脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)

  • 721人登録
  • 3.77評価
    • (40)
    • (79)
    • (67)
    • (7)
    • (1)
  • 52レビュー
著者 : 池谷裕二
  • 新潮社 (2010年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101329215

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 脳の話あれこれ。
    私って…と悩んでいたあれもこれも、実は脳の特性だったんだ!というお話。
    ほっとしたような、問題は何も解決していないような複雑な気持ち。

    自分の体の中のことなのに分かっていないことのなんと多いことか。
    まだまだこんなにたくさんの不思議がある世界に生きているんだからマンネリなんて感じている場合じゃない!
    と、嬉しい気持ちになった。

  • マンネリがストレスやアルツハイマーを作るようだ。
    安定は良くないね。
    変化を通じて知識と経験を増やして、
    「ストレスを感じないようにする」ではなくて、
    「ストレスを感じたら○○をすればいい」という感じで、ストレスを感じる事をゴールにするんじゃなく、
    その後に何をするかを考えられれば、
    ストレスは20%しか感じない。
    100%発生して20%まで落ちるんじゃなく、
    20%しか発生しない。
    ストレスを感じないようにすると100%感じるけど、
    ストレスを感じた後に何をして解消するかを考えておくと20%しか感じない。

  • 神経科学者である池谷裕二氏が、2004年~2006年の間に書かれたエッセイを「脳はなにかと○○する」というお題にまとめ、それぞれに対する追加の解説を書き加えられた一冊。

    様々な研究論文などを引用しながら、普段我々が持ちそうな疑問点などについて、とても分かりやすく優しい文体で書かれていて、とっても面白かった。



    最後の「解説」で中村うさぎさんが書かれていることが、この本、そして池谷裕二氏の性質をとてもよく表しているのではないだろうか。


    「・・・脳は私が思っているほど賢くなく、いくつ盲点があったり嘘つきだったり適当だったりするのだが、その一方で、私が思っていたより遙かに働き者で合理的で賢明だったりもするのだ、と、この本に教えられた。愚鈍であるかと思えば明晰で、深淵かと思えば意外と浅はかな、我々の脳。だけど、そんな脳が、知れば知るほど愛おしく見えてくる。

    池谷氏の本は、脳を理解するだけでなく、脳を愛することも、我々に教えてくれるのである。それは、池谷氏自身が、こよなく脳を愛しているからなのであろう。ちょっとした言い回し、文章の端々に、脳に対する氏の愛情がうかがえて、読んでいてほのぼのとした心持ちになるほどだ。

    池谷氏の本の読後感が爽快で、難しい理屈さえスウッと抵抗なく身体の中に入ってくる気がするのは、ひとえに、彼の本が愛情深く書かれているからに違いない。書き手の愛情が読み手にも伝染して、我々は脳という驚異的な存在に、そして脳の中で形作られる自分自身に、優しさといたわりとリスペクトの想いを抱くのだ。」(p400)

  • 記憶力を良くする方法が知りたくて読んだが、興味深いネタがたくさんあるエッセイをまとめた面白い本。

    脳にも「ゆらぎ」があり、ゆらぎが行動を決めている!人を好きになる理由もそれは言い訳であって、「脳がゆらいだから」好きになったにすぎない。確かに納得。いつの間にか好きになっているその最初って突き詰めると何かの拍子にたまたま隣の人でなくてこの人を見ただけな気がする。

    じゃあ人に自由意思がないかというと、自由否定はできる。本心は何かって突き詰めても行動に移すため決断しない限りそれはわからない。それもゆらぎの範囲。

    記憶力を善くするには?結論としてはド忘れというものはなくて、記憶を直ぐに呼び出せない状態なだけで忘れているわけではない。その状況に戻ってヒントを探して記憶を呼び出せばいい。
    危機感、不安が記憶力を善くする。マンネリ化すると記憶力も低下する。子供のような気持ちが大事。論理的な勉強は纏めて、語学のような勉強は小まめに。睡眠による身体を休めると脳が活動する。睡眠時はやはり大事らしい。
    モチベーションを高めるには作業工程を細分化し、褒めて達成感を高める。

  • 読んでいる最中は感心して、 これは有益な情報だ!と思うのですが、いかんせん、脳の部位の名前や酵素の名前などが覚えきれないので、私には活かすことができないかも。でも、生活に活かせるちょっとした事や、世代や年齢に関わらずに話せる話のネタにはなりますね。

  • 2016年7月22日購入。

  • 著者がテレビでコメントしていた内容に興味があり読んだ。

    わかりやすく脳について説明しているのでサラサラと読めた。

  •  中村氏の解説とほぼ同じ感想を持った。また、数学はある程度固めて一気に、英語などは毎日ちょびっとずつ継続して、というのも納得のお話。本書を読んだことで少し精神の安定にも寄与できたような・・・

  • 記憶についての”海馬”の話は、とても興味深かった。
    さくっと読めて堅苦しくない脳の話なので読みやすかったが、もう少し深く知りたかったです。

  • さらっと読めるが、印象に残らなかった。

  • 読み進めるうちに、アレもコレも脳の仕業かと、身近なことからマクロなことまで想像の連鎖が起きる。

    脳は実に奥深い。

  • 脳科学者 池谷裕二氏の脳に関するエッセイ。研究によって明らかにされつつある内容を、25カ条の側面から分かりやすく解説した一冊で、改めて人間の脳の不思議さとその偉大さに気づかされた。知るだけで生活において有効な情報が多く、まさに目から鱗の一冊。

  • 池谷さんの博識ぶりには脱帽。

  •  脳には不思議なことがたくさんあります。ただ、はっきりしていることは、「意識できること」よりも「無意識のまま脳が実行していること」のほうがはるかに多いということです。
     意識を一種の「警告システム」であると考える学者がいます。想定外の事件が生じたときに、意識が生まれ、私たちに知らせるという考え方です。
     意識は「脳回路の成長」や「知恵の育成」を促すものだと解釈できそうです。
     意識が刺激されれば、それは脳の成長のチャンスです。

    ●ストレスは克服できる。その典型が場馴れ。感受性を修復し、記憶することがストレスの克服。海馬を発達させることで、ストレスに勝てる。
    ●悩みのない人は社会に適応することができない。悩まない人たちは、記憶力も低下する。記憶は、未来の自分のために蓄えるもの。未来への不安がなく、計画をたてるモチベーションのない人に、記憶は不要。
    ●なにかを学ぶときにはフィードバックがポイント。「自分は怒りっぽい性格だから気をつけよう」「寝ぼうだから早く起きよう」とか、問題意識を持ってフィードバックすることによって、自己修正ができる。

  • トピック毎にエッセイ風に書かれていてそれなり読みやすかったが、雑誌の1頁に載っている”豆知識”的で読み物としては軽い感じ。
    実際、雑誌に掲載したエッセイにさらに解説をつけて構成されたもののようだ。
    なんとなくショートショートみたい。内容的には変わらず面白いが、4冊目ともなると重複した内容もあるし、やはり1冊を通して書かれた本の方が強く印象に残るな・・・

  • 脳のことが解りやすく書いてあります。医療関係者ですが、目から鱗でした。
    笑える話あり、考えさせられる話あり、ちょっと怖い話ありなど、すぐに実行できることもあります。
    記憶の定着についての話は一読する価値ありです。

  • 最近ハマっている池谷さんの脳科学本。25項目に渡って脳科学エッセイを堪能できる。海馬を鍛えるにはマンネリを避け、よく遊び、刺激のある生活をしよう。旅先で周囲をキョロキョロするのも脳からシータ波が出て良い。好奇心、探索心、注意力がカギ。そして睡眠も大事ね。

  • ストレスと脳の関係については実用できそうな考え方だと思った。
    (レビューかきかけです)

  • この本を読む前に読んでいた、同著者の「単純な脳、複雑な『私』」と内容が重複している部分もありました。こちらの方が科学的な専門用語がいっぱい出てきてちょっと難しいところも。(他方は高校生向けにわかりやすく講義した内容なので、こちらが難しく感じることは自然なことですが。。。)

    本書の中で特に「⑤脳は何かと理性を失う」と「22 脳は何かと干渉する」の内容が興味深かったです。これからの生活に役立ちそう。

  • 脳科学コラム集。一つ一つの内容は最新の研究内容もあり面白いが、細切れになってしまいあまり残らなかった。

  • 和図書 491.37/I33
    資料ID 2012200394

  • 東京大学・大学院薬学系研究科・准教授である池谷氏による最新の脳研究を分かりやすく解説した書です。本書は6年ほど前に出版されたものなので多少時間は経過していますが、とても興味深い内容のものばかりでした。記憶をコントロールする部位である海馬の解説を皮切りに、ストレス耐性から恋愛に至るまで様々な現象が脳を中心に司られていることが述べられており、非常に面白いです。脳はまだ解明されていない部分も多いのですが、非常に曖昧な存在で、思い込みや外部環境などの要因で様々な影響が出てくることが分かっています。例えば、高級なレストランにおいて料理以外の盛りつけや店内の雰囲気、スタッフの接客対応などに脳は反応し、舌で感じる以外の経路から味覚野が刺激されて一層料理が美味しく感じるというのも科学的に見れば当然のことのようです。そういったことを考えると、日々の生活ではお金や時間といった分かりやすい軸だけでなく、如何に脳にストレスを与えないかという選択肢が最も重要なファクターになってくるのではないかとさえ思いますね。脳研究はまだまだ未知な部分も多い分野なので、今後も非常に注目しています。

  •  このタイトル「脳は何かと言い訳する」に惹かれて購入した一冊です。
     脳のことが知りたいと思っても、生物学や脳科学では専門用語がやたらと出てくるので、だんだんと読む気が失せてくるのですが、池谷さんが語る脳のことは、専門用語が出てきても、平易な表現でわかりやすく解説してくれたりするので、専門用語がでてきた=難しいにならないところが読みやすさのポイントかもしれません。
     恋愛・ダイエット・不眠・ど忘れ・ストレス・アルコール・・・これらにまつわる脳のことに興味あり!という人にはオススメです。

  • みんな自分の脳にだまされているのだw

全52件中 1 - 25件を表示

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)に関連する談話室の質問

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)の作品紹介

「脳」は幸せの鍵を握っている!恋愛、仕事、アルコールetc.「脳」のしくみを知れば知るほど毎日がきっと楽しくなる。

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)はこんな本です

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)の単行本

ツイートする