西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙 (新潮文庫)

  • 21人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松井今朝子
  • 新潮社 (2013年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101328737

西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 銀座開化おもかげ草紙シリーズ完結篇です
    前の2冊と少し開いてしまったせいか、なかなか入り込めないまま
    いつの間にか読み終わってしまいました
    今までおなじみの人たちが死んでしまったりして切ないのだけど
    幕末の苦難を抱えたままの宗八郎の気持ちが、この1冊では
    ちょっと理解できず、前作2冊を再読してから読めば良かったと反省です

  • 銀座開化おもかげ草紙の完結編

    日本の歴史における転換点である明治維新
    転換点後から始まる新しい歴史
    その転換点の前後のギャップに苦しむ宋八郎

    当時の雰囲気を感じさせてくれる。

    歴史の教訓を活かしながら、過去にとらわれすぎず、前に向かって進んでゆくことができるか?

    作者は明治維新を、現在の日本の、世界の状況を重ね合わせて、主人公たちに語らせたのだろう。

  • 三部作完結。西南戦争を市民はどのように見ていたのか。江戸から東京になって10年。銀座の街の雰囲気が伝わってくるようである。

全3件中 1 - 3件を表示

西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙 (新潮文庫)の作品紹介

熊本、秋月、萩、士族による乱が次々と起こる。銀座に棲むサムライ・久保田宗八郎は西から吹く風に男たちの絶望のにおいを嗅いだ。そして西南戦争が勃発。友たる市来巡査も複雑な心境を抱え出征してゆく。ご一新から九年、命の捨てどころを探し続けた宗八郎。ふたりの女からひたむきな愛を受け取り、悪鬼羅刹の如き宿敵との対決に赴く。傑作の誉れ高き三部作、熱涙溢れる完結篇。

西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙 (新潮文庫)はこんな本です

西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙 (新潮文庫)の単行本

ツイートする