ふたり (新潮文庫)

  • 1969人登録
  • 3.47評価
    • (157)
    • (245)
    • (588)
    • (51)
    • (8)
  • 247レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 新潮社 (1991年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101327181

ふたり (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずいぶん前に赤川さんがブームだった頃に一度読みましたが、久しぶりに目に止まり二度目です。
    題材は東野さんの秘密などと似ていますが、読みやすさは赤川さんならではです。
    途中までは主人公の頑張りに応援したくなる思いでしたが、お父さんの単身赴任以降は切ない感じが強く、最後は後味が悪い感じでした。
    ハッピーエンドとはいかずとも少し明るい終わりが良かったかと思いました。

  • 流れが良くてスラスラ読める。
    2人の少女の青春物語。
    高校2年生の千津子がしっかりしすぎだけど、それが弱々しい実加の成長を手助けする。
    つらい事をたくさん乗り越えていくお話。

  • この本で夏休みの読書感想文書いています。
    奥深いので色々書けると思います。

  • 弱さを認めるのも強さの一つ

  • ふと思い出して読み返したら新年早々ぐっときた。
    これは涙する。けど最後の締めくくり方は爽快で、また好き。気がついたら感情移入していて一気に読み進められるのが赤川次郎作品の魅力だと思う。ストーリーはKEYになるところがアニメのタッチと似てる。だから泣けるのかなあ。

  • ふたりの姉妹、死んでしまった姉が妹の意識の中で妹を手助けする。
    出来の良かった姉の背中を妹が追いかける。そして、妹はいつしか姉を抜く。

    個人的には、家族に問題が生じた最後の場面で、心理描写がより詳細に描かれていたほうが良いと感じた。

  • 赤川次郎はちょっと文章が子供っぽいけど、読みやすくてよい。
    ストーリーの展開が
    ①中途半端で
    ②ぶつぎりで
    ③早い。
    漫画を読むぐらい簡単なので、気晴らしに読むにはよいかも。

  • ★3 青春ファンタジー。事故死した姉の声が妹に聞こえるようになって・・・という話。 姉が事故で亡くなる場面には涙した。主人公の置かれる環境が姉の事故死、母の入院、父の不倫など結構深刻なものではあるが、主人公が成長していくところがよかった。姉の声は妹が作り出したもので、妹が成長して姉を超えたから姉の声が聞こえなくなったのかなと想像した。それとも、ファンタジーだから本当に姉だったのか、それは分からなかった。

  • 昔読んで、久々に読みたくなったので。
    やはり読みやすいです。
    お姉ちゃんの事があったので、後は全部幸せに、と思っていましたが、悲しいなと思いました。

  • 猫も杓子もテレビも映画も赤川次郎だった時代から30年近くを経て、いまさらながらの赤川次郎初読。交通事故で亡くなった高校生の姉が中学生の妹の体に宿った「ふたり」の青春小説だ。設定は物語のスタートラインなのでよしとするものの、とにかく軽い。セリフも動きも場面も軽い。この軽さが赤川次郎タッチなのだという。筆運びが軽いのは構わないが、描かれている人物たちの現実感の無さが軽すぎてどうもしっくりこなかった。登場人物たちの生き様から学ぶべきものが見当たらなかったのだ。

全247件中 1 - 10件を表示

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
宮部 みゆき
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたり (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ふたり (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふたり (新潮文庫)の単行本

ふたり (新潮文庫)のKindle版

ツイートする