ジーン・ワルツ (新潮文庫)

  • 5001人登録
  • 3.64評価
    • (266)
    • (730)
    • (694)
    • (91)
    • (15)
  • 510レビュー
著者 : 海堂尊
  • 新潮社 (2010年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101333113

ジーン・ワルツ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「チーム・バチスタの栄光」でヒットした現役医師作家海堂尊の作品で、代理母出産という難問のテーマに挑む作品です。

    純真学園大学 医療工学 教員:大石義英

  • NHKドラマ「マドンナ・ヴェルデ」を見たのがこの本を読もうと思ったきっかけ。
    これが原作かと思って読み始めたら、全然違ったので驚いた。
    原作は別バージョンだったのね~
    代理母出産や人工授精など、いろいろなことを考えさせられる作品だった。
    私は代理母には概ね賛成だけれど、それがビジネスになったときに、いろいろな問題が起きるであろうことは想像できる。
    実際にどこかの国ではビジネスになってるんだよね。
    出産は、母体の命に係わる大変なこと。
    現代ではすごく少なくなったとはいえ、出産で命を落とすお母さんが実際にいること。
    そのリスクを負って、自分の子とはならない子どもを産むことが、どういうことなのか。
    私だったらどうだろうか…
    しかし最後の理恵先生の守りの完璧さには驚いた!
    さすがだわぁ…

  • ドラマ「マドンナ・ヴェルデ」を見たときから原作の「ジーン・ワルツ」が読みたかった。
    図書館で予約してから4ヶ月。ようやく読むことができた。

    チビを妊娠したときに、赤ちゃんが無事に生まれるってなんてすごいことなんだろう!と感動したけど、これを読んで改めて感動。
    まさに、奇跡なんだわ。

    ドラマをみていたから、その内容もリンクさせながら楽しめた。
    次は「マドンナ・ヴェルデ」を読んでみようかな。

    理恵の行為は理論的には問題なかったのかもしれないけど、倫理的には許されることではなかったと思う。
    でも、自分だって同じ立場ならわからない。
    理恵だからできてしまった…としか言いようがない。

    「女って、なんてバカなの」は理恵自身にも向けられているように感じる。

    理恵の手によって、生まれ落ちた子達が成長したときに、何も影響がなければいい。
    タダそれを願う。たぶん、理恵が裁かれるとしたらそのときだ。

    自分が羊水検査を受けるかどうか考えたときに、結果によっては堕胎する。と簡単には決断できなかった。
    たまたま、なんともなかったからよかったけど、もし悪い結果だったら、どうなっていただろうと…考えるだにおそろしい。

    おなかにいて、生きているのを感じているのは母親だから。

    次に出産の機会を迎えたときに、正常分娩ができるとは限らない。
    チビが、五体満足で無事に生まれてきてくれたことがほんとうにありがたい。

    お産って、まだまだ危険な部分が多いんだな。


    んー。海堂作品はいつもいろいろ考えさせられるわ~。

  • 健康な子供が生まれることが、ここまで奇跡だったとは。いろいろなことに感謝せねば。

  • 母は偉大ですね。

  • 初の海堂尊作品。

    映画化された事は知っていましたが、観てはいません。しかし、小説だけで大満足です♪

    医療ミステリーと思って読んだので、ハラハラドキドキ程度を想定していたのですが、やられました◎怒涛の出産シーンでは涙が止まらなくなってしまって(;_;)
    一瞬だけしかこの世に生きていられない子を、命懸けで生み落とす。私も母親ですが、改めて母性について考えさせられました。

    それにしても、主人公の理恵先生を始めとした女性達の何と強いこと。大声で「アッパレ!!」とこれからも大きな戦いを挑む主人公に、エールを贈りながら本を閉じました。

  • 妊娠、出産は奇跡的な出来事なんだと改めて感じられた。代理母出産、体外受精についても考えさせられた一冊。技術の進歩で妊娠、出産の在り方は多様化して、女性にも選択肢が増えているけれど、他の多くの問題と同様に、法が追いつけていない気がしてならない。マドンナヴェルデも読んでみたい!

  • 不妊治療と代理母出産がテーマ。
    近い将来、子供を産みたいと思っているので『妊娠・出産』はとても興味のあるテーマです。
    自分の子供には腕がない、産まれ出てすぐに死んでしまうということを妊娠中に知らされたら、自分ならどうするかな?
    登場人物たちのように強くなれるのかな。と考えさせられました。
    いま考えたところで、それを覆すほどの力が妊娠にはあるのだろうけど。

    4人の妊婦の出産シーンは一気読みでした。
    お産には危険がつきものなんだと分かると同時に、なんの問題もなく私を産んだ母は当たり前じゃないんだなって、改めて思いました。
    行政や地域医療については、もう少し深く理解していきたい。

    『マドンナ・ヴェルデ』ではいろいろな謎も明らかになるみたいだから、絶対読まなくちゃ。
    他の作品とリンクもしてるみたいだし、これから少しずつ海堂作品を読んでいこうと思います。

  • 代理母出産という人類最大の難問に挑む「クール・ウィッチ」の異名を持つ顕微鏡下体外受精のエキスパートである帝華大学医学部の曾根崎理恵助教の強烈な個性がすばらしいです。

    少し前にこの本が映画化されたということで、じゃあその原作でも読んでみようかな、と思い手にしたのがきっかけですが、いやぁ、面白かったです。一気に読んでしまいました。ただ、惜しむらくはこの本の登場人物が出てくるスピンオフの物語を読んでいなかったので、それを読んでいればもう少し深い世界に入っていけたんだろうな、というものがありましたが、後半からは怒涛の展開で、読む人間をあきさせないつくりになっておりました。

    ただ、作者は現役の医師だそうで、そういう立場にいる人間がここまで踏み込んだことを書いていいのかいな?というものもいくつかかかれてあって、そこが面白いといえば面白いのですが…。物語は顕微鏡下体外受精のエキスパートである産婦人科医で帝華大学医学部の曾根崎理恵助教と、その上司である清川吾郎准教授を中心に回っていきます。二人はいわゆる「オトナの関係」でそれを踏まえた上で繰り広げられる大学病院内や会話の流れにはドキドキしましたね。そして彼女が大学での研究のほかにいっている閉院寸前のマリアクリニックで診療をしている五人の妊婦を診ている。ところで大きく展開を迎えます。

    年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていて、そのうちの一人が日本では禁止されている代理出産ではないか?ということに気づいた清川吾郎准教授もさすがですし、最後のほうで、その追及を軽やかにかわしていく曾根崎理恵の姿にもそれぞれの立場や、考え方が交錯する場面で、非常に読んでいて面白かったです。僕はこれから曾根崎理恵や、その家族の物語を読んでいきますが、それはおいおい、ここでアップしていきたいと思っています。

  • 海堂尊さんの医療ミステリ。

    文章のテンポが良く、1時間ほどで読了できる。

    海堂尊さんの本は、全く知ることができない、医療業界の暗黒部分を垣間見せてくれ、興味深いです。
    それでいながら、個性的なキャラクターや軽快な言葉選びによって、重々しい感じを受けず、スーっと読むことができるのは、すごいと思う。

    海堂さんは、小説ならヒトゴトではなく自分のことのように感じてもらえるのではないかと、医療問題を小説にしているそうだが、この試みは、少なくともわたしに対しては成功していると思う。

全510件中 1 - 10件を表示

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ジーン・ワルツ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ジーン・ワルツ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジーン・ワルツ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジーン・ワルツ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジーン・ワルツ (新潮文庫)の作品紹介

帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていた-。生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む、新世紀の医学エンターテインメント。

ジーン・ワルツ (新潮文庫)の単行本

ツイートする