする