記者になりたい! (新潮文庫)

  • 222人登録
  • 3.77評価
    • (21)
    • (29)
    • (33)
    • (4)
    • (0)
  • 44レビュー
著者 : 池上彰
  • 新潮社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101330723

記者になりたい! (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  今やテレビに引っ張りだこのジャーナリスト、池上彰さんが自身の記者時代やNHKのキャスター時代のことを振り返った自伝。

     就活が始まり新聞社などの会社説明会を聞くこともある今日この頃。記者としての実体験を読みたくなり、この本を読んでみました。

     まずびっくりしたのが池上さんが入社された時代マスコミは一つ下の職業として見られていたこと。今考えるとなかなか想像つきませんが、これも時代なんでしょうね。

     本を読んでいると池上さんが経験を積むと同時に放送技術も進歩してきたようで、そうした技術進歩がマスコミを花形産業に押し上げたのかな、と思います。

     記者はやっぱり過酷な仕事。警察官を取材するための夜討ち、朝駆けや特ダネ競争、そして事件の被害者等の取材。

     池上さん自身「人間として大事なものを失ったかもしれない」という記述をされているところがあり、好き好んで遺族の話を聞きに行かないよなあ、と思ったり。

     そんな中でなぜ報道するのか、という問いが自分の中に確固としてなければ、いつかつぶれてしまうか、人としての信頼を無くしてしまうのが記者であり、報道関係の仕事なのかな、と思います。

     報道される側の立場や言い分もあり、メディアスクラムや報道被害、人権侵害が叫ばれるようになった今の時代。
    いかに自分のやっていることに対し自覚的であることができるか、そして報道の意義を見つけることができるか、ということが今の時代の報道や表現に携わるものが持つべきものなのかな、と思いました。

  • 池上彰氏が記者として働き、週間子供ニュースのキャスターを勤め、NHKを退社の流れを、振り返り想いを語る本。記者の仕事内容大変さがわかる。報道に対する熱い心を感じる。

    【心に残る】
    いかに分かりやすく、生々しい報道をするか

    ニュースは嫌な事件も多いが「悪は必ず罰せられる」という根本のところでの理想の原理を、子供たちに少しでも伝えることができれば、と念願しながら放送を続けてきた。

    【読んでみよう】
    本多勝一 戦場の村

  • 池上さんの「高校生でもわかる資本論」を読んで、これまでの記者人生を読んでみたくなりました。池上さんの記者魂がわかる本。
    これを学生時代に読んだら記者になりたくなるかも。

    事件ごとに書かれている紹介のところは、
    少し長いように感じたが、最後のキャスター、ジャーナリズムについての所はなかなか読み応えがありビシビシと伝わってきた。


    「努力を惜しんではいけない」!

  • 【No.44】ジャーナリスト・池上彰さんの自伝。

  • 必要なニュースあhどんなに堅くても、つまらなくても伝える。でも、その時にどうすれば、わかりやすく興味を持ってもたえる伝え方ができるか、その努力を惜しんではいけない。

  • 池上さんなりの仕事の工夫が所々に書かれてあって参考になった。生涯勉強ですね。

  • 読みはじめて数ページで、「これは五つ星だな」と思わせる本。さすがに分かりやすくまとめられている。NHKの地方記者時代の話がほとんどだか、どのエピソードも面白い。来月、松本で某新聞社主催の講演会があるから、出かけてみるか…

  • 読みやすいし、自伝的にも面白かった。

  • 2回目。再読。

  • 記者になるひとならないひと。
    池上ファンでもそうでもない人も必見。

    なにせこれは祖父からもらった大切な本。
    個人的な思いでがあります。

    池上さんの記者時代の話は面白かった。
    特に御巣鷹山 クライマーズハイばりの記者だったんですね。

全44件中 1 - 10件を表示

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

記者になりたい! (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

記者になりたい! (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

記者になりたい! (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

記者になりたい! (新潮文庫)の作品紹介

地方記者を振り出しに、警視庁担当、災害担当記者として、ホテルニュージャパン火災や、御巣鷹山日航機墜落など数々の大事件を取材。そして「週刊こどもニュース」のお父さんに。難しいニュースも専門用語を使わずわかりやすく説明し、人気を博した。取材記者とキャスターの経験を併せ持つ生涯一記者の半生記。

ツイートする