マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)

  • 1183人登録
  • 3.43評価
    • (35)
    • (132)
    • (169)
    • (32)
    • (5)
  • 103レビュー
著者 : 海堂尊
  • 新潮社 (2013年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101333120

マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ジーン・ワルツ』を、もう一つの視点からみた物語。

    アチラをどこか冷めた寒色の物語とすれば、
    こちらは太陽のような光に彩られた暖色の物語、でしょうか。

    「生命」を作る、「生命」を育む、、そして産む。
    母と呼ばれるのは果たして、誰になるのでしょう。

    題材は同じであるにもかかわらず、人が違えば変わるものですね。
    たとえ母と娘と言う、血のつながりのある親子であっても。。

    『医学のたまご』とも仄かにつながっていて、ラストはなかなかに味があります。

  • 最初は代理母と言う題材なので、読みづらくなかなかページをめくる事が出来なかったのに、三分の二程読み進めると
    サクサクと読み進めれた作品でした。

  • ジーンワルツは娘の理恵の話だが、これは理恵の母親であるみどりの話。
    相変わらずユミが覚醒している。
    みどりみたいな可愛くて優しいお母さんに憧れる。

  • 2013.12

  • ジーンワルツの裏側ってことですが、なんだかね…。
    作者が柄にもなく文学的表現を駆使して美しい文章に挑戦してみたところ、失敗してただ読みにくい文になっちゃったような感じ。
    話の中身もなんだか薄いし、海堂さんの作品のなかでは、一番面白くなかったかな。

  • 2017/11/21 ジュンク堂神戸住吉店にて購入。

  • 代理出産というとても重いテーマにしては、軽く処理をし過ぎてしまった印象。
    医療現場が抱える課題や矛盾に真正面から挑むところが海堂氏の特長であるはずなのに。。

  • ジーン・ワルツ読了後の期間が長く、常に復習する感じで本書を読む。マリアクリニックに集う訳あり妊婦の中でも山咲みどりは際だって異常な存在だった。代理母問題を作中人物に語らせるのは海堂ワールドの常套手段。終盤、妊婦達が同時に産気づき、その対応に出た三枝院長のシーンに何故だか目頭が熱くなった。出産直後のみどりやユミが問題解決のために活躍する場面に「帝王切開後や通常分娩後の痛みはどうしたの?」という違和感あり。それとは別に、ジーン・ワルツを再読しようと思った。

  • ジーン・ワルツもうひとつの物語。

  • どんなに医療技術が進歩したとしても、触れてはならない聖域があるのかもしれない。
    母として、父として、子どもに果たさなければならない責任とは何なのか?
    生めば親になるのか。育てていく過程で親になっていくのか。
    みどりの選択が正しかったのかどうかはわからない。
    ただ、理恵はきっと、以前とは少しだけ違う人間に成長しているような気がする。
    理恵なりに良い母親になるような気も・・・。
    現在、代理母の法的問題はどうなっているのだろう。
    自分に関係のないことは、たぶん報道されていても目に止まらない。
    不妊治療の問題も含めて、きちんとした話し合いはされているのだろうか?

全103件中 1 - 10件を表示

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)の作品紹介

美貌の産婦人科医・曾根崎理恵、人呼んで冷徹な魔女。彼女は母に問う。ママ、私の子どもを産んでくれない-?日本では許されぬ代理出産に悩む、母・山咲みどり。これは誰の子どもか。私が産むのは、子か、孫か。やがて明らかになる魔女の嘘は、母娘の関係を変化させ…。『ジーン・ワルツ』で語られなかった、もう一つの物語。新世紀のメディカル・エンターテインメント第2弾。

マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)の単行本

ツイートする