ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶとき (新潮文庫)

  • 67人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (5)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 森功
  • 新潮社 (2010年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101320526

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶとき (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 一部のヤメ検には正義心のかけらもない奴がいるという事はわかった。

  • ○ジャーナリストの森氏の著作。
    ○裏社会で数々の役割を果たした「ヤメ検」弁護士の活動を取材したルポ。
    ○正義の味方から裏社会の仕掛け人へ。興味深いルポタージュ。

  • ヤメ検は、反市場・反社会勢力に接近しやすい。

  •  検事を辞めて弁護士になった者のことを「ヤメ検」と呼ぶ。彼らの中には、社会的にグレーな存在と関わり、自らも被告として法廷に立つ者もいる。そんな「ヤメ検」の実態に迫ったノンフィクション。
     読む人が読めばかなり面白いんだろうけど、僕には少し難しかった。利害関係が錯綜しているし、ある程度政治や法律の知識がないと読みにくいかも知れない。あと、なぜ「ヤメ検」が誕生するのか、つまり、なぜ検事を辞める者が後を絶たないのかについて突っ込んでもよかったのではないかと思う。

  • 近年の著名な事件をケーススタディとして取り上げながら、
    それらの事件にヤメ検がどう関わったのかをみてゆく。

    とりわけ、関西検察における人事構造が、
    退官後も大きく影響を及ぼすといった分析がなされている。

    それにしても、退官後に立場が間逆になるとは……
    所詮、検察官も人でしかないのだろうか。

  • おもしろかった。司法という巨大なブラックボックスの中でも、最近話題の検察、しかもヤメ検という暗い雲の存在。そこへ見事に切り込んでいて息をのんだ。田中森一の「女遊びは自腹を切らないといけない」などは、金言だろう。検察の行く末についても参考になる。

  • ヤメ検(検察官をやめた後,弁護士になった人のこと)を書いた本。一応独自取材はしているが,目新しいのは則定元東京高検検事長のその後のことぐらいです。

全8件中 1 - 8件を表示

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶとき (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶとき (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶとき (新潮文庫)はこんな本です

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶとき (新潮文庫)の単行本

ツイートする