女社長に乾杯! (下巻) (新潮文庫)

  • 79人登録
  • 3.14評価
    • (3)
    • (2)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 新潮社 (1984年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101327037

女社長に乾杯! (下巻) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 伸子の人柄の良さがすごく伝わってくる。
    展開が激しくて一気に読み終えた。

  • あっさりと読めるのがいいとは思うけれど、ラストの犯人の無理やり感は納得できない。

  • 社長業もようやく板に付いてきた伸子を次々と襲う怪事件。ネズミ入りチョコレート、倉庫の火事騒動、そして、ついには命まで狙われるハメになる。その危機をなんとか乗り越えたのはいいけれど、一難去ってまた一難。こんどは、元社長尾島の愛人・三好晃子が殺されてしまった。さらに第二、第三の殺人事件が……。即製女社長伸子の奮戦を、爽やかなタッチで描く長編。.
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 女社長に乾杯!も後半に入ると、いよいよ事件の解明にむけて話が進んでいきます。社長となった伸子は、その、みんなを想う気持ちが社員に伝わり、会社は徐々に業績を伸ばしていくが、間違えて社長となった伸子は運命が正しい方へ向いたとき、あっさりと社長のいすを返すことに。その潔さが、かえって社員たちの心を動かすけど・・。その一方で起こる殺人事件。最後は意外すぎる犯人にびっくりしてしまいますが、あとから考えると、なるほど~と想いました。伸子のような人が社長じゃなくても、上司だったら安心して仕事が出来ますよね。純子はもちろん同僚にするより、友達にしたいね。(同僚だと、上手に残業頼まれそう!)純子の母もいい味だしてます!

全4件中 1 - 4件を表示

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女社長に乾杯! (下巻) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女社長に乾杯! (下巻) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする