酔って記憶をなくします (新潮文庫)

  • 442人登録
  • 3.44評価
    • (23)
    • (58)
    • (73)
    • (25)
    • (0)
  • 98レビュー
制作 : 石原 たきび 
  • 新潮社 (2010年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101336916

酔って記憶をなくします (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲラゲラ笑えるので公共の場でよんではいけない。

  • 酔っぱらいの失敗談集。
    人のことは笑えます。
    たまに笑えない話があります(似たような経験のある場合)。
    難度か目にする「それでもお酒はやめられない」というセリフにうなずきます。
    酔っぱらい万歳(笑)

    2016.2.19

  • 酔っ払っての失敗談。自分も20代にあります。ケガならまだしも死なないでね。2014.10.19

  • あぁ駄目! 笑ってしまいます。うっかり郵便局で待ち時間に読んでしまったら、顏のにやけた怪しい人になってしまいました(笑)
    それにしても、なんとすごい! お酒の失敗談には事欠かない私ですが、負けました。そして励まされました、私、まだまだ大丈夫じゃないの、と(笑)。皆さん、けっこうやらかしているのですね。第2弾もあるようなので、是非読みたいと思います。

  • まいったな。それが、最初に出たひとことだ。


    若かりし頃、酒を飲んだ。
    飲んで、飲んで、そして飲まれた。

    正直、それなりに誇らしげに語っていた武勇伝もある。
    それは武勇伝だって重なっていくものだ。
    サークルの飲み会、合コン、会社の飲み会、接待、親戚づきあい。
    いつだって酒は、私たちの手元に、身近にあるのだから。
    だからこそ、中には旦那に言えないような、
    赤っ恥失敗談だってもちろんある。

    そんな数々の失敗談を思い出させてもらった。この本に。

    読みながら、「わかるわかる」と何度もうなずいたり、
    中には声を出して笑ってしまうものもあった。
    いや、むしろ声を出して笑ってしまったものがほとんどだ。

    きっと私の武勇伝がここに載っていたら、
    たくさんの人がそれを読んで、こんなふうに大笑いしてくれるんだろう。


    自分の中で痛い痛いと思い続けていたいやな記憶が、
    この中に出てくるエピソードと一緒に、笑い飛ばせたような。
    少し風化させられたような。

    気のせいかもしれないが、私の若気の至りを
    一緒に笑い飛ばしてくれた気がするのだ。

  • 酔っぱらって記憶をなくした特集。

    気持ちが大きくなってやってしまう人や
    意味不明の行動や衝動。
    風呂場で飲み食いも謎ですが、冷蔵庫へ
    うっかりしまうものも謎。

    読んでいる分には面白いですが、やってしまう人としては
    教訓な本になるやも、です。
    それでも飲む、という素晴らしい人もいましたがw
    コンタクトレンズ、の人は眼球大丈夫だったのでしょうか?

  • これは!
    電車の中で読んでいてヤバくなり、何度も読むのをやめてカバンにしまい、ほとぼりが冷めてまた読むという事を繰り返しました。

    思わず、吹き出しそうなおもしろエピソードが短くたくさんのっています。色んな人の投稿をまとめたものです。

    小説じゃないです。

    たまには笑わないとね!

    電車で笑いをこらえていて逆にストレすだったかな?
    wwww

  • 石原たきび 著「酔って記憶をなくします」、2010.10発行、SNSのサイトでの酒の失敗談をまとめたものだそうです。私は記憶をなくしたことがあったのかないのか・・・w、若い頃はよく飲みました。乗り過ごしや紛失などの失敗は沢山あります。仕事を辞めてからはありませんね(^-^) ちょっと寂しい気もします(^-^) この本では、乗り過ごし、恋愛、紛失、身に覚えのない行動、会社絡みの失敗、痛い失敗やけが、買い物や持ち帰り、眠り込んだら、旅先、その他の区分で編集されています。巻末は恩田陸、大竹聡のほろ酔い対談です。

  • 20170506 この本を読む人はきっと何かしらやらかしている人なのだと思う。上には上があるという安心を得るか、仲間の多さに安心する。酒って本当に怖いし楽しい。

  • mixiの「酔って記憶をなくします」コミュニティに投稿されたお酒の失敗談を集めた作品。酒飲みはこれを読むと「あ、まだ自分は大丈夫だな」と思えるはず。

    一番意味が分からなかったのは「駐車してある車を掛け布団と間違えて車の下で寝ていた」というやつ。
    でも子供に迷惑かけてる系はアル中直前じゃないかな・・・。
    あと近所中のつつじの蜜をすいまくって問題になってるやつも面白かった。

全98件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

酔って記憶をなくします (新潮文庫)に関連する談話室の質問

酔って記憶をなくします (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

酔って記憶をなくします (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

酔って記憶をなくします (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

酔って記憶をなくします (新潮文庫)の作品紹介

酔っ払い、それは奇跡を起こす生き物。乗り過ごしや、モノの紛失は序の口。酔って海へ、気づけば鼻の辺りまで海水が。上司のハゲ頭に柏手を打って拝む。交番のお巡りさんにプロポーズ。タクシーで5万円払い「釣りはいらねえよ」。居酒屋のトイレで三点倒立の練習。ホームレスと日本の未来について語り合う…全国の酔っ払いの皆さまがやらかした爆笑失敗談&武勇伝が173連発。

酔って記憶をなくします (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする