死と乙女 (新潮文庫)

  • 97人登録
  • 3.31評価
    • (5)
    • (8)
    • (32)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 新潮社 (1997年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101327310

死と乙女 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初めて読んだ赤川さん。

    小学生の頃に出会いたかったな。

  • 友人の父親の自殺を「止める」or「止めない」主人公の行動をどちらか選ぶことによってストーリーが変わる話。
    途中からページが2段にわかれていて、それぞれの話が進んでいく。
    上下を少しずつ読み比べながら読み終えた記憶がある。
    下段の話の方が好みだったような記憶が・・・。

  • 初めて見るタイプの作品でした。

    小さな選択の違いによって紡がれる二つの物語。
    文庫本の真ん中に線が一本、
    上と下で物語が同時進行して書かれている。
    全く色合いの違う二つの物語、
    どちらの選択を好きになるかは読んだ人次第です。

  • 話が途中で分岐し、最後にまた同じ話に戻る。
    ちょうど、涼宮ハルヒの分裂と涼宮ハルヒの驚愕のようです。

    死と乙女が優れているのは、2つの話を上下の2段に配列して、
    どちらかだけでも連続して読みやすくしているところです。
    また、各段落が同じところから始まり,長さの調節は挿絵をすこしいれて雰囲気を出しています。

    赤川次郎にこういう実験的作品があることを知りませんでした。
    解説にもありますが、第3の物語が頭に浮かんでいるのかもしれません。

    小説の作家としての専門性に驚愕。

  • 上下に分かれてる段をどうやって読んでいこうか混乱したけど同年代が主人公だったから読みやすかった
    表紙綺麗

  • 物語は主人公が
    「自殺をとめるか」
    「自殺をとめないか」
    という選択から人生が分岐していき
    本自体もパラレルワールドそのもののように
    上段と下段で2つの物語が展開されてゆく
    二度楽しめる!
    私はこれを読み始めたとき
    絶対に自殺とめる!と自分で思っていたけれど
    でもどうだろう?読みすすめていくうちに
    自殺とめました、ハイよかったですね
    ではすまされず自殺には必ずネガティブな理由があり
    私に、主人公にそれが解決できるのであろうか?
    答えはNOである
    そうであったときそれがわかってしまったとき
    私は本当にまた
    自殺を絶対に止めるといえるのでしょうか?
    のように
    この本のなかで主人公江梨はたくましく成長してゆきますが
    なんにせよ上段下段になって読みにくく
    せっかちな私ははやく二つの物語が読みたくて
    そして二つをくらべてみたかったので
    なぜかの☆3つ

  • 確か小学生の頃に読んだ。
    その頃の自分には衝撃的なタイトルだった。

    今読んだらちゃんとわかる気がする。

  • 途中から主人公の選択によって上下二つに分かれてそれぞれ話が進むという構成は面白いと思います。
    ただその分内容が薄くなってしまったような気がします。だったら2冊とかに分けて濃くしてほしかったかもしれません。

  • 構成は変わってておもしろかった。
    ちょっと読みにくかったけど。

    でもなんか話がすきじゃない。
    終わり方もなんか腑に落ちない感じ。

  • ひとつの選択がその後の展開をどう変えたか。“もしもあの時・・・”の“If”なお話。
    2つの選択肢のストーリーが、ページの上段と下段に分かれて同時進行する形式にびっくり。 上手いことできてます。

  • 日々の中に潜む分かれ道。コインの表側を選んだら、裏側が見ることができない。けれど、その表面を同時進行で描いた一冊。

  • プロローグとエピローグが一緒なのに1冊の本に2つの全く別のストーリーが詰まってる。赤川次郎氏の茶目っ気たっぷりのこの作品、内容云々は忘れてもこの本の存在は絶対に忘れない、そんな本です。

全14件中 1 - 14件を表示

死と乙女 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死と乙女 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死と乙女 (新潮文庫)はこんな本です

死と乙女 (新潮文庫)の文庫

死と乙女 (新潮文庫)の単行本

ツイートする