ニュースの読み方使い方 (新潮文庫)

  • 375人登録
  • 3.65評価
    • (26)
    • (44)
    • (59)
    • (6)
    • (1)
  • 58レビュー
著者 : 池上彰
  • 新潮社 (2007年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101330716

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ニュースの読み方使い方 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 非常にわかりやすく、ためになった☆

    あふれる情報を自分なりに取捨選択し
    正しく消化し
    自分の判断基準をしっかり身に付けていきたい。
    それと同時に
    人に伝える力も磨いていきたい!!

  • 平成19年刊行。相手に話してもらうのは難しい。まして惚れさせるのはもっと難しい。本書は、情報収集・発信に関して著者の方法論を広く開陳するものである。どことなく立花隆氏の方法論に類似しているが、これは新聞記者・雑誌記者の共通性に由来するのだろうか。ちなみに、著者は呑めないようだが、ブレーンストーミングのような意見交換の重要性は明確に指摘している。ならば、飲みニケーションの大切さもわかるのではないだろうか。胸襟を開くにはもってこいだし、ひとりブレーンストーミングには限界があるからだ。

  • ネットで情報を漁っているだけで情報通になったような気になってしまう時代だが、池上さんのやり方はその真逆に近く非常に示唆に富む内容と思った。

  • 読了。
    ニュースの読み方使い方
    池上彰

    良書でした。スラスラ読めた。
    新聞の読み方、情報収集の仕方、取材の方法、読書術などが書かれています。
    池上彰さんは読書は年間200冊ほどだそうで、わたしは今年もう1000冊超えているので、なんとなく優越感。笑

  • 第1章 私の情報収集術
    第2章 私の取材・インタビュー術
    第3章 私の情報整理術
    第4章 私の読書術
    第5章 私のニュースの読み方
    第6章 私の情報発信術
    1.情報発信のためだけでなく、自分の考えを整理するために文章を書く
    2.書いたものを発表してみよう
    3.相手への想像力を働かせ、わかりやすい説明の工夫をしよう

  • 請求記号:X1428/002.7 
    資料ID:50047821
    配架場所:図書館1階

    【感想文 by K.T】
    「情報」を得る手段は多数あるだろう。本校で講演も行ってくださった池上彰氏はまさに色々な手段で情報を得ていた。また、情報を発信する側としてもここ数年でよく見るようになった。わかりやすい解説の裏には、どうしてとういう日々の疑問と仮定をぶつけることでニュースがより分かりやすく深く知ることができるのであった。
     私たちも常に問題意識を持つことで新しい見方が生まれるかもしれない。

  • 週刊こどもニュースでお馴染みの「お父さん」こと池上彰氏の情報の収集&発信術が凝縮されている。
    池上さんならではの情報収集術や整理術、NHKの記者時代の取材術などについて詳しく書かれている。
    情報収集術に関しては、テレビ・新聞・ニュースの飲み方、見方が書かれている。民放とNHKのつくり方の違い等の見解も面白かった。
    中でも、私が興味を惹かれたのは、読書術の章。とにかく書店に行って買うことから始める。と言う。「そのジャンルに関係するものを全部買い、片っ端から読んで行くうちに、そのジャンルの基本となる一冊か二冊に行き当たる」そうだ。
    私の夢のお金の使い方だ。まだ無理なので、もう少し大人になったらご褒美で実践したい。
    「電車の中は理想的な図書館」という章にもものすごく共感。何故なら私自身がそれを提唱しているからだ。通勤時間が長いので、行きも帰りも読書時間に当てている。(気がついたら寝てること多いけど)池上さんは朝なるべく鈍行を選んで読書時間を確保しているそうだが、さすがにそれは出来ない。
    書き込んだり、線を引いたり酷使する「奴隷」と、カバーを付けて丁寧に読む愛蔵版の「お姫様」に本を分類する、という考え方も取り入れてみようと思った。

    また、仕事の進め方として、あらかじめ考えた仮説に従って内容をまとめる「演繹法」と、調査した内容をもとにストーリーを組み立てる「帰納法」。二つあるとしたら、ゆるやかな「演繹法」が、効率的、という項目にも共感。

    池上さんの記者時代の話で、原稿が書く時間がないとき、書かずに原稿をその場で頭で文章を組み立てて読み上げることもあったそうだ。それを、「勧進帳」と呼ぶらしいが、とても過酷な仕事。。否応無く文章力、度胸が身に付きそうだ。
    そのような、池上さんの実体験を交えたエピソードも多数収録。
    何と言っても、池上さんの文章の魅力は、わかりやすいこと。そしてわかりやすさの秘訣は、言葉のチョイスももちろんなんだけど、具体的な自らの実体験をうまく取り入れながら説明している点だと思う。何の根拠もないのに、「これが効果的だ」と言われてもピンと来ないからね。
    病院の待合室に暇だから購入した本だけど、これは何度も読む奴隷本にしようかなと思った。

  • この本は、実に分かりやすい。

    著者が、ニュースを作る際に重要視する「わかりやすさ」。
    これは、私にとって非常に難しい。

    自分にとっては、簡単に思えても、相手が理解できなければ意味はない。
    そのことを著者は優しい語り口で我々に伝えてくれる。

    情報をインプットし、アウトプットする過程で、咀嚼することが大事であると分かっていても実践できない。
    それを少しでも可能にするため、著者が実践しているテクニックを紹介してくれる。
    新聞のスクラップを自分が実践するのはなかなか難しい。

    しかし、「健全な懐疑心」を持つことなど道具がなくても実践できそうなことはあった。
    これらのテクニックを少し試してみたいと思った。

  • ちかごろ気になっていることがある。
    複数のメディアから「自分の主張に合う情報」だけを抜き出し、それがすべてであるように語る人だ。事実はひとつだが、視点や解釈は無数にある。
    たとえば会社倒産のニュース。経営者の視点と社員の視点はことなる。当事者でない人がどの立場にたつか、で切り取る情報もことなるだろう。
    複数のメディアから情報を得るのは事実を抜き出すためだ。多様な視点があることを知り、自分で判断するためだ。
    その自覚なしに複数メディアを渡り歩くのは危険だ。

    というのが自分の主張。

    この本では情報のインプットとアウトプットについて池上さんの方法論が書かれている。わかりやすい解説の背景には多大な努力が積み重ねられていることがうかがえる。
    いかに正しい情報を仕入れるか、に少しでも関心をもったなら、目を通しても良い本ではないか。

    ※もちろんこれは池上さんの方法論であり、様々ある情報整理術のひとつだ。100%鵜呑みにする必要はない。本書が「正確な情報を得るために複数の情報ソースにあたる」ことを勧めているからだ。

  • 池上彰がどのように情報を集めているかを書いた本である。サラリーマン向けの本であり、これでメディア・リテラシーを学ぼうとするためには無理がある。それよりも、サラリーマンが新聞をどう読み、通勤時間をどう使うかということや、メモの準備をどうするかなどアナログ人間にとって役に立つことが書かれている。

  • 文庫本だということが信じられないくらいギッシリと内容が充実しています。とくに読書術の章が気になって買ったのですが、その他の情報収集術・情報整理術・情報発信術も大いに参考になりました。新聞は計八紙を購読し、ニュースも朝、昼、夕、夜、各チャンネルを欠かさず見る。休日にはCNNまでチェックしている上で、勉強も欠かさないという著者には心底脱帽です。INPUTも膨大なら OUTPUT でも著書多数。大ファンになった池上彰氏の知的生産生活を覗かせていただきましょう。

    当日の主なニュースは夕方までに出揃う為、充実度なら夜のニュースが1番。朝のニュースでは海外の最新ニュースを仕入れる。と、私はロサンゼルス在住なのでこの逆をしなければいけません。ちなみに国内で時差のあるアメリカではニューヨーク (東海岸) が動き出すのが1番早い。西海岸の人々が起きだして出勤する頃、ウォールストリートでは皆、朝のヒト仕事を終えてクライアントとビジネスランチでもとっている最中という感覚です。

    新聞記事は「本記」「雑感」「解説」に大別することが出来、特に「解説」ではその出来事の背景、歴史、今後の見通しなどを記者が説明しているもの。情報量の多い新聞全部に目を通すことはできないと思っても、この部分は意識して読み、興味を引く記者がいたら注目して追いかけてみることを池上氏は勧めています。新聞を読むにしても、漠然と眺めていては何も見つけられないのは読書と同じですから、これは参考になりました。

    パソコンが普及していなかった頃から本を読んできた方たちは、読書ノートを作って書名、著者名、出版社名、内容をメモし... と大変だっただろうなと思います。それだけで読書が億劫になってもおかしくない。今は booklog のおかげで蔵書管理が簡単ですし、何と言っても読書がはかどります。  

    同じく新聞記事について、池上氏は今でもスクラップを欠かさないというアナログ派ですが、現代でそれはちょっと現実的ではないかなと。毎日スクラップ作りなんて考えるだけで新聞が嫌いになりそう。オンライン本棚で重宝している booklog の新聞版が欲しいです。各新聞社や月刊誌の判型をそろえて、自分のオンラインスクラップブックにためていくサービスなんて出来ないでしょうか。自分でカテゴリーを作って気になる記事をぼんぼん放り込んでおいて、あとで記者名、地名、新聞社名で検索もできる、と。

    オンラインスクラップブックで検索すると、以下3つが出てきました。もし使い倒している方いましたら、おすすめなど教えて頂けたら嬉しいです。

    Google Notebook / Evernote / ZOHO Notebook

  • 池上流情報整理術・情報発信術の詰まった一冊。
    分かりやすい解説と膨大な知識量の裏にあったのはやはり日々の絶え間ない努力だった!
    時々数年前のニュースに関する小ネタが出てくるのも面白い。
    この本でなんとか年間読書量100冊を達成・・・!

  • 情報の収集から整理・使い方までバランスよく

    わかりやすい説明でおなじみの池上彰が情報収集術、インタビュー術、情報整理術、読書術、ニュースの読み方(情報リテラシー)、情報発信術を自分の経験を元に幅広く展開。

    難しいことを分かりやすく説明する彼の情報への貪欲さと努力をこの本から学ぶことができるだろう。

    以下の2点を今後のために記録

    ■インタビュー術
    人から話を聞きだすときは、「仮説」をぶつける

    御用聞きになって、「最近どうですか?」とか「変わったことないですか?」とかインタビューしても「別に・・・」の回答でおわってしまう。自分なりに考え、仮説をぶつけてみると、相手が丁寧に答えてくれることが多い。もちろん仮設を立てるには、日ごろの経験や勉強が必要。

    ⇒このインタビュー術はそのまま営業でも使えると直感!
    御用聞きにならず、仮説をお客さまにぶつけよう。

    ■読書術
    人間の記憶なんていい加減。読んでもすべて覚えているわけではない。穴だらけのバケツで水をすくっている程度のもの。

    でも、せっせとやっていると少しはたまる。どんどん忘れるが少しは残る。そこに意味がある。

    ⇒読書をしていて、本棚を眺めていても昔読んだ本の記憶がほとんどない。でも、自分のどこかに少しは水になって役立っているのかもしれない。だからボクは本を読むのだ・・・と救われる記述。

  • ちょっと俗っぽい本なのだが、家に転がっていた。最近テレビの仕事を極端に減らしている池上氏の本だったので読んでみた。いつ買ったのかは覚えていない。
    タイトルは『ニュースの読み方使い方』となっているが、実際には、この情報過多の時代に情報をどのようにコントロールするかというのがテーマになっている。とくに、ヒアリング(取材)の仕方や情報発信の仕方(文章の書き方)なんかは、日々の業務において参考にできるものもあるのではないかと思う。ゆる~くビジネススキルを磨きたい方にお勧め。

  • 池上さんの情報収集・整理術。大学生の間では『思考の整理学』が流行ってるみたいだけど、こちらも読んでおいて損はない1冊(すぐ読み終わるし)。全編にわたって非常に参考になる。インタビュー術、読書術etc。でも、ここにあえて書き残すのなら2点。新聞のスクラップをネットなどのデジタルではなく、きちんと「紙」のアナログで行うこと。そして、日頃自分が知ったニュースをまとめる「ニュースノート」をつくり、自分で要約すること。この2つを今回はしっかり実行したい。やはり、吸収するだけでなく、自分の手を加えないと何事も覚えないし、進歩しないよなと思わされた。アナログも大事にしよう。

  • この手の実用書はふだんあまり読まないので、読了に時間がかかってしまった。
    マスメディアの情報の読み方見方が参考になった。
    新聞はたしかに何紙か読み比べてみると違いがわかって面白いものだ。

  • 気になったとこをメモ

    ・新聞記事は「本記」「雑感」「解説」で構成される。
    解説は記者の腕の見せ所。
    これが優れてると思ったら、記者の名前を覚えておいて
    その記者の記事を気に留めるようにする。

    ・海外の新聞記事が長いのは、
    日本と違って宅配の定期購読ではないから。
    読者は毎日、新聞の記事を追っているとは限らないため、
    初見の人にも分かるように記事が書かれている。

    ・海外の記事は、何人が、何人の目で見て、何人に向けて書いたのか
    を意識する。

    ・池上さんは斎藤美奈子さんを書評家として高く評価している。

    <目次>
    第1章 私の情報収集術
    テレビ・新聞・インターネット、ニュースは実にいろいろである
    放送時間でニュースの性格は異なる。充実度なら夜、海外の動きは朝にチェック
    民放には「ネットワーク系列」がある
    NHKが「おつくり」なら、民放は「シェフのおすすめ料理」
    「ニュースの疑問ノート」をつけてみよう
    テレビニュースには視聴率対策もある
    映像に惑わされない注意もしよう
    同じ新聞でも、東京と千葉では内容が違うこともある
    「全国」紙は、「大都市圏」新聞である
    新聞に生まれた赤ちゃんの写真がズラリ……が地方紙の魅力
    地方紙の社説は「共同通信の社説」ということも
    海外の最新ニュースは夕刊で手に入れる
    ねらい目は日曜日。日曜朝刊の一面は各社の特徴が出て面白い
    全国紙・経済紙・スポーツ紙など、新聞を読み比べてみよう
    新聞だって間違えることはある。だからこそ読み比べが大切
    新聞記事は全部読まなくても大丈夫
    たった一段の「ベタ記事」が、実は面白い
    小さな記事が、大きなニュースに発展することも
    「問題意識」を持っていると、情報は向こうから飛び込んでくる
    「宅配制度」で、新聞記事が不親切になっている
    ニュースを短く書き直す訓練が役に立つ
    英字週刊誌は読まなくてもOK。購読しているだけで意味がある
    経済専門誌はページを切り取ってしまおう
    週刊誌は新聞広告でチェック
    読みたい記事が二つ以上あるときに月刊誌を購入
    インターネットが、いちばん速いニュースとは限らない
    「檀ふみ」か「壇ふみ」か。ネット検索の意外な落とし穴

    第2章 私の取材・インタビュー術
    取材の基本は「デカ部屋」で教わった
    「おまわりさんはウソをつく」
    人から話を聞き出すときは、「仮説」をぶつけてみる
    取材とはコミュニケーション。だからこそ功を急がない
    営業も取材も同じ。大切なことは相手に「惚れさせる」こと
    「あなたの話を聞きたい」光線を発しよう
    「聞きたい」気持ちを態度で示す。視線の高さを同じにしよう
    「うなずく」ことで相手の話を引き出す
    話し上手は、相手がうなずきやすいようにしゃべる
    あなたは「教えを請う」のだ
    何を聞きたいのか、まず自分に質問しよう

    第3章 私の情報整理術
    三十年以上続けている新聞記事スクラップで、自分の興味・関心がわかる
    新聞は一定期間「寝かせて」から、まとめてスクラップ
    新聞記事のスクラップで、自分探しをしよう
    スクラップという「アナログ」が大切だ
    スクラップは規格を統一する
    スクラップは自分でやることに意味がある
    手帳の整理に時間をかけるのは本末転倒だ
    アイデアメモは書き損じの紙の裏で十分

    第4章 私の読書術
    判断力を鍛えるためにも、いつでも本を手元に
    いざというときのために本を読んでおく
    『コーラン』も読んでみた
    専門用語より「仕組み」を理解しておこう
    EUを知れば、アメリカまで見えてくる
    とにかく書店に行って、本を買うことから始めよう
    新聞の書評欄には、本探しのヒントや新たな発見がいっぱい
    新聞の片隅にある書籍広告... 続きを読む

  • どの時間帯のニュースがどのような構成になっているのか,新聞の朝刊と夕刊はどの時点のニュースを配信しているのか,マスコミのWebサイト上のニュースは本当に最新のニュースなのか,といったことがわかって非常にためになった.

  • そうだったのか!と思うような内容がちらほら。日曜版や夕刊を見る目が変わりました。

  • 政治経済から生活情報まで、どんなに難しそうなニュースも、イケガミ父さんが説明すればたちどころに分かりやすくなる――「週刊こどもニュース」で評判をとったあの分析力はどこから生まれたのか?“難解に思われがちな社会の出来事をなるべくやさしく噛み砕く“をモットーに、事件記者時代から毎日たゆまず培ってきたイケガミ流情報整理術・解釈術を大公開!


    わかりやすかった!
    また時間あるときに読み直そう*

  • 読書ノート。漠然と読みながしていましたが,ブクログを始める動機となりました。

  • なるほどなるほど。とても参考になりました。
    情報をどう分析するか、わかりやすく書いてあります。
    池上さんの記者時代の話も多く、そちらも面白かったです。
    これほどのレベルで情報を料理できるようになれば、興味や知識が広まったり深まったり、とても楽しいだろうなぁ。もちろん、知って楽しいことばかりではないでしょうが。

  • 図書館本。

    池上さんは「そうだったのか」を何冊しか読んだことが
    ないけれど、わかりやすいです。でも番組はキライ。最近あざとい。池上さんのせいではないけれど。

  • 保管場所:タタミ1

全58件中 1 - 25件を表示

ニュースの読み方使い方 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニュースの読み方使い方 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニュースの読み方使い方 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニュースの読み方使い方 (新潮文庫)の作品紹介

政治経済から生活情報まで、どんなに難しそうなニュースも、イケガミ父さんが説明すればたちどころに分かりやすくなる-「週刊こどもニュース」で評判をとったあの分析力はどこから生れたのか?"難解に思われがちな社会の出来事をなるべくやさしく噛み砕く"をモットーに、事件記者時代から毎日たゆまず培ったイケガミ流情報整理術・解釈術を大公開。

ツイートする