つめたいよるに (新潮文庫)

  • 9007人登録
  • 3.58評価
    • (873)
    • (923)
    • (2370)
    • (112)
    • (24)
  • 948レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (1996年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339139

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

つめたいよるに (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • やっぱり江國香織さんの作品好きだなあと改めて思った。どれも静かに心に留まる感じがたまらない。

  • かなりショートな短編で、通勤時の時間つぶしにほなる。

  • 「つめたいよるに」と「あたたかなお皿」の2冊をまとめた文庫。

    江國香織さん、ものすごく面白い!わりと短めの短編ばかりなのだけど、素敵なオチ、奇妙なオチが沢山で、どれも魅力的。

    有名な「デューク」も「草之丞のはなし」も奇妙なファンタジーですごく惹かれた。
    一番好きなのは「桃子」哀しく、清楚で、ちょっと怖いような恋のお話しは、これから朗読で中学生たちに読んでみたいなと激しく思った。

    まさかこんなに好きな雰囲気を書く方だったとは…こるからじゃんじゃん作品を読み漁ろうと思う。

  • おすすめされて読んでみたが、残念ながらどの話もつまらなく感じた。
    自分には良さが分からなかった。作家との相性が良くないのかもしれない。

  • 女性に人気の作家さん、評価の高い作品、という事で読んでみたが・・・
    私は、もしかしたら女性でないのかも?!と凹んでしまった(笑)。
    短編が苦手なこともあるのだろうが、心に引っかかる物がなかった。

  • 「つめていよるに」の初めの話「デューク」。気づいたら、全部を読み切っている。短編であっという間に読めてしまいますがそれだけではない、あのデュークの世界に引き込まれる感じがとてつもなくたまりません!! Y

  • 高校の時に教科書で読んだデュークが心に残ってる

  • 2017/1/23
    センター試験で出題されたデュークをはじめとする20の短編集からなる話を集めたもの。それぞれに起承転結があるが、最後の書評でも書かれている通り、全ての話を総括してまとめていくとテーマがあることに気がつく。幽霊や転生などというような現象を柔らかい言葉で決して大げさに語ることなく表現していく。
    特にデュークは死んでしまった犬が飼い主にお礼として1日だけ人間となって恩返しをしにくる話であるが、幽霊が現れた!みたいな驚きのある展開ではなく、話の流れの中でごく自然に組み込まれている感じがする。また、デューク以外の話にも共通するのだが、必ず話の中で主人公の好きなものがいろいろと登場する。食べ物だったりすることが多いが、それも作者の気持ちや心情を表現しているものであると捉えることができる。人の死や転生などの話も出てくるが物語の展開が自然すぎて何回か読まないとオチに気がつかなくなりそうである。

  • 不思議な感性を持ち、独特の視点から日常と隣り合わせにあるものを描いている。突飛な話もあるが、人の心を丁寧に扱っていると感じる。ただ、擬音語が目立つのが残念。

    2017.01.05

  • 江國香織の短編集は何冊も持ってるけど、定期的に読みたくなるのはやっぱりこれ。
    はじめて読んだときは、大人になって都会で暮らせば、彼女の小説に出てくるような、きらきらした暮らしができるのかなあと憧れたりしました。
    そんなことはなかったけど、大人になったらなったで、読み返すたびに共感できる部分が増えているのが楽しい。
    年の瀬に1年を振り返りながら、一緒に年を重ねたい本。

    ◎デューク
    ◎子供たちの晩餐
    ◎南ヶ原団地A号棟
    ◎ねぎを刻む
    ◎とくべつな早朝

  • なんぼでも ドロドロできそうな話を さら~~~と10ページに まとめてあるのには 感心。 これってよく考えたら怖いよね?と思うのが多かった

  • 思った。短編集って新しい話になるたびにワクワクできるんだって。これは合計21回もワクワクがあって。

    最初のお話「デューク」はビックリした。で、即持って行かれた、ココロ。

    そのあとは気に入りもあれば、作者の好きが出ているものもあって。

    とりあえず特筆はこれら。
    「デューク」
    「子供たちの晩餐」
    「晴れた空の下で」

    もう一度読んで、もう一度チェックいれましょ。

  • 21の短編集。秋の夜長を布団に包まりながら共に過ごすのに、これほどぴったりな本を他に知らない。ちょうど現実と夢との境目のような不思議さに、柔らかで温もりがあって、心にも布団を掛けてくれているようだ。

  • はじめて手に取ったのは駅前の書店でした。書店にも関わらず、デュークの冒頭で目頭が熱くなりました。そのとき、わたしもペットを亡くしたばかりだったからです。もしこんなふうにペットが自分にお別れを言いにきてくれたなら、とペットを亡くした人なら誰しもが思うことだと思います。大好きだった犬のデュークを亡くした”わたし”の前にとつぜん現れたふしぎな少年は、優しく深い目をした魅力的な少年です。これ以上読み進めたらきっと泣いてしまうんだろうなと思いながらページをめくり続けて、最後のシーンでやっぱり泣いてしまいました。とても短いお話だけれど、すてきです。江國さんの小説はたくさん読んできましたけれど、そのなかでもデュークはとても優しく、いとおしいお話で、だいすきです。ペットを亡くしたばかりで虚無感でいっぱいだったわたしの心を、江國さんの文章が優しく包み込んでくれたみたいな感じがした。何度も読み返したい、わたしにとってたからもののような小説。

  • 短編集。
    友人から推薦されて読んでみました。江國香織さんの小説は初めてでした。シュールな内容の短編小説がずらり。
    最も気に入ったのは、「デューク」です。現実にはありえない形で、人間と犬の愛が示されてるのも、小説ならではのこと。

  • 前から読みたいと思っていた、江國香織のショートショート21編。
    小さい男の子が主人公の話も多く、いつも読んでいる江國香織とは違った感じで新鮮だった。
    大人の男性が主人公の話を読んだ事もあるけど、男子大学生目線の話もあったし。
    書き方とか今の感じと違う部分もあり、初期っぽかった。

  • 21の短編集。ひとつひとつ映画を見ているような感覚で余韻に浸りたくなる作品。そのせいか読み終わるのに時間がかかってしまった。
    この短さで読者をこんなにも惹きつけられるのはすごいと思う。

  • 高校の時に読んだ本。


    この作者の「 きらきらひかる 」にものすごく感動して、次に読んだ本が「 つめたいよるに 」でした。


    こちらは短編集です。


    とくに「 デューク 」は、好きです。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまった―。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日乗った電車で、わたしはハンサムな男の子に巡り合った…。出会いと分れの不思議な一日を綴った「デューク」。コンビニでバイトする大学生のクリスマスイブを描いた「とくべつな早朝」。デビュー作「桃子」を含む珠玉の21編を収録した待望の短編集。

    【キーワード】
    文庫・短編集

  • 高校生の頃、繰り返し読んだ本。
    毎晩1話ずつベッドタイムストーリーのように読んで寝てたときも。

    短編集。ことばの使い方がすき。
    今読んだら少し違う感想を持つのかな。

  • 江國香織のことば選びがとても好きだ。擬音語の使い方ひとつとっても、これほど可愛らしくしっくりくる表現ができる人を私はほかに知らない。

  • さくっと読めるかと思いきや、意外と時間がかかってしまった。口当たりが良すぎて物語がどんどん流れていってしまうのだが、どこかに"ひっかかり"がないかと無意識に探してしまうのかもしれない。オレンジジュースよりビールののどごしを求めるお年ごろなのです。いずれにせよ、出会う時期が遅すぎたということだろう。小・中学生向けかな。登場人物もそれくらいの年代の子が多かったし。「晴れた空の下で」「ねぎを刻む」が良かった。

    「ねぎを刻む」ラストの「私の孤独は私だけのものだ」ということばに心が動かされるあたり、我ながらいろいろと経てきたものがあるなと苦々しく思ってしまった。

  • 初読。タイトルのとおり、つめたいよるに静かに読みたい本で、毎晩ちょこちょこ読んだ。
    21の短篇集。
    やわらかくてあたたかい。
    とても短い作品なのに、…えっ!!そうきたか…!とそれぞれの作品で驚かされ、それを淡々と書き進め終えていく江國さん、すごいと思った。
    「デューク」「鬼ばばあ」「いつか、ずっと昔」「晴れた空の下で」「ねぎを刻む」がとても好き。
    「いつか、ずっと昔」…設定も流れも雰囲気も大好き!前世の動物たちの設定に、そうきたか…!その前は何?とわくわく読んだ。すてき。
    「ねぎを刻む」さみしいけど、一人のほうがまし、とときどきやってくる孤独と格闘するの、わかる。
    「コスモスの咲く庭」の、突然の一人の休日の感傷と、それが突然終わる残念な気持ちもよくわかる。「ねぎを刻む」とあえて並べてあるんだろうな。
    軽やかで、夢の中のようで、やさしくて、大事なところに触れるけれど、それ以上切り込まない。読んだ後にすーっと胸がじんわり温かくなる。

    秋美(ラプンツェルたち、とくべつな早朝)、れいこ(草之氶の話、いつか、ずっと昔、南ヶ原団地A号棟)、浩一(夜のこどもたち、いつか、ずっと昔)など、いくつかの短篇に同じ名前の人が出てきたけれど、これは同一人物なのかなぁ。子どもだったり大人だったりと、時代が違う。
    秋美は同じっぽい、浩一も一緒でも不思議でない雰囲気。しかし、れいこは同じ人物と考えるとかなりの幅がある…幽霊と結婚したり、大昔の恋人たちを回想したり、小学生の時はぽっちゃりで専業主婦になることを夢見てたり…と(笑)その間を埋める話を想像するの面白そうなくらいの虫食い具合(笑)
    …なんて、いろいろな角度から楽しめた(^^)
    手元に置いておいて、つめたいよるに折々読みたい。心がふうわりと紙風船のように膨らんだ気がした。
    やわらかくぽーんぽーん。

全948件中 1 - 25件を表示

つめたいよるに (新潮文庫)に関連するまとめ

つめたいよるに (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つめたいよるに (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つめたいよるに (新潮文庫)の単行本

つめたいよるに (新潮文庫)の単行本

つめたいよるに (新潮文庫)の単行本

ツイートする