九月が永遠に続けば (新潮文庫)

  • 4868人登録
  • 3.02評価
    • (124)
    • (516)
    • (1008)
    • (454)
    • (130)
  • 877レビュー
  • 新潮社 (2008年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (495ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101338514

九月が永遠に続けば (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魔性的魅力の母娘を愛した男たち。
    登場人物が沢山出てきて、誰もが主人公になれる位、その度合いこそ違うけれど、みな心に闇を抱えています。とりわけ、親が知らない子供たち(想像以上に色々なことを知っていて苦悩している姿)が次第に明るみになる過程は他人ごとではないほど、胸を突かれる思いがしました。題名の真意はそれぞれが「何も知らなかった頃に戻って、自分をリセットできたならば、どんなにか良いだろう」と解釈してみました。作品自体は長編ですが、多面的に色々な角度から楽しめるので惹きこまれるように読めます。只、最後はちょっと呆気ないというか、フェードアウト的な終わり方でした。この著者のほかの作品も興味が湧きました。

  • やっぱり、まほかる好きですね

  • 沼田まほかる 著「九月が永遠に続けば」を読みました。

     高校生の一人息子の失踪に始まり、主人公の主婦の周囲で次々と不幸が起こる。これは偶然なのか。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた前夫とその後妻の忌まわしい過去が明らかになってくる。人の心の闇に迫るサスペンス長編。

     最近、「第1位」と大きく帯に書かれてずらりと本屋に並んでいたので、気になって読み始めたこの作品、読み始めたら、いつ間にかこの作品の世界に引き込まれ、次の展開に気になりだし、読み進めてしまいました。

     一見普通の家庭だと思われた世界に、実はその裏に陰惨な過去が見え隠れてしていくという展開は、読んでいてショックを禁じ得ませんが、それだけに気になって読んでしまう自分がいました。

     それぞれの登場人物が抱える心の闇の部分が偶然にも重なっていく悲劇の様子が読んでいて、切なく感じました。

     こんな悲劇は小説の中で味わうだけでと思わずにはいられません。

  • 途中からおもしろくて一気に読んでしまっが、最後は残酷すぎて、読みたくなくなった。読み終わったあとに嫌な気分が残る。

  • 社長夫人が「読み終わった後は嫌な気分になる」と言っていたけど
    激しく納得(笑)
    もう1度読み返してみようとは思いません。

  • ■解説
    高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか―。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。
    ■感想
    とある本屋がものすごいプッシュしていたので読んだが、うーん・・・という感じ。エロス文学的な打ち出しだったが、それもうーん・・・。

  • 賞を受賞していた作品というので期待したが、グロテスクなところがあり気分が悪くなる。そんな表現をする必要があるのか疑問。登場人物も何故そんなに年の離れているひとに惹かれていくのかあまり納得がいかない。読後感の悪い作品だった。

  • えぐい

  • 初読みの作家さん。至る所でよく見る名前。

    高校生の一人息子がある日、突然に失踪。
    その周囲で起こる様々な事件。
    濃密に人間関係が絡み合っていて、中々読み応えがありました。
    でも、ここまでくるならもっとドロドロしていても良いかな、とも思う。

    一番胡散臭そうな服部のダディが一番いいやつだった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか―。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。

    男女関係どろんどろんのサスペンスです。正直買っては置いたけれどこういう本が好きではない僕としてはなかなか手に取る気がしない本で有りました。所がどっこいこれが思いっきり嵌りました。
    胸が痛むようなエピソード満載ですが、書き方が有る意味生々しさに欠けていて(ここはもしかしたら欠点なのかもしれないけれど、こういうの苦手は人には丁度良いのかも)、そこまで目を背けたくなるような感じでは有りませんでした。
    息子が失踪しても回りってこれくらいしか協力してくれないの?と思いましたが本当にこんなもんかもしれませんね。
    イヤミスの代表として湊かなえさんと並べられる事が多いですが、どちらも読んで思う事は、この2人より、桐野夏生さんが一番読後感悪いかも。

全877件中 1 - 10件を表示

沼田まほかるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

九月が永遠に続けば (新潮文庫)に関連する談話室の質問

九月が永遠に続けば (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

九月が永遠に続けば (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

九月が永遠に続けば (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

九月が永遠に続けば (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

九月が永遠に続けば (新潮文庫)の作品紹介

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか-。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。

九月が永遠に続けば (新潮文庫)の単行本

九月が永遠に続けば (新潮文庫)のKindle版

ツイートする