小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)

  • 85人登録
  • 4.33評価
    • (12)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 黒柳徹子
  • 新潮社 (2012年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101334097

小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あんまりむつかしくなくて、気分が重くならなくて楽しい本が読みたい、、、と本屋を物色していたら黒柳さんのエッセイが文庫化されていました。大好きで昔から研究していたというパンダのこと、ユニセフ親善大使として訪問した先々で出会った子どもたちのことや思ったこととか、渥美清さんや赤塚不二夫さん、向田邦子さんなど、昭和を代表するような方々との思い出や、お母さまのお話などが、ざっくばらんに綴られています。すごく面白かったです。上品であれこれ気配りが行きとどいて居ながら、とてもくだけた雰囲気の独特の文章で、まるで黒柳さんが喋っている声が聞こえてきそうな感じでした。この本より前に『小さいときから考えてきたこと』というタイトルのエッセイも出ているそうなので、探して読みたいと思います。『窓際のトットちゃん』もまた読みたくなりました。

  • いつから読み始めていたんだろう・・・
    ずいぶんかかったけどようやく読了。

    kamoshigiさんからのお勧めの1冊だった本書。
    もともと同じくkamoshigiさんからお借りした、
    向田邦子「父の詫び状」を読んだときに、
    彼女の留守電エピソードがとても印象に残っていて、
    向田邦子とともに、私の中では「ザ・ベストテン」か「徹子の部屋」かくらいしか知らなかった彼女を知る1冊となった。

    思えば実家にも「窓際のトットちゃん」があって、
    そういえば読んだことがなかったと思い、帰省の際にはぜひ読もうと
    本棚を探したのに、そのときはすでにその存在はなく、普通は「~トットちゃん」からのこれだったり、そのほかだったりするのだろうが、それはそれでよかったかなと思う。

    たくさんのトピックがあって、もちろん弟さんの件にはなんとも言えないものがあったけど、わたしには2こ(+1おまけ。このおまけは唯一笑いが止まらなかった)印象に残った。1つは「山崎パン」。1つは「赤塚ふじお」。ちなみにおまけは「M・Mのトスカ」(笑)冒頭の「ハワイ」の話も好きだけど(笑)

    赤塚ふじおさんの件は、知らないことばかりで、それから当時すごく話題になったタモリさんの弔辞のことを思い出して、断片だけだけど知ることができて、また一層深いものになった。やっぱり「これでいいのだ」http://booklog.jp/item/1/B005DPWJRE
    そのうち観てみることにしよう。

    昨年、美容室でたまたま手に取った雑誌に、永六輔との対談が掲載されていたのでそちらも併行して読んでみたが、テレビが始まって間もない頃に、その発展とともに歩み、古きよき時代を創り上げてきた、公私共になにものにも代えがたい関係を、ほんとにたくさん持ってる方なんだなと認識した。

    「~トットちゃん」は文庫になってるんだろうか・・・
    やっぱり1度は読んでみないと。
    これほど世界各国で読まれているということなのに・・・

  • いい意味での自由奔放さ、あらゆるものを拒絶せず、何でも興味を持ってみること、やってみようとするそのバイタリティに感服する。

  • 弟さんのこと、赤塚さんのこと、ユニセフの活動で出会った子ども達のこと・・・。文章が徹子さんの語り口そのままなので、おしゃべりを聞いているような感覚で読めます。パンダへの愛も変わらず。昔からずーっとまっすぐで、エネルギッシュな徹子さん。1冊読み終えるたびに大好きになります。

  • 今回は、交友録的なものが多いように思う。
    思いがけない人物と親しかったり、顔の広さ、年代の幅広さに驚く。
    赤塚不二夫との交流も、意外。
    山崎パンの話は、筆者の勇気と、受ける側の心意気に、感嘆。
    パンダ好きが想像以上。
    ユニセフの活動では、改めて子供や女性にしわ寄せがくる、と考えさせられる。

  • 黒柳徹子さんのほんわかエッセイ。

  • 常に等身大。背伸びや見栄という観念が黒柳徹子さんには存在しないのだと思った。我が道を行くという選択肢しか持たず、好きなことややりたいことに溢れているトットちゃんの魅力を垣間みれる一冊。大人の広い心と童心を併せ持つ天才的な人間国宝級のお方の本は、読んでいて心を綺麗にしてくれる気がする。

  • トットちゃんの本はすべて読みたいと思う。

  • 純粋無垢なトットちゃん。そのまま大人に成長できたのは、彼女に大きな魅力があったからでしょう。その魅力を推察するならば、どんな人間も尊重し、公平に接することのできる大きな心を持っているところでしょうか。
    徹子さんのように堂々とマイペースで生きていくためには、人間関係や自分の小ささにウジウジしている自分とさよならして、彼女のように尊重と公平の心を持つこと、この本を読んでいると、そんなことを感じます。
    …と真面目に思いつつ、徹子さんのハチャメチャぶりを単純に楽しめる本でした。

  • 向田邦子、森茉莉など、私が会ってみたい人との交流が羨ましい。向田邦子に「年とったあなたに書くドラマはたくさんある。日本にいないタイプのお婆さんの役。早く年とってね」と言われたと!私も観たかったなー。

全12件中 1 - 10件を表示

黒柳徹子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
ピエール ルメー...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)の作品紹介

イチローの試合を見るため、ヤンキー・スタジアムでのナイター初観戦。ヨン様の姿を見ようとトライしたパチンコ。ハワイでのナンパ…トットちゃんの周りには、面白エピソードが溢れている。一方、多くの人を見送った。渥美清、久世光彦、森茉莉、赤塚不二夫らとの想い出。『窓ぎわのトットちゃん』に書けなかった秘密、ユニセフの活動で出会った子どもたちへの願いを綴るエッセイ。

小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)はこんな本です

小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)の単行本

ツイートする