甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)

  • 368人登録
  • 3.84評価
    • (38)
    • (71)
    • (36)
    • (9)
    • (3)
  • 69レビュー
著者 : 中村計
  • 新潮社 (2010年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101332413

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノンフィクション。

    日本が揺れた松井秀喜5打席敬遠のドキュメンタリー。

    明徳が悪者扱いをされている印象が強かったが、関わった人達の話から明徳は悪者ではないと思えた。

    勝つことに徹底したやり方が果たして悪いことなんだろうか?答えは多分出ないのかな…価値観の違いなのかもしれない。みんな純粋だった。野球にかけていた。それがすごく伝わってきた。

    特に星稜の五番を打っていた月岩さんの話は心に残った。

    やっはり試合の後はいろいろな葛藤や後悔があったようだ。(今でも?)葛藤の末の言葉であるだろうがこの言葉が印象的だった。

    「あそこで打って、有頂天になっていると…将来のことを考えると、打てなかった方が良かったと思います。」

    松井選手の夢の実現にはどうすればいいかという質問の答え

    「…逃げないことじゃないですか。好きだと思えることからは。」

    やっぱり努力してきた人は言葉の重みが違う。

  • 高校野球史上もっとも有名な試合の一つ、松井秀喜5連続敬遠を取材したノンフィクション作品。悲劇のヒーローである松井秀喜氏はもちろん、明徳と星陵の両監督や選手、そしてあの試合を担当した解説者や、当時記事を書いた新聞記者など、多方面への取材により、あの日の真実に迫っている。

    いまだにあの試合がメディアで紹介されるとき、高校野球らしくないとかスポーツマンシップに反するなど、否定的な論調が多数を占めている。しかし、本書を読んでわかったのは、必ずしも野球関係者の間では、否定的な意見が多いわけではないという事だ。

    特に強豪校と言われる学校は、甲子園で優勝する事を唯一の目標とし、尋常とは思えないような練習量を積んでいるのだ。相手が高校生だからといって、勝負の世界にきれいごとを求めるのは、そんな事情を知らない我々のワガママなのだろう。

    あの世代の明徳の選手たちから、50歳になったら星陵と再試合をやりたい、という話が持ち上がっているそうだ。でも残念ながら星陵サイドは、あまり乗り気ではないらしい。ぜひとも2024年の夏、できれば甲子園球場で、もう一度あの試合を見てみたいものである。

  • その試合の後で教え子たちにかけた監督の言葉に、ぎゅっと胸が詰まりました。
    「星稜らしく、散ってしまったな。」

    それは、監督自身が13年前の教え子と甲子園で経験した、簑島高校との延長18回の激闘の末の敗戦に重ね合わせて言った言葉。
    野球にうとかったわたしでもその試合は鮮明に記憶しています。
    いまも何かにつけ、甲子園の名勝負として紹介されることの多い試合です。

    そして今回この本で取りあげている試合は、また違う形で星稜が甲子園の悲劇の象徴みたいになってしまった時のことです。

    わたしの祖父と同じ根上町出身の松井秀喜選手は、それだけでとても身近で親しみを感じる相手。毎年夏に帰省すると、地元の寺井駅の構内の売店では「ゴジラ松井クッキー」を売っていたほど、地元では大ヒーローなのです。(その売店も、JRの合理化の波なのか、もう数年前になくなってしまったけれど。 )

    メジャーリーグにまで飛び出してしまう「怪物」が、あの静かなほのぼのした町内からよく誕生したなあ、と思わずにはいられません。プロに入ってからの飄々としたインタビューの態度。言い終わったとき、下あごをぐっと噛み広げる独特の表情。ますます、おもしろい人だなあ、と思って、今もスポーツニュースに出てくるとつい注目してしまいます。

    簑島高校との激闘から13年後の夏の甲子園。石川県代表として甲子園にやった来た星稜高校。
    4番で主将の松井選手に対し、対戦相手の明徳義塾高校は全ての打席、5連続敬遠を選ぶのです。
    大会前から「怪物」として名をはせていた高校生ばなれした強打者松井選手は、その試合、バットを1度も振ることなく、伝説になってしまうのです・・・

    「高校野球らしく堂々と戦え」という明徳義塾の監督に対する非難、松井選手の次の打順を打つバッターに対する「お前が打っていれば勝てたのに」という無言の声。

    この本は、当時の両校の選手や監督、そして、松井選手本人など当時のことを知っている人物にインタビューをして、当時の事実や選手の偽らざる心情をまとめています。

    5打席連続敬遠なんて、松井選手はさぞかし悔しく甲子園を去ったことだろう
    とか、
    監督のサインにしたがって勝負から逃げるような球をミットに投げ込まなければならなかった投手だって、本当は松井と勝負したかったに違いない、
    とか、
    全て、ギャラリー側の視線にすぎないのかなぁ。
    なんて、思いました。

    スポーツ選手として、競技に取り組みながら考えていることは、同じ目標に向かっていても、そのやりかたとか、何を信じるか、とか、そんなものは自由なんだということを思い知らされました。

    勝負事だから当然勝つことにこだわるのも信念。そのための戦術としてルールを越えなければ何も間違いではない。
    特に高校での野球の場合、「甲子園」という明確な目標が描きやすいので、たんなる高校生のいち部活を超えている世界があるということは、なんとなく感じられるところではあったものの、そのそれぞれの毎日と人生は、壮絶なものがあるのだなあと。
    (この印象もまた、ギャラリーとしての視線に過ぎないけれど)

    この本の著者の方もまた高校では野球をやっていたそうで、自らのエラーで勝利を逃して現役生活の幕を閉じてしまった、という思い出があるそう。それで、同じ野球経験者として、彼らの気持ちがわかってやれるのでは、とこの取材を決意し、自力で当時の関係者にアタックし、インタビューをしたというところがおもしろいと思いました。

    質問ひとつにしても、単なる、話題としての問いかけしかできない場合と、”こんな場面では、選手なら、監督ならこう考えるんじゃないか?”という前提のもとに話しかけができるというのは貴重だと思うから。

    それでさえ、取材者が予想するのと全く違う種類の答えが当時の選手や関係者から帰ってくることがあって、つくづく、話は聞いてみないとわからないものだなあと感じました。
    しかし、いくら「あの試合」から相当の年月が経過し、それぞれ大人になって当時の選手達が、「過去の思い出」として振り返った上で話してくれたとしても、あの暑すぎる甲子園のグランドに埋めてきて、絶対に、一生取り出さない想いも、あるんだろうなあ。

    高校野球は「ひたむき」とか「さわやか」とかよく形容されますが、ぜったいそんなことだけではすまない。渦巻くいろんな世界がある。
    選手の想い、監督の想い、そして甲子園という場所が象徴する一瞬のきらめきと重圧と運命のめぐりあわせ。この中で、ただ上手くなること、勝つことに向かって、それぞれのやりかたで、3年間を部活とともに生きている野球部員たち。甲子園はそんな人たちの舞台なんだな。あらためて重たく恐ろしい場所だ!

    今年も地方大会が始まって、そして甲子園の幕が開ける。この時期にこの本を読んでよかったと思いました。

  • 高校野球を高校生が野球やってるだけの話と思えばこんな狂騒は起きないんだろうけど、人生とか清々しさとかと無理無理くっつけるから見る側と選手監督の感覚がズレていくのかな。
    マスコミが煽って作ったストーリーと内実がここまで違うのか驚いたが、日常のニュースもそんなものなのかもしれない。

  • この事件がきっかけで高校野球が一時期嫌いになったぐらいだったので、選手のその後に興味があって衝動買い。とても興味深く読ませてもらった。わたしは当時から5連続敬遠は極めて正当な作戦であると考えており、ブーイングと帰れコールで試合進行や校歌斉唱を妨害するほどの”汚いプレー”とは全く思っていない。当時の報道からはわからない「新事実」も載っているので、一緒になって心の中で帰れコールをやっていた人も是非読んで欲しいと思う。

  • 実際に試合を見たわけではなかったけど、
    TVなどで騒がれていたので
    すごいことが起こったという印象を持っていた

    高野連のコメントは当初から見当違いだと思ったが
    明徳義塾が「悪い」という印象を、おぼろげに持っていた

    この本を読んで、明徳の人たちの考えを知るうちに
    「高校野球」に対する考え方、捉え方の
    違いがあることがよくわかった

    確固とした信念を貫いた明徳の人たちを
    かっこよくも感じた

    あらためて高校野球が面白く感じられた

  • 資料ID:C0031410
    請求記号: 新潮文庫 ; な-72-1
    配架場所:2F文庫書架

  • 2016年6月30日読了

  • 記憶に残る甲子園での5連続四球についてのノンフィクション。プロ野球と異なる魅力を高校野球に感じる人は多い。一つは職業ではないからだ。無意味に見える攻守交代の全力疾走はじめひたむきさや純粋さに好感を覚える。だから、何をやっても勝てばいいということに反発を覚え、敗れても大きな拍手を受けるのだと思う。私立高校に有名になって存続するという宿命があり、そのためには県外から有力選手を集めて勝利を最優先という論理は分からなくもない。ただ、例えば今治西高校と明徳義塾高校の試合を観ていると、指導者の目指すところが大いに違うことを感ずるのである。2016.5.6

  • 5敬遠のせいで甲子園の伝説となった松井。関連人物のその時の心境とその後のレポート。

全69件中 1 - 10件を表示

中村計の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
落合博満
村上 春樹
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)の作品紹介

「甲子園なんてこなければよかった」-。球史に刻まれた一戦、1992年夏、星稜vs明徳義塾。松井との勝負を避けた明徳は非難を受け、試合をきっかけに両校ナインには大きな葛藤が生まれた。あれから15年、自らの人生を歩みだした監督・元球児たちが語る、封印された記憶。高校野球の聖地で、彼らは何を思い、何が行われたのか。球児たちの軌跡を丹念に追ったノンフィクション。

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)はこんな本です

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)のKindle版

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実 (新潮文庫)の単行本

ツイートする