超・居酒屋入門 (新潮文庫)

  • 187人登録
  • 3.56評価
    • (11)
    • (17)
    • (27)
    • (2)
    • (2)
  • 17レビュー
著者 : 太田和彦
  • 新潮社 (2003年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101333342

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

超・居酒屋入門 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 太田和彦さんの居酒屋指南本。ってそのままか。大人の孤独な居酒屋の楽しみ方について。日本酒に詳しくなりたい。そして質素なつまみで飲みたい。そんな気持ちにしてくれる本。後半はちょっと冗長。
    俺も40とかになって居酒屋をめぐる一人旅とかしたいなー。

  •  最近すっかり太田和彦ブームなのである。旅チャンネルの番組も見てるし。番組に登場する太田さんは、朴訥な語り口で、とっても人の好いおじさまという感じなんだけど、本のほうはなかなかに辛口で薀蓄おじさんなのだった。
     男がひとりで居酒屋でお酒を楽しむということについてのあれこれなんだけど、それって女のワタシはどうすりゃいいのよ、って話もあったりするけど、こういう場合は、オトコもオンナもないでしょ、と、ちょっとオジサンになったつもりで読んでみる。確かに、オジサンだったらこんな楽しみ方をしてみたいなあと思わされるし、なかなかに楽しい本だった。

  • なかなかこだわりが素晴らしい。番組も面白いが、本書ではさらにそのこだわりを詳細に確認できる。(笑)各地の居酒屋でのエピソード紹介も楽しい。一人で居酒屋へ非常に行ってみたくなる本。(笑)

  • 居酒屋いきたくなるだ。

  • 居酒屋一人飲みの楽しみが広がる。

  • 活字で酩酊できる酩著.

  • 居酒屋好きにはたまらない一冊。居酒屋の歴史、お作法、お酒の種類、定番の肴、季節な肴、全国の名店紹介等々。
    1人でお酒を飲みに行きたくなります。

  • 作者の太田和彦氏の全国の居酒屋を訪ね歩き、その経験から書かれた一冊。基礎編、実技編、研究編、実践編と分かれ「居酒屋とは?」から始まり酒の飲み方、孤独の楽しみ方、居酒屋の備品、そして全国の美味しい居酒屋など話題は尽きない。何となく酔える一冊である。

  • 今、作者はBSイレブンで居酒屋紹介の番組を
    やっているがこれがとてもおもしろい。
    さらに本は異なった見方で居酒屋を解説していて
    これもおもしろかった。
    居酒屋最高!!

  • 神戸の「宣伝酒場」/”夏越しの酒”から”秋上がりの酒”に..10/1は日本酒の日/昔は居酒屋には”お燗番”というのがあった。日向燗(約30度)、人肌燗(約35度)、ぬる燗(約40度)、熱燗(約50度)、とびきり燗(55度以上)とある../伊豆諸島も焼酎圏..江戸時代、鹿児島の丹宗庄右衛門が甘藷栽培を普及させ、さらに鹿児島から製造設備一式を取寄せ、島民に伝授したのがはじまり/「十四代」の高木顕統と「冨乃宝山」の西陽一郎は東農大の先輩後輩、「俺は日本酒で天下を取る、お前は焼酎で天下を取れ」と言われ奮起し”焼酎

  • 太田和彦さんのテレビ番組が好きで買いました。
    ただ、行き帰りの通勤電車で読むとあまり盛り上がれません。

    内容は当然居酒屋さんのこと。
    朝からお酒のことを考えるのもどうか?
    帰りに読むと寄り道をしたくなってしまってつらい。

    出来れば、静かな居酒屋で飲みながら読むのが一番いいのかも!?

  • 日本男子必読です。

  • 安い居酒屋しかいかないので,本の中で語られる世界に憧れる。

    男30代,自分のいきつけの粋な居酒屋を持ちたいものだ。

    出張先とかでそういう店にフラッと入るには,まだまだ人間の厚みが足りなくて物怖じしてしまう。

    エイっと入ってしまえば,また視野が広がるのかも知れない。
    次の出張は少し勇気を出してみるか。

  • 全国の居酒屋を飲み歩いてきた著者による居酒屋の作法、その入門書です。僕も酒の上での失敗は枚挙に暇がないんで、できればそれをやらかす前に読んでおきたかった本です。

    この本の作者は、この境地に至るまでに、一体どれだけのカネと時間を酒に注ぎ込んだのでしょうか?そんな野暮なことを考えながらこの本を読んでも、十二分に楽しめる本でございました。僕は、ここに書かれていることを文字通り体で覚えたクチでございます。それはそれはつろうございました。この本に書かれている酒は主に日本酒ですが、僕が『飲んで、飲んで、飲まれて、飲んで』いたのは主に焼酎とビールでした。それもひとりで飲む酒はほとんどといっていいほどなく、たいていは翌日の明け方まで飲み歩くと言う、そんな不埒な生活をしておりました。

    でも、ここに書かれている『市井にあっての孤独』を持って、居酒屋に入って、肴をあてにちびちび飲む。こういうのみ方がいいんですよね。本当は。そして、女は生活のグレードが上がれば店を変えるのに対して、男はいくら功成り名を遂げても、自分がまだ貧乏だったときのことを覚えている、と言う記述には、読んでいてはっとさせられました。

    自分にもそういうところがけっこう当てはまるので、『やっぱり酒仙の言うことは違うな』と、思ったしだいでございます。

  • 1人で居酒屋で綺麗に飲む。
    これができる大人になりたい(^ ^)

  • 2009/2/28 メトロ書店御影クラッセ店にて購入
    2009/11/3~11/9

    太田さんの本を読むといつでもお気に入りの居酒屋で美味しいお酒と肴を楽しめるのだが、今回も期待通り。東京に出張のときはだいたい御茶ノ水に泊まるのだが、「シンスケ」という名店はまったく知らなかった。今度行く機会があれば、必ず行ってみよう。

  • 独り蕎麦屋でビールが似合う女になりたい。

全17件中 1 - 17件を表示

超・居酒屋入門 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超・居酒屋入門 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

超・居酒屋入門 (新潮文庫)の作品紹介

一人前の大人ならば、良い居酒屋を一目で見つけたい。それがはじめての店であっても、臆せず一人で入りたい。そしてしばし寛いだならば、平然ときれいに帰りたい。そんな「居酒屋の達人」になるために、知るべきことは-。ニッポン全国の居酒屋を訪ね歩き、その本質を極めた太田和彦が、経験を基に満を持して語る「正しい居酒屋の愉しみ方」。

超・居酒屋入門 (新潮文庫)はこんな本です

超・居酒屋入門 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする