トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)

  • 122人登録
  • 4.00評価
    • (12)
    • (13)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 黒柳徹子
  • 新潮社 (2016年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101334103

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • テレビの創成期から関わったトットちゃんの回想録。
    「窓際のトットちゃん」の続編のようにも思える。
    「窓際のトットちゃん」で幼い頃のトットちゃんを知り、テレビで活躍する黒柳徹子さんを知っているので、この本を読み始めてすぐ私の頭の中で好奇心旺盛で早口のくるくると動く「トット」が簡単に出来上がった。
    どのように記録されていたのか記憶されていたのか、NHKを受験するいきさつから合格して失敗しながらも第一線で活躍するまでがほんとうに細やかに描かれている。
    NHKの生放送の様子も今では考えられないコントのような有様だが、そこにいたトットが語るものだから臨場感があり面白い。状況だけでなくそのときトットが考えたこと、抱いた感情、周りの人に対する観察力。ともえ学園で育まれたトットの感受性は大人になってもとても豊かで素直。それゆえに失敗したり傷つけられたりすることも多い。というか、この本はそういう話ばかり。しかしそれがあのトットのキャラクターで展開されるのでコミカルにさえ思える。逆にトットの感受性ゆえに哀しみが増す場面も。トットの装いを見ても素敵な暮らしをされていたのだろうと思う。
    「普通じゃない」ことに苦しむトットだが、自分を曲げてまで「普通」になろうとしないことがトットらしい。「窓際のトットちゃん」を読んだ時に、「普通じゃない」トットちゃんを育てたパパとママが素晴らしいと思ったが、本作を読んで改めてそう感じた。

  • くう、泣ける

  • テレビが日本にやってきたころの楽しい話。黒柳さんの文章は読みやすくて面白かった。トットちゃんは元気でまっすぐでかわいいなぁぁぁ。ますます黒柳さんのファンになりました。順序は逆だが窓際のとっとちゃんも読んでみよう。

  • 日本テレビの草創期、ナマ放送でしばしばトラブルが起こり、どうしようもなくなると「終」と書かれた紙をカメラに貼り付けて、番組を終わらせてしまう。今だからこそユニークに感じるけれど、当時は黒柳さんたちが戦って作り始めたテレビ。その始まりをめぐる物語、そして黒柳さんの青春記は興味深く読むことができました。

    なによりこの作品を読んで、黒柳徹子さんを好きになりました。エキストラのおじいさんに関する話、作品への起用が決まり、あなたはその個性でいいと励まされた話、過労でテレビを休んだ話。このあたりが特に印象深い。どんどん進化していく世の中とテレビ。その中でも優しい心を持ち続け、今も大活躍の黒柳さんを、実に素晴らしいと思いました。

  • 帯ドラ「トットちゃん!」に子らともども夢中のこの頃。「窓ぎわのトットちゃん」の世界がそろそろおわって青春時代に話が移るにあたって、そのあたりのエピソードを読んでおくべく。

  • 「新版 トットチャンネル」
    NHKのドラマで放送されていたので本を読んでみた。
    言わずと知れた黒柳徹子のNHK放送劇団入団した頃のエッセイである。
    テレビの黎明期に世間知らずのいいところのお嬢さんが繰り広げる失敗談といったところだ。当時のテレビ制作者たちの奮闘ぶりがよくわかる。そして、ある意味では何でもありのとてもいい時代だったように思える。
    そもそも黒柳徹子がよく何千人もの応募者の中からオーディションで受かったのかが不思議である。バイオリニストの娘で親がある程度業界で知られていたと言うこともあると思うが、本人の持った運の強さとしか言うほかはない。
    黒柳徹子と言えば早口でしゃべる変なおばさんで、音楽番組の「ザ・ベストテン」とインタビュー番組の「徹子の部屋」が強く印象に残ってるが、若い頃の活躍はほとんど知らなかった。本書を読むと、とても世間知らずで、ナイーブな人でテレビで見ていた印象からはとても想像がつかない。
    それでも、放送、演劇の業界で今まで生き残ってきているのだから、非凡な才能と運の強さがあるのだろう。同時代に活躍していた人たちがほとんど他界していることがますますそれを際立たせているような気がする。

  • 図書館で。
    黒柳さんの変人…というかキテレツな言動は色々知っているような気がしましたがここまでとは…!という感じ。なにをどうしたらこういう人が出来上がるんだろう。恥をかくことを恐れない、と言ったらカッコイイけどああもう、穴があったら入りたい!みたいな何年たっても忘れられない恥ずかしくて人前に顔を出せない!みたいな想いがあまり無いからなのかなぁ。

    今で言う所のKYみたいな感じだけど悪気があるわけじゃない。その分厄介で悪い子じゃないんだけどなぁとはなるんだろうか。年配者には可愛がられそうだけど同僚だったら大分疲れそうだな。人の話聞かなそうだし。

    面白いというのかそうか、こんな感じでテレビの初期って始まったんだという事もあり面白かったです。

  • 黒柳徹子の思い出話
    お仕事ない時期とかもケロッとしてて明るい徹子さんを尊敬する。もっと人生楽しく生きたい。

  • 終わり方がさみしい。

  • 昭和28年(今から63年前)、日本にテレビ放送が生まれた。
    みんな「ありがたみ」を持って「テレビジョン」と呼んでいた。
    現場には生まれたてのテレビジョンを手探りで育て上げた人たちがいた。

    日本のテレビ放送開始から現在までテレビ業界で活躍するトットちゃんこと黒柳徹子の自伝エッセイ。
    生まれたてのテレビという教室の窓際からトットちゃんは何を見たのか?
    スーパースターはあまり登場しない。
    トットちゃんが見たのは名もなきクラスメイト達の苦難と奮闘だった。
    「知床の岬に ハマナスが咲くころ 思い出しておくれ 俺たちのことを」

    放送開始当時は小さな悲喜劇が毎日数え切れずに起きた。
    当時は録画機材の値段が高く、撮り直しの効かない一発勝負ナマ放送だった。
    だから、言う事聞かないニワトリを紐でぐるぐる巻きにしたまま放送したり、
    忍者の懐から「役者の給料袋」を取り出してしまい、咄嗟に「拙者の扶持でござる」と誤魔化したり。
    大のおとなたちが、ばかばかしく、哀しく、切なく、一途で、面白い、ふざけたようなこと
    をしたエピソードには失礼だが思わず笑ってしまう。

    「今まで人類が夢想だに出来なかった国際間の、
    より大いなる理解と永遠の平和の可能性が生まれてくる。
    これがテレビジョンの力なのである。」これがテレビジョンの理想なのである。
    みんな理想を持っていた。数多の失敗を乗り越えてテレビを必死に育てあげた。

    そして現在のテレビ業界がある。
    何をか言わんや。今のテレビは成熟しきって老練の域に達しているのだろう。
    若い頃には戻れまい。ただ懐かしむことしかできなかろう。

    しかし未だテレビというコンテンツに一縷の更なる成長を期待するとすれば、
    今のテレビ業界人が、子供の頃に憧れたテレビの「理想」を改めて掲げることに他ならない。
    石橋貴明は言った。「バラエティには人を笑わせ、何かを与えられる無限の可能性がある。」
    大のおとなたちが、ばかばかしく、哀しく、切なく、一途で、面白い、ふざけたようなこと
    に本気になればきっと何かが育っていくと信じたい。

全15件中 1 - 10件を表示

黒柳徹子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三浦 しをん
又吉 直樹
黒柳 徹子
村田 沙耶香
宮下 奈都
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)の作品紹介

いいお母さんになるやりかた、教えてくれるかも知しれない──そうして、一人の少女はNHK専属テレビ女優第1号となり、放送の世界に飛び込んだ。しかし、録音された声を初めて聞いた時には、自分の声じゃないと泣きじゃくったり、草創期のテレビ界でトットが巻き起こす事件の数数、やがて個性派女優へと開花していく姿を、笑いと涙で綴る感動の青春記。最新メッセージを加えた決定版。

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)はこんな本です

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)の文庫

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)の単行本

トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)のKindle版

ツイートする