謎手本忠臣蔵〈上〉 (新潮文庫)

  • 113人登録
  • 3.78評価
    • (6)
    • (23)
    • (10)
    • (1)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 加藤廣
  • 新潮社 (2011年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101330532

謎手本忠臣蔵〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全3巻。
    歴史ミステリー作家、
    今度は忠臣蔵。
    まあ、年末だし読んでみる。

    忠臣蔵とは何だったのかを、
    著者らしい切り口で探る
    新しい忠臣蔵。
    浅野内匠頭がなんで吉良にキレたのか、
    そう言われるとなんでだろうと思った。

    が、
    あいかわらずというかなんというか、
    謎解きがいまいち盛り上がらない。
    結局「ん?」って感じが少し残った。

    で、
    じゃあ謎解き以外の、小説としてはってなると、
    こっちも「ん?」な感じ。
    物語の鍵になりそうな大きなフィクションを設定するも、
    上手く使うこと無く尻すぼみに消費する。
    あいかわらずツメが甘い印象を受ける。



    黒幕にされることの多い柳沢保明が、
    なんか悪いヤツじゃなかったり、
    内蔵助像も少し新鮮だったり、
    キャラ造形は結構好きだった。

    毎度思うんだけど、
    もっと面白くなりそうな設定なんだけどなあ。

  •  ご存じ忠臣蔵を著者なりの味付けで。柳沢吉保対大石内蔵助の構図か。綱豊配下の忍、吉保配下の忍が出てくるのが、著者らしいところかも。上巻は松の廊下刃傷事件前史から赤穂城開城まで。

  • 有名な、松の廊下での刃傷“事件”の謎を、ミステリ仕立てで追う展開。
    並行して進む、柳沢保明(吉保)の「桂一作戦」と、どう絡んでくるのか・・・と次巻に期待。

  • 大石内蔵助と柳沢吉保の双方の立場から、浅野内匠頭の刃傷事件の謎解きのミステリー仕立て。
    討ち入りの情況については、後日ドンドン脚色されていったようですが、この本では出来るだけ資料に当たり、忠実に再現されているようです。

  • 若き日の柳沢吉保の視点でかかれた松の廊下の事件など新鮮!!

  • まったく新しい忠臣蔵!内匠頭の刃傷時の不可解な一言、その真相に迫るミステリー仕立て。さらに赤穂事件の背景に柳沢・黒鍬組対間部・雑賀組の間の抗争があったとは。

  • (感想は下巻にまとめて書きます)

  • 忠臣蔵大好きなので思わず手に取った作品。
    それまでの「忠臣蔵」を覆すような、斬新なミステリー小説のような内容に、ぐいぐい引き込まれていった。文体に慣れるまで少し時間が掛かったが、とても面白い。大石像が新しくて実にいい!

  • 時代ものと思いきや、ミステリーだった。こういう予想外は楽しい。

  • 2012/01/14読了

全16件中 1 - 10件を表示

加藤廣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

謎手本忠臣蔵〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

謎手本忠臣蔵〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

元禄十四年三月十四日、勅使登営の当日。赤穂藩藩主浅野内匠頭が突然江戸城内松の廊下で高家筆頭吉良上野介に斬りかかった。内匠頭は即日切腹。残されたのは『覚えたるか!』という不可解な一言と事件の謎。なぜ、浅野は吉良に襲いかかったのかなぜ、勅使の登城は予定よりも早められたのか。元禄赤穂事件を全く新しい解釈で再現し、その真相に迫る壮大な歴史ミステリ。

謎手本忠臣蔵〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする