100万回の言い訳 (新潮文庫)

  • 1406人登録
  • 3.36評価
    • (46)
    • (159)
    • (338)
    • (34)
    • (5)
  • 162レビュー
著者 : 唯川恵
  • 新潮社 (2006年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101334295

100万回の言い訳 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイミングよくこの作品を読んだのかな…。すごく考えさせられました、夫婦のあり方について。

    文中にもあったけど、好きになったら恋人になりたいと思うし、恋人になったら結婚して夫婦になりたいと思う。では夫婦になったら…。
    夫婦という立場が自分の人生の中で1番長い役割になるなら、やはり目的が必要になってくるのかな。
    結婚式の時に、お二人の初めての共同作業のケーキ入刀…ってするけど、やはり夫婦というのは何か共通した共同ですべきものがないと、知らないうちに疑問だらけの生活になるのかもしれない…。
    みんなそれぞれこの人と!って結婚相手を決めたはずなんだから、そうそう簡単に白紙にはなれないはず。自然にうまくいく…ていうのが理想ではあるけど、そんなことは幻想。2人がうまくいく努力なしには夫婦ってもろい関係かも。

    女の心理をついてくる文章で、唯川恵さんの作品はついつい等身大で読み込んでしまう…。一気読みでした。

  • 「知り合った頃、この人と恋人になりたいと思った。
     恋人になったら、結婚したいと思った。
     夫婦になった今、次はどうすればいいのだろう」
    「旦那とはSEXがなくても、つながっている。
     愛人とはSEXがないと、離れてしまう」

    私にとって完璧に近い作品。
    おもしろくてはまりこんであっという間に読んでしまった。
    夫婦の形、恋人の形、家族の形
    5年後、10年後、20年後、
    きっと読むたびにいろいろな想いが生まれる作品だろうな。

  • 『今まで、後悔することがない相手ばかり探していたけど、初めて、後悔しても構わないって思える人と出会えた』

    結子が士郎と結婚することを決めたときの言葉。
    結婚って何か考えさせられる。

  • 夫婦はどうやって夫婦になっていくんだろう? 好きなものが同じ、嫌いなものが同じ、どちらが相性がいいんだろう? それにしても、男性ってやっぱり子供っぽいところがあるなぁと。あくまで女性目線で思った。

  • 結婚ってどういうことか、考えさせられる、そういう意味では
    とてもおもしろい本だった。
    W不倫っていうのが少し現実離れしている感はあるけど。

    家族の一員としての自分と、夫・妻としての自分、そして自分のためだけの自分。どれが本当で、どれが大切かなんて決められないし
    自分でもよく分からないまま、年月は過ぎていく・・・。

  • 今の自分のもやもやした気持ちに形をつけてくれた本。

  • 恋愛すると結婚したくなる、結婚すると恋愛したくなる。そんな思いが自分だけじゃないんだって思えちゃう作品。でも、ほんとはいけないよ。

  • ひょんなことから一時別居してしまい、結婚の在り方を考える夫婦の物語。恋愛したら結婚したくなり、結婚したら恋愛したくなるというフレーズは、誰しも共感するところ。やはり夫婦の数だけその形があると思う。

  • 良くも悪くも唯川恵っぽいと思った。

  • 「あなたと決して目が合わないのは、私があなた以上に、あなたを見ているからよ」

    最近読んだ本の中でのお気に入りの言葉。
    なんだか切ない、でも想いが伝わってすごく素敵。

    この本を読んで(数年前に読んで今回は読み返し)、恋したい気持ちが出てきた!

    好きなものが同じで嫌いなものが違う人
    好きなものは違うのに嫌いなものが一緒の人

    ある意味どちらも同じものを同じように感じられるのだけれど、
    どちらの人と一緒にいれるのが幸せなのか。

    なんだか色々と考えさせられた。。

全162件中 1 - 10件を表示

唯川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

100万回の言い訳 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

100万回の言い訳 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

100万回の言い訳 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

100万回の言い訳 (新潮文庫)の作品紹介

知り合った頃、この人と恋人になりたいと思った。恋人になったら、結婚したいと思った。夫婦になった今、次はどうすればいいのだろう-。士郎と結子は結婚七年。平穏な生活で仲は悪くない、だけど何か足りない。ところが思いがけない事による別居生活が始まって、ふたりは…。離れて、恋をして、再び問う夫婦の意味。結婚に悩めるあなたの胸に、静かな波紋を呼び起こす長篇小説。

100万回の言い訳 (新潮文庫)の単行本

ツイートする