思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)

  • 154人登録
  • 3.68評価
    • (16)
    • (8)
    • (30)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 岩宮恵子
  • 新潮社 (2007年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101319513

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 臨床心理士で、村上春樹の大ファンである著者が、
    臨床の事例と物語をうまく絡ませて掘り下げている。
    著者は村上春樹の新刊が出るとすぐに買って読み、3ヶ月くらいは
    何度も読み返し、文庫本がでると本がボロボロになるくらい
    読み砕くらしい。
    だからこそ、ここまで追求できるんだな、と感心。
    村上春樹の長編小説を読んでいないと、意味が全くわからない
    ところが多いので、できれば読んでおいた方がよりわかりやすい。
    そして、これを読み終えると多分春樹の小説を読み返したくなる
    はず。

  • 一応読み終わった!
    買ってまたちゃんと読み直したい。

  • あちら側の世界に、たしかに思春期にはそういえばしばしば行ってたんだなあと。
    側にいて待つ。
    いつかくる我が子の思春期に、わたしはそれができるか。
    …しないとね。自分もきた道ですから。

  • (その1)この本を読みながら自分の思春期について思い返してみた。大して反抗的にも暴力的にもならなかった。「自分のことを見てほしい」という思いからか、いたずらとかルール違反の服装・髪をして叱られたこともある。いわゆる不良グループの近くにいたこともあるが、一緒にタバコをすったり、万引きをしたりはしなかった。腹痛が続けば胃潰瘍ではないか、頭痛が続けば脳腫瘍、肩などが痛ければ骨肉腫ではないかと、自分の身体と死について考えた。性的には早く芽生えたけど、遅咲きだった。本書を読んで村上春樹の小説を思い起こした。その意味をもう一度考え直した。村上春樹ファンで日々思春期の子ども達と接する仕事をしているものにとって、本書は本当に示唆的で刺激的であった。

    (その2)ちょっと事情があって読み返しました。我が家に思春期をめぐって問題を抱えた人間が1人いるからです。まあ、深い井戸の底にでも降りて行っているようなので、しばらく待ってやるしかないのだと思います。ぶらぶらゲームばかりしているのでなく、「海辺のカフカ」でも読んだらどうかと差し出しましたが、一向に読みそうな気配はありません。森毅著「まちがったっていいじゃないか」には余計に反発心がはたらいたようです。(中身は見ていないと思いますが。)素直に受け止める方が楽なのに、しんどい生き方しかできないのでしょう。著者は島根大学でカウンセリングをされています。パートナーの実家が島根なので、機会があれば相談に乗っていただきたいところなのですが。

  • 一人のクライエントの事例(Aさんの娘)と村上春樹の作品をリンクさせながら、心の中で何が起こっているのかを解き明かしてくれるのでわかりやすい。

    たまにネタバレがあるので、まだ村上春樹作品を読み終わっていない人は注意かな。
    思春期の子どもをもつ親御さんとか、心が辛い人、治療者、村上春樹を理解し直したい人にはかなりオススメな内容。読んでいるうちに癒される気がする。


    「たましい」と「あちら側の世界」いう概念がイマイチぴんとこない。そもそも理解を越えたものなのだろうが。
    ・「あちら側の世界」と「こちら側の世界」はバラバラに存在しているのではなく、一本の線のようなもの。それを繋いでいるのが「たましい」。
    『海辺のカフカ』の入り口の石というのは、まさにこの存在なのか。

  • これはなかなかびっくりきちんと面白い。こんな本があったなんて。

  • 私の読解をする上での基礎となりつつある一冊。
    心理学、心理学者の実体験から読み解かれる村上春樹の癒しのプロセスが語られます。

  • 03/06

    カウンセラーの著者が実際の症例をあげながら村上作品を解読。見えない世界への親和性などを指摘(未出)

  • 泣いた。あとがきで。

  • 村上春樹、一冊も読んだことないんだけどな…。思春期という特殊な時期に関する考察は、興味深いし、面白い。

  • 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「ダンス・ダンス・ダンス」「ねじまき鳥クロニクル」をこの夏には読み終えたい。

  • 書くことは自己治療的な行為と語る村上春樹氏。

  • 夢中になって、むさぼるように読んでしまった。
    村上春樹が好きで、精神分析学に興味のある私には超ビンゴの一冊

    自分の物語を紡いでいくということ。
    破綻した物語を再生すること。
    比喩の中におぼろげに見えてくる、自分が生きていくためのヒント。

    しかし、失敗したのは『ねじまき鳥クロニクル』を読まずにこの本で種明かしを読んでしまったことだ。
    なるべく記憶しないように読んだけど

    この本と同じくオススメしたいのが『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』
    村上春樹の小説が、精神分析となぜリンクするのか、自身の言葉で語ってくれます。河合先生がなくなられた今となっては、本当に夢のような頂上対談本。

  • 文学が人に何が出来るかについて、臨床心理士という筆者の仕事にすごくひきつけて書いている。
    村上春樹の作品自体についても新しい発見があって楽しい。

  • 今、読んでいるところです。
    なかなか興味深くて面白いです。
    「ねじまき鳥」や「カフカ」も読み返してみたくなってきました。
    疲れたときには、村上春樹を読みたくなるのも、なんか心理療法的な効果を無意識に期待してるのかな?好きなだけかな。

全16件中 1 - 16件を表示

思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)に関連するまとめ

岩宮恵子の作品一覧

岩宮恵子の作品ランキング・新刊情報

思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)の作品紹介

思春期、それは性や死の力に強くとらわれ、こころが解体と再生を体験する時期。娘の家庭内暴力に苦しむ母親の心理療法の実例と、「書くことは自己治療的な行為」と語る村上春樹の小説世界の両面から、知られざる「思春期」のありように迫る。

思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)はこんな本です

思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (新潮文庫)の単行本

ツイートする