漱石、ジャムを舐める (新潮文庫)

  • 48人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 河内一郎
  • 新潮社 (2008年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101336510

漱石、ジャムを舐める (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料ID:C0028649
    配架場所:2F文庫書架

  • 新書文庫

  • 漱石先生は甘いものがお好き。色々なものを食べたんですねえ。

  • 漱石先生の豪傑っぷりがわかる。

    胃潰瘍なのにこんなに食べるっていうのは、やけくそだったのか、なんなのか…

    こういう研究おもしろそう!

  • 漱石さんって食いしん坊なんですね。通勤電車でついクスリと笑ってしまいます。

全5件中 1 - 5件を表示

河内一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
久住 昌之
米澤 穂信
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

漱石、ジャムを舐める (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

漱石、ジャムを舐める (新潮文庫)の作品紹介

胃弱なのに濃厚な味を好み、門下生が集まれば必ず牛鍋を囲む。羊羹、お汁粉、ケーキなど甘いものが好きで、特にお気に入りは自家製アイスクリーム。医者に止められながらも甘い苺ジャムをおやつに舐める…。漱石が食べた物を、その作品や日記書簡などから仔細にピックアップし、文豪の素顔をあぶりだすユニークな書。詳細な食文化年表と物価表付き。夏目家の収入、家計簿も紹介。

漱石、ジャムを舐める (新潮文庫)はこんな本です

漱石、ジャムを舐める (新潮文庫)の単行本

ツイートする