図書準備室 (新潮文庫)

  • 262人登録
  • 3.00評価
    • (3)
    • (21)
    • (35)
    • (19)
    • (4)
  • 28レビュー
著者 : 田中慎弥
  • 新潮社 (2012年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101334820

図書準備室 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「図書準備室」「冷たい水の羊」の2編入り。「冷たい水の羊」、すごすぎた。いじめられっこの主人公は「いじめられたと感じたらそれをいじめ」といういじめの定義を採用し、「自分はいじめられていない」とし、ひたすらいじめを受け続ける。いじめの内容もかなり陰惨な部類に入る。主人公はただただ自分の中の論理でいじめっこを観察し、自分の論理に逃避する。ただ一人、先生にいじめがあることを報告した水原里子という女子と心中することを計画しながら。重い。でもあの結末、主人公がいつか「死ねなかった」ではなく「死ななかった」と思える日が来るのだろうか。
    「図書準備室」は芥川賞第一作の「夜蜘蛛」にも通じるものがある、現代に第二次世界大戦はいかにして通用しているのかを描いた作品、と思う。田中慎弥さんはしっかり今の戦争を書く。

  • かなり独特で読みにくいが少し共感できる

  • 「逃げてからどうするの?」従兄の幼い娘に問われ「逃げつづけるしかない」と、答える主人公。たとえそれが辛く虚しい行く末だとわかっえいても、逃げはじめたらそこに終わりはなく、逃げ続ける人生が死ぬまでつづくのかな?

  • ”いじめ”という概念を、独自の論理を広げ、いじめられていないということを考える主人公の話である「冷たい水の羊」を併録している。こちらにフォーカスを当ててレビューを書き込む。内容としては、いじめを受けている主人公の想いが淡々と書き込まれており、物語が進んでいく感じである。常人であれば、いじめを受けたらもう二度と受けたくない、一秒でも早くいじめを終えて欲しいと思うだろうが、主人公は独自の論理を導きだし、「もっとやれ」と心の中で願望する描写は、マゾという感覚ではなく、一種の性癖なのかと感じる。する側も受ける側も各々の価値観で行動しているのであって、読者がどのように捉えるかは人それぞれだろう。本の虫ではないが、今まで読んだ小説の中で、一番読了するのに時間がかかったのは、一行一行の文章に重みを感じたからかもしれない。表題作も然り。

  • 単調で投げてしまいました^_^;
    主人公の話の脱線っぷりが半端なくて、でもこの作者らしいというか、芥川賞受賞の際にテレビで初めて姿を拝見した時の印象を裏切らない作品でした。
    出来れば読み切りたいな〜~_~;多分無理だと思うけど…笑

  • <「冷たい氷の羊」について>
     いじめがストーリーに絡んでくる小説は読むのが難しいなと感じる。凝視すべき点は本当にそこなのか?と疑いつつも、気が付けばそっちに目が行ってしまう。いかにも寓意がたっぷり込められていそうで、読書の流れを勝手にぶった切ってしまう。
     主人公の視点がはまった。狭溢な世界の中で、視線で外側へ穴を空けるんじゃないかってくらい、じっ…と見る。でも、絶対に穴は空かない。でも、しっかり見てる。一所懸命見てる。そんな感じが好き。
     現実をそのまま見ている訳では、もしかしたらないのかもしれない。後半に出てくる他者の視点が、主人公のような少年がたくさんいることを気付かせてくれた。
     終盤の描写は素敵だったが、面白くは無かった。

    <表題作について>
     笑ったけど、何だか良く分からなかった。
     どちらの短篇も、思っていることや言っていることが行動とかみ合っていない。袋小路チックで息苦しい。客観的な語り口なのに、明らかにズレてるであろう解釈をする。語り手は、そのズレを意識しているのだろうか。
     意識しているのだと思う。話の途中気が付けばいない伯母や、母の反応に、彼がズレを感じ取らないとは流石に思えない。だからこそ、彼は洪水のように語るのではないだろうか。それが、彼が現状もち得るアクセスの手段なのではないか。
     だから、本当か作り話かは、どうでもいい。あくまで話。戦争も同じく、話。吉岡のとんでもない体験も、入れ籠構造によってぼんやりと遠ざかっていく。
     「冷たい氷の羊」では読めたのに、「図書準備室」での吉岡による残酷な描写は眠くて読むのに苦労したのは、この現実性の乏しさが原因なのかも。なんだか、戦争が遠のいた。

  • う~~ん、暗い。

  • 「図書準備室」、「冷たい水の羊」の二編が収録。前者は、ニートが題材。ニートである主人公が延々と喋り続けるという不思議な短編。後者は、いじめられている少年の話。勿論、読者によって、様々な感じ方はあると思うが、個人的には一文一文が長く、非常に読みづらい文章というのが感想。

  • 『図書準備室』を読み終えた。何度も読もうとしては途中で終わっていたが、その度に
    「この作家はいったい、作品内に本当の『言いたいこと・主張』を秘めているのだろうか」と不安になってしまった。先ほどついに読了したのだが、結局その不安の思いは現実になってしまった。

    「三十を超えて働かないでフラフラしている事の釈明」をテーマに始まるのだが、結局、それは僕のうちでは明らかにならなかった。挨拶をしなかった事なのか、ショッキングな事件を聞いてしまった事が原因なのか判然としない。それでいてどうもそれらではない気もする。

    とは言え最近ありがちな、「一見作者の主張が不在であり、実際もやはり主張のない小説」であると言う断言もできない。これは僕の読解力不足ということになるのだろうか、いまいち「判然としない」のである。それが純文学というものだと言われれば、それまでなのかもしれないが……。

    批判するつもりはないが、三島や谷崎や川端を敬愛しているという割には、あまり文章に美しさを感じる事が出来なかったのも残念だった。後半では名文と行かないまでも良いと思った文章が散見されたのだが、前半はなんだか無理やり長さを稼いでいる気もしないでもなかった。

    恐ろしく饒舌な主人公なのだが、序盤に
    「どうしてこんなに声が小さいのだろう」と述べている所にも矛盾を感じてしまう。僕の中で「声が小さい」と「饒舌」はあまり共存するものには思えないからだ。

    とにかく釈然としない思いが強いので、この作家の作品を他にも少々読んでみる気にはなった。


    さて、併録されている『冷たい水の羊』を読み終えた。こちらは作者の処女作であるが、正直こちらの方が良かった。処女作と言うものはつまり、
    「まだ著者が小説家でない時分に書かれた作品」である。

    別に新人賞の選考者におもねる訳ではないだろうが、こちらには相当三島や川端を意識したとみられる修飾の多い文章が随所に見られた。一方で『図書準備室』にはそのようなきらめいた文章は殆ど無かった。これは要するに著者が処女作をいかに「必死なくらいに力んで」書き、二作目をいかに「小説家として肩の力を抜いて」書いたか、と言う事を暗示していると思う。

    いじめの被害者の少年が、「自分はいじめに遭っているのではない」と事実を認めたがらないのは、よくある陳腐な考え方だと思うが、作者はそれをテーマに作品を仕立てあげる事に成功している。その時々の主人公の少年の心の変遷を映し出しているとも読み取れる、一種捻くれた比喩や表現が随所に見られるのが上手く効いているのだと思われる。

    これは観念小説だと思う。人によっては奇妙な表現の多さにくどさを感じる事もあるかもしれない。でも、確かに才能は感じた。

  • 野球少年の汗臭さは、臭いけどそれだけ。
    その汗臭さを汗臭さとして発散できずに年をとってしまった人間のねばねばした臭いが漂う作品でした。

    アダルトチルドレンというと、無味乾燥な定義になってしまいますが。
    健全な大人なら、わだかまりのない思い出になっている「学校」という舞台で粘っこい物語を作れるあたりに、昇華できていない黒い煮凝りのような感情を感じました。

全28件中 1 - 10件を表示

田中慎弥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中 慎弥
村上 春樹
フランツ・カフカ
安部 公房
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

図書準備室 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

図書準備室 (新潮文庫)に関連するまとめ

図書準備室 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書準備室 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書準備室 (新潮文庫)の作品紹介

なぜ30歳を過ぎても、私は働かず母の金で酒を飲んでいるのか。それはあの目に出会ってしまったから。中学の古参教師に告白させた生涯の罪を、虚無的に冷笑しつつ、不敵な価値転倒を企てる野心的表題作。
級友たちの生け贄として凄惨ないじめの標的にされた少年が、独自の「論理」を通じて生存の暗部に迫る、新潮新人賞受賞作「冷たい水の羊」を併録。
芥川賞作家、田中慎弥 のデビュー作品集が文庫化。

図書準備室 (新潮文庫)に関連するサイト

図書準備室 (新潮文庫)はこんな本です

図書準備室 (新潮文庫)の単行本

ツイートする