七つの甘い吐息 (新潮文庫)

  • 82人登録
  • 2.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (8)
    • (3)
  • 9レビュー
制作 : 「小説新潮」編集部 
  • 新潮社 (2007年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101332512

七つの甘い吐息 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

全9件中 1 - 9件を表示

七つの甘い吐息 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

七つの甘い吐息 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

七つの甘い吐息 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

七つの甘い吐息 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

七つの甘い吐息 (新潮文庫)の作品紹介

豊かすぎる胸は熱く火照り、女の口元から洩れる苦しげな喘ぎ声は、いつしか官能に打ち震える歓喜の甘い吐息に変わった-。兄嫁と予備校生、キャバ嬢とウリセン、弁当屋のバイト主婦と青年…男と女が肉体を重ねて、互いの欲望をぶつけ合う。身体の芯が疼き、快楽に蕩けていく。ようこそエロスの王国へ。あらゆる欲望を奔放に解き放つ、官能小説の傑作七編を収録。文庫オリジナル。

七つの甘い吐息 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする