ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)

  • 167人登録
  • 3.70評価
    • (16)
    • (20)
    • (21)
    • (7)
    • (0)
  • 34レビュー
制作 : 石原 たきび 
  • 新潮社 (2011年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101336923

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 諸先輩方の武勇伝を彼氏に嬉々として話したら、「ただの変な人じゃん」と一刀両断。これだから酒の飲めない奴は・・・

  • あんなことやこんなことが走馬灯のように思い出され、自分の失敗なんてちっちぇえーと思うことができました。
    励まされます・・・
    第1弾は未読なので探してみます。

  • 石原たきび 著「ますます酔って記憶をなくします」、2011.5発行です。ささっと読んで「他山の石」とすべきだと思います(^-^) 巻末は恩田陸、茂木健一郎のほろ酔い対談です。面白かったです。

  • mixiの「酔って記憶をなくします」コミュニティに投稿された体験談をまとめた本の第二弾。今回もありえない猛者ばかり。私はまだマシかもと思いつつ、気を付けようとちょっとだけ反省。
    でもお酒で失敗しちゃう人って、絶対に酔わない人よりもかわいく思えるのは私もそっち側の人間だからだろうか。

  • 酔っ払いたちの愉快なお話、第2弾!
    笑える話、笑えない話。
    読んでいると自分の失敗談も思い出す…
    それでも、思わず吹き出してしまったり…
    お酒好きなら読んで楽しめること、間違いなし!

    2016.6.12

  • 酔っぱらってしまうことに自信を持ちそうな一冊(笑)。
     いやはや皆様、素晴らしい武勇伝の持ち主ばかりで、申し訳ないけれど爆笑させていただきました^^
    最近やってしまった私の電車終点まで乗り過ごし事件なんて かわいいものですね。
    よし、私も頑張るゾ!

  • 酔っ払いの酔態という思った通りの内容で、思った以上にいろんなことやってる人がいるのだが、思ったほど笑えなかった。
    強烈なんだけどな。
    みんな、よく飲むなあ。

  • しっかりしたものじゃない、軽いのを読みたいんだけど、面白くないのはイヤだなーっていう気分のとき、これなんかうってつけではなかろうか。古本の均一棚で見つけて、ストックしてあった中の一冊。

    酔っ払いって、ほんと、バカですね~。居酒屋のトイレから下半身丸出しで転げ出る娘さんとか、取引先の人にカンチョーしちゃうOLさんとか、概して女性陣の武勇伝がすごい。笑わせてもらいました。わたしなんか全然どうってことないなあ、あの時だって、この時だって、この人たちに比べたらかわいらしいもんだったよと、非常になごやかな気持ちになりましたです。

    わが夫は普通におサケを飲むけれど、一度も記憶がとんだことがないそうだ。そういう状態に至る前に飲めなくなってしまうらしい。これを聞いた時、フン、つまらん奴!と思ったのはナイショだ。

    高野秀行さんが一投稿者としてトリを飾っているのも、おかしくてよいです。

  • 2014.09.23

    ブックオフで108円だったので「酔って記憶をなくします」と一緒に購入。
    期待して読んだのですが、爆笑!とまではいかずクスリとする程度の話が多くて残念。
    同じようなジャンルの本で言えば「死ぬかと思った」「言いまつがい」のほうがよっぽど笑えます。

    以下個人的にクスっと来た話
    ・嫌がる同行者に「男は黙って生ベーコン!」(女なのに)と宣言、強要
    ・ローソン店員の残り少ない毛を「過去の栄光」と一蹴
    ・「臼どん」のように転び、あごが猪木サイズまで膨らむ
     →人間はあごを強くぶつけるとマンガのようにしゃくれる。その2日後にはアザはドス黒くなりどう見てもヒゲを隠すオカマ

  • 笑えない

全34件中 1 - 10件を表示

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする