浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち (新潮文庫)

  • 43人登録
  • 4.29評価
    • (8)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 石井光太
  • 新潮社 (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101325378

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
遠藤 周作
横山 秀夫
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 石井光太『浮浪児1945‐ 戦争が生んだ子供たち』新潮文庫。

    1945年の終戦直後、焦土と化した東京にあふれ出た浮浪児たちの軌跡を追ったノンフィクション。日本の暗黒史とも言うべき、暗澹たる時代に真っ向から対峙し、当時の浮浪児たちの姿を描き切った取材力と筆力に脱帽。

    読みながら歴史は繰り返すという言葉の通り、我々も近い将来、終戦直後の浮浪児たちと同じように、毎日毎日を衣食住の心配をしながらやっと暮らすことになりかねないのではないかと思った。

    終戦直後は政府や行政の混乱と敗戦による経済的な影響などから、こうした事態に陥るのはやむを得ないと思う部分もあるが、現在の政府や行政のやり方を見ている限り、我々は社会から切り捨てられ、あの時代の浮浪児たちと同じような状況を迎えるのではないかと不安になる。

  • 浮浪児って言葉はウチの親が使ってた。彼らのせいではないんだよなー。国は何でケアしなかったんだろ。施設が我が家と言っていた卒園生がいたことに安堵。子供は国の宝です。ベタだけどマジ。

  • 単行本で既読。

全5件中 1 - 5件を表示

浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち (新潮文庫)の作品紹介

1945年の終戦直後、焦土と化した東京では、家も家族もなくした浮浪児が野に放り出されていた。その数、全国で 3 万以上。金もなければ食べ物もない。物乞い、窃盗、スリ……生きるためにあらゆることをした。時に野良犬を殺して食べ、握り飯一個と引き換えに体を売ってまで――。残された資料と当事者の証言から、元浮浪児の十字架を背負った者たちの人生を追う。戦後裏面史に切り込む問題作。

浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする