孫が読む漱石 (新潮文庫)

  • 51人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 夏目房之介
  • 新潮社 (2009年3月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101335131

孫が読む漱石 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料ID:C0029370
    配架場所:2F文庫書架

  •  直系の孫にして、マンガ評論家の夏目房之介氏による、漱石作品論集。
     文豪の金看板に鬱屈を抱えてきたという著者の心情遍歴は「漱石の孫」に詳しいが、本書はあくまで小説群そのものに焦点を当てている。
     祖父の享年を超えて初めて正面から取り組んだという作品読解は、お堅い文学論などと構えておらず、名作の重石にも必要以上に囚われず、柔軟に物語を読み解く姿勢は好感が持て、また文体も読み易い。
     肉親ならではの共感や反発、現代人としての距離感を素直に表す下りは、まさに本書の企画に合致していると言えるのではないか。
     現代文の参考書にあるような無味乾燥な解説よりも、よほど“血の通った”洞察が深い。
     また、赤の他人である漱石研究者が語る独善的な考察よりも、三代目が肌で感じてきた親族としての率直な感想の方が、より実感的に祖父とその周囲の人々の生身の存在感を際立たせてくれる気がする。

  • 漱石の読み方として目新しいものが提示されている訳でもないですかな。
    長旅のお供としては良かったですが、印象には残らなさそう。
    唯一『硝子戸の中』の再読のきっかけを与えてくれたことには素直に多謝。

  • 自分なりの読み方を発見していく、ことの奥の深さを随所に感じた。年を重ねると見方が変わるのだ。昔感じたことと比べて、また、考えて。
    会ったことのない、父の父のことを、有名になった伝説的な祖父 漱石について、向き合える、すごい。
    断然、漱石を読みたくなる。大人になって読みかえす喜びを。

  •  文字通り、孫「夏目房之介」が漱石を読んで、の論評ってよりエッセイ。

     ま、どんな人でも孫にとっては、じいさんなんだなと。つか、父が9歳の時に死んだ、孫としてはまったく面識のない祖父を恋うというか、思うというのは、なんだかんだと普遍的なんだなと思った。
     
     とはいえ、新しい発見も多々ある。
     なんといっても、時系列として作品を並べているので、作品とそれを書いた時の漱石の環境というものが、しかも、普通の生活の目の高さでわかるところが大きい。
     また、悪妻とよく聞いていた鏡子夫人の漱石への愛情には、胸が熱くなった。
     きっと、この夫人がいたから、夏目純一というヴァイオリニストになり、房之介という孫につながっていくのだろうなと感じた。
     房之介氏のマンガ論評はよく読んでいるが、彼の論評の素晴らしいところはその漫画への愛が常にあふれてるところだと常々思っていた。そして、このエッセイを読んで、この漱石から連なっていく夏目家がこういう愛情深いものを育て上げたのだなぁと思った。

     また、漱石が読みたくなりました。

  • おもしろい!!!!
    祖父に軽いコンプレックスを抱きつつもうまく一緒に生きていこうとしてる夏目氏
    ひとつひとつ丁寧に自分の作品への見解を述べてて、夏目作品を知ってるならクスリとくる表現も多し。

  • 夏目漱石の直系の孫である夏目房之介が、祖父の代表作を読み解いていく。

    漱石と言えば、紙幣にも肖像が使われているほどの、日本を代表する国民作家である。
    そうした「古典」を読み解くさいには堅苦しい賞賛やもしくは非難に陥りがちになる。
    書物というものは書き手と読者の関係性の上に成り立つモノだから、論じる場合にどうしても賛否どちらかに寄って立つ場を持ってしまうことを避け得ない。その点、本書は却って孫であったからこそのニュートラルな視点で著作の評価がされていると思う。
    おかげでこれまでよりも漱石を身近に感じることが出来た。
    今まで漱石はあまり読んでなかったけれど、代表作は是非読んでみようと思った。
    だって漱石や房之介が抱え、格闘していた問題意識は最近自分でも実感する事ばかりだから。

    これから漱石入門する際のガイドブックとして適切な一冊だと思う。

  • 2009-3.5読了。

全8件中 1 - 8件を表示

夏目房之介の作品

孫が読む漱石 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

孫が読む漱石 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孫が読む漱石 (新潮文庫)の作品紹介

"文豪の孫"として世間の目にさらされ続けた僕は、祖父とまっすぐに向き合うことを、ずっと避けていた。だが50歳を越え、運命のように、その機会は巡ってきた。『坊っちゃん』『三四郎』『それから』『こころ』『明暗』。本邦を代表するマンガ批評家が、漱石作品に初めて取り組んだ。ときに同じ気質を有する者として共感や反発をおぼえながら、名作の森を歩んでゆく。漱石ファン必読の一冊。

孫が読む漱石 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする